世界中の著名人・経営者・アスリート・芸能人・映画・ドラマ・アニメ・漫画の名言格言集です。

名言格言.NET

政財界人の名言・格言 経営者・実業家の名言

岩波茂雄の名言・格言

投稿日:

岩波茂雄とは

iwanami-shigeo

岩波 茂雄(いわなみ しげお)

出身地:長野県 誕生:1881年8月27日 死没:1946年4月25日 職業:実業家

日本の出版人、岩波書店創業者。貴族院多額納税者議員。
1913年に神田区南神保町に古本業岩波書店を開く。破格の正札販売を実施、古書店から出発し、夏目漱石の知遇を得て1914年には「こゝろ」を出版。漱石没後は安倍能成らと「漱石全集」を刊行した。

Sponsored Link

岩波茂雄の名言・格言

困難が来るたびにぼくは元気になるよ
労働は神聖である
他より幾分でも高く買い入れ、また幾分でもこれを他より安く売る。商売の秘訣を聞かれてもこれ以外に答えようがない
実際に世のためになるものなら、事業的にも必ず成立する。世のためにならぬものなら成立するはずがない。これは道義と経済の一致を物語る
低く暮らし、高く想う。
書物が文化財であるからには、その取引も公正明大にすべきである
真理は万人によって求められることを自ら欲し、芸術は万人によって愛されることを自ら望む。かつては民を愚昧ならしめた学芸が最も狭き堂宇(どうう)に閉鎖されたことがあった。今や知識と美とを特権階級の独占より奪い返すことはつねに進取的なる民衆の切実なる要求である。岩波文庫はこの要求に応じそれに励まされて生まれた。それは生命ある不朽の書を少数者の書斎と研究室とより解放して街頭に隅なく立たしめ民衆に伍せしめるであろう。近時大量生産予約出版の流行を見る。その広告宣伝の狂態はしばらくおくも、後代にのこす誇称する全集がその編集に万全な用意をなしたるか。千古の典籍の翻訳企図に敬虔の態度を欠かざりしか・・・

Sponsored Link

-政財界人の名言・格言, 経営者・実業家の名言
-

Copyright© 名言格言.NET , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.