世界中の著名人・経営者・アスリート・芸能人・映画・ドラマ・アニメ・漫画の名言格言集です。

名言格言.NET

著作家の名言 詩人の名言

ゲーテの名言格言

投稿日:

ゲーテ

goethe

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe)

出身国:ドイツ 生誕:1749年8月28日 死没:1832年3月22日 職業:詩人、劇作家、小説家、自然科学者、政治家、法律家。

ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。大作『ファウスト』は20代から死の直前まで書き継がれたライフ・ワークである。

Sponsored Link

ゲーテの名言・格言

真の弟子は、知られたものから知られざるものを発展させることを学び、かくして師に近づく。
若くして求めれば、老いて豊かである。
人間は、なんと知ることの早く、行うことの遅い生き物だろう!
考えている事を考え抜く事ができない時のみ、人は本当に考えているのだ
どんな場合にも口論なんぞする気になるな。賢い人でも無知な者と争うと、無知に陥ってしまう。
同じ経験を繰り返して話をする人に言えることだが、彼らは経験すべきことの半分も自分が経験していないことを、いつまでもわかっていない
人間こそ人間にとって最も興味あるものであり、おそらく人間のみが人間に興味を感じさせるものであろう。
初恋が唯一の恋愛だ、といわれるのは至言である。というのは、第二の恋愛では、また第二の恋愛によって、恋愛の最高の意味が失われるからである
生の歓びは大きいけれども、自覚ある生の歓びはさらに大きい
あの人が私を愛してから、自分が自分にとってどれほど価値のあるものになったことだろう
希望は風雨の夜に早くも朝紅をさす
人はあまりにもつまらぬものを読みすぎているよ。時間を浪費するだけで、何も得るところがない。そもそも人は、いつも驚嘆するものだけを読むべきだ
世の中のことは何でも我慢できるが、打ち続く幸福な日々だけは我慢できない。
結婚生活はすべての文化の始めであり、頂上である。それは乱暴者を穏やかにし、教養の高い者にとっては、その温情を証明する最上の機会である
ひそかに清く自己を保存せよ。自分の周りは荒れるにまかせよ
本気でものを言うつもりなら、言葉を飾る必要があろうか
身分不相応の生活をする者は、ぼろが出る。
人間は、何を滑稽だと思うかということによって、何よりもよくその性格を示す。
「処世の掟」
人間の魂は、つねに耕される田畑のようなものである。よその国から種を取り寄せ、それを選抜し、蒔くのに時をかける注意深い園芸家であるのは屈辱的なことであろうか。種子を手に入れ、選抜することが、そんなに早くできるものであろうか。
私個人は多年人に噛みつかれることになれているので、経験からこう言いたいと思います。たとえ人の反対を受けても、自分の声がかき消されるなどという心配はさらさらない。ただ焦ってはいけない。つねに行動を続け、時に語り合うこと。そうすれば、われわれの考え方に賛成する人がしまいには結構たくさん出てきます
十歳にして菓子に動かされ、二十歳にしては恋人に、三十歳にして快楽に、四十歳にしては野心に、五十歳にしては貪欲に動かされる。いつになったら人間は、ただ知性のみを追って進むようになるのであろうか
馬で行くことも、車で行くことも、二人で行くことも、三人で行くこともできる。だが、最後の一歩は自分ひとりで歩かなければならない
人は少ししか知らぬ場合にのみ、知っているなどと言えるのです。多く知るにつれ、次第に疑いが生じて来るものです
誤りも、我々が若いうちは、きわめて結構だ。ただそれを歳をとるまで引きずっていってはならない。
愚者と賢者はともに害がない。半端な愚者と半端な賢者が、いちばん危険なのである
鍛冶場では、火を吹き、鉄棒から余計な成分を除いて、鉄をやわらかにする。純粋になったところで鉄棒を打ち、強い力を加える。そしてほかの水の成分によって、鉄棒は再び強くなる。同様のことが、人に対してもその師によって行われる。
まだ日が暮れない。働くのだ、飽くことなく。そのうち誰も働くことのできない死が来るのだから。
女は決して自分の自然な姿を見せない。なぜならば女は、自然から生みつけられたままでもきっと人から好かれるものだ、といういうふうに考えることのできる男ほどのうぬぼれがないからである
すべてを今すぐに知ろうとは無理なこと。雪が解ければ見えてくる
人間の最大の罪は不機嫌である
長いこと考え込んでいる者が、いつも最善のものを選ぶわけではない
自由でないのに自由であると考えている人間ほど、奴隷になっている
いかにして人は自分自身を知ることができるか。観察によってではなく、行為によってである。汝の義務を成さんと努めよ。そうすれば、自分の性能がすぐわかる。
人間は努力する限り過ちを犯すものだ
どんな方法で世界を知ろうと、明と暗の両面があるという事実は変わらない
君たちの恋人が、遠くへ去ったために、不実のために、あるいは死んだために失われたとして、もし君たちがその人のために悲しんでいるだけなら、君たちに進歩はありません。たとえ君たちが、そのためにどんなに技巧と才能を傾けても、そんなものには少しも価値はありません。前進する生命を頼みにし、おりあるごとに自分を吟味することを忘れぬようにしたまえ。
ものごとの無常について仰々しくしゃべりたて、現世の空しさの考察にふける人々を私は哀れむ。我々は、無常なものを無常でなくすためにこそ存在しているのだ。それは、両者を尊重することを知って初めて可能になる。
思い高ぶらない人間は、本人が信じているよりもはるかに大した人物である。
行為の最中にも思考の余地がある
ふたりの愛を深くするには ふたりを遠く引き離しさえすればよい
人はいかに遇されるかによって、それなりの人物になっていく
大切なことを、つまらぬものの犠牲にしてはならぬ
喜んで行い、行ったことを喜べる人は幸福である。
うまく使えば、時間はいつも十分にある
最も重要なことを簡単に申しましょう。若い詩人は、生きて働き続けているものだけを、たとえそれがどんな形においてであれ、表現するように努めなさい。反対のための反対、悪口、ただ否定することしかできないものを、ことごとく退けてはなりません。ただの否定からは何も生まれてこないのですから。
節度を持った人だけが豊かさを感じる
欠点を改め、過ちを償うことは、最高の幸福である。
蚕は紡ぎながらだんだん死に近づくとしても、糸を紡がずにはいられましょうか。
人はただ自分の愛する人からだけ学ぶものだ

Sponsored Link

> 続きを読む 

-著作家の名言, 詩人の名言
-

Copyright© 名言格言.NET , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.