世界中の著名人・経営者・アスリート・芸能人・映画・ドラマ・アニメ・漫画の名言格言集です。

名言格言.NET

政財界人の名言・格言 経営者・実業家の名言

斎藤ひとりの名言・格言

投稿日:

斎藤ひとりとは

hitori

斎藤 一人(さいとう ひとり)

出身地:東京都江戸川区 誕生:1948年8月3日 職業:実業家

「銀座まるかん」の創業者。
江戸川区立松江第二中学校卒業後、さまざまな職を経験。1970年頃から漢方茶の販売を開始。その後、漢方をベースにした化粧品や健康食品の開発に着手し、銀座日本漢方研究所(現・銀座まるかん)を創業する。観音信仰と経営体験に基づいた独自の人生観を持ち、それらを論じた人生訓・自己啓発に関する関連書籍などを出版している。

Sponsored Link

斎藤ひとりの名言・格言

人に喜ばれる仕事を、自分も楽しみながらやるんです。
人生の宝物。それは「健康」です。それと「笑顔」。そして「優しさ」です。つまり、人生にはいろいろな宝物があるわけです。だから、あなたが「健康」で「笑顔」で「優しさ」を見せれば、みんなからは「あなた自身も宝物」のように思ってもらえるんです。
成功する人っていうのは、「感謝」が多いんだよ。でも、「いいことがあったら感謝する」では、普通なの。「いいこと」なんてめったにないから、感謝が少なくなっちゃうんです。それよりも、「嫌なことにも感謝する」。嫌な体験をすることで学べたんだから。
人と比べてはダメですよ。つねに自分を基準にして、出発点からどれくらい自分が上がったんだろうかを見る。人と比べるとあわてるよ。
人はいくらでも魅力的になれます。いいものをひとつずつプラスしていけば、それが魅力になっていきますから。
人の悪口を言っちゃダメですよ。いつも笑顔でいて下さい。
やればやるほど面白くなるものを、仕事と言う。
何でもそう。仕事だって、世界旅行だって、幸せな家庭だって、それをたいへんだって思う人、難しいと思う人はできないし、本気でやらないよ。
人生にはいろいろな宝物があるけど、そのなかで最高の宝物は今日も元気で働けること。
お金がないと一つだけ困ったことがあります。それは、嫌な奴に頭を下げなければならないということです。
若いときは「一生働くなんてイヤだ」と思うことがあります。でも、だんだん年を重ねていくと、「一生元気で働けることの素晴らしさ」がわかってくるんです。つまり、健康で、人の役に立って、誰の世話にもならずに、お金を稼いで生活をする。そして休みになれば旅行にでかける。同時に、仕事がなくて、毎日何もすることのない空しさや、怖さが年とともにわかってくるんです。
毎日、働けることに感謝する。笑顔で働く。そうすれば、神様がきっとあなたを守ってくれますよ。
笑顔でいれば好かれるし、怒ってばかりいたらキラわれる。それだけなんだよ。笑顔で愛のある言葉をしゃべろうよ。今、自分の目の前にいる人たちのために、全力を尽くす。
人のことはどうにもなりません。人のことで悩むのはやめましょう。その人は、その人の人生なんです。あなたがとやかく言う問題じゃないんです。この世の中でなんとかできるのは自分だけなんです。かまい出したらダメだよ。人のことはどうにもできない。
できる範囲内で人の役に立つことをしましょう。「ありがとう。感謝してます」と言われるように。
春夏秋冬。おいしいものがあります。きれいな景色もあります。楽しいことを想像してください。そうすれば楽しくなります。悲しいことを考えないでください。悲しいことを考えると、誰でも悲しくなります。たとえば、冬は鍋物がおいしい。こんな気楽な考えが、今のあなたに本当に必要なんですよ。
手づくりがいいんだよ。ちょっとぐらいドロくさいほうがいいよ。人が精根込めてつくったもの、書いたものは、必ず相手に伝わるんだから。
人間関係をよくしたいと思うならば、相手を変えるより、自分が変わる以外にすべがありません。
根のいい人からは、意地悪な言葉は出てきません。意地の悪い人からは意地の悪い言葉が、妬んでばかりいる人の口からは妬みの言葉が出てくるのです。
遠くを見すぎたり。自分と人を比較したり。そんなことをしては落ちこんだり、つまずいたり。それよりも、自分の足元を見て、少しでも前に進んでいくことです。そうすれば、確実に幸せになれるし、足元に咲いている花にも気づくんだ。「自分の足元に咲いている花は、本当に自分に必要な花」なんだって、当たり前のことに気がつくんです
商人としての基本態度は、人に好かれること。笑顔で人に接すること。楽しい雰囲気を作ること。謙虚さや感謝の気持ちをもった言動を心がけること。お客さんは、楽しいことがあると思うから来るんです。だから、二十四時間いつも、商人でいなければね。
自分が人にされてイヤだったことは、ほかの人にするんじゃないよ。
物事を否定的にとるか、肯定的にとるか、その辺の違いが、人の人生を左右するのです。
会う人、会う人を敵とみなして、戦う必要なんてないんです。相手を自分の味方にする。これが最高の成功の法則。会う人を自分の味方にするって、そんな難しいことではない。知恵を出す必要もない。いつもニコニコしていて、明るくて、思いやりがあればいい。
人生は「開き直る」ことが大切です。「開き直る」って悪い言葉ではありません。開き直るとは、閉じていた心を開いて、曲がっていた心をまっすぐに、ピっと直すこと。これを「開き直る」と言うんです。
今の職場で生きがいを感じているというのなら、どこで働いても働き者なんだよ。仕事に生きがいを感じる人は、どこで働いても感じるから。感じない人は、どこに行っても不平不満を言っているの。
この世の中には、「思っていることを何回も声に出していっていると叶ってしまう」という法則があります。
仲間がいると、良いことが何倍も楽しくなります。仲間が大勢いると、良いことが何倍も何倍も何倍も楽しくなります。仲間がいると、イヤなことがあってもすぐ忘れられます。仲間の笑顔は、生きていくのに絶対に「必要な宝物」なんですね。そして、みんなにとって、良き仲間のあなた。あなたの笑顔が、みんなの宝物なんだよ。
どんなときでも明るく考える。それができれば、“今、ここ”を生かすことができる。
人間関係で一番大切なのは、「そうですよね、わかりますよ」という言葉です。
いいかい、まず自分がやるんだよ。人は変えられないの。自分が変わったときに人って変わるんだよ。まず自分が率先してやってみな。
人は、ほかの人に好かれようとして言葉を飾ってしまう。その飾った言葉なんかで、人の気を奪ってしまうのが人気なんだ。でも、こうした人の心には花がないから、その言葉にも花がないんだよ。でも、人徳がある人というのは違う。その人といると、その人の心が自分に染みわたってくる。
人間を「成功に導く階段」があります。それは「困ったこと」です。「困ったこと」が起きたとき、「困った」と言うと、階段を一歩降りてしまうことになるんです。ただ、そんなとき、「おもしろいことが起きた!」と言うと、階段をひょいと飛びあがるんです。「おもしろい!」と言った時点で、世間にも神様にも「こんなことで困ってないよ!」という勝利宣言になるわけ。このひと言で「あなたの勝ち」が決定するんですよ。
我慢からは、恨みしか生まれないんだよ。でも、人を恨んで、いいことあった? 何か、いいことあったのかな?
仕事はスピード。スピードをあげるとほんとすごく楽なんです。仕事でもなんでも自転車と同じなんです。遅いと倒れちゃうんです。
難しい話をより難しく話し、より難しく書く人は、自分を偉く見せたい人です。話を聞いた人、話を読んだ人がわからければ意味はないよね。
「幸せ」って言うと、幸せなことが不思議と起こるんです。幸せなことが起きてから、「幸せ」って言うようではいけません。「幸せ」って言うと、良いことが次々と起きます。「幸せ」って言うと、今すぐ自分の幸せに気がつきます。「幸せ。幸せ。幸せ」って言えるあなたは、人生の勝利者なんです。
ツイてない人は、よくグチを言う。グチを言えば言うほど、人生うまくいかなくなる。ツイている人は、いつもツイている話をして、おもしろいほどいいことが起きる。ツイてると言っているだけなのに、人生が違ってくる。ツイてない人は、たったこれだけも信じられません。なぜなら、ツイてないから!
人様に気を使い、目の前にいる人に喜んでもらうことが成功の秘訣なの。難しくないんだよ。簡単なんだよ。
人の後ろにはいっぱい人がいるんだよ。だからたくさん人を喜ばせるとな、ドミノを倒すようにおまえのことを他人が話し始めるんだよ。そうすると、話を聞いた人は、おまえに会いたくなるんだよ。人は知り合いが5人しかいないなんてことはまずないんだよ。100人ぐらいはいるんだよ。
魅力さえあれば、何やってもうまくいくんだよ。人間としての魅力をつけることが第一なんだよ。
「私はプロですから、こんなことは当たり前です。」と言えるようになると、たいがいの事は怖くありません。
人は自信があるのは嫌じゃないんだよ。威張っているのが嫌なんだよ。自信があって、威張らなくて、優しきゃいいんだよ。これもやらないで女にモテようなんて、とんでもないよ。そうすると、だんだん出世してくるんだよ。自分の地位が上がってくるんだよ。
何でも自分の知っていることは素直に教えて、わからないことは知っている人から聞く。それでことは済むんです。それだけで人生はすごく楽なんです。
人に何かよいことがあったら、「よかったね」といえれば、心は豊か。それを素直に喜べなくて、妬(ねた)んだりするから、くだらない悪口になる。豊かさは癖になりやすいんです。よく「勝ち癖」とか「成功癖」とかいわれるけど、貧乏もまた癖になりやすい。
学生時代に「遊んでばかりいてダメじゃないか」と、怒られてばかりいた人は、遊びを考えるのが得意なんです。自分を楽しませることを知っている人は、人を楽しませることも得意です。それは商人の世界では、才能なんです。
たとえば、幸せな結婚をしたいなら、今が幸せと思うことなの。女の人が「1人でも幸せだ」と思っていると、必ず1人でも幸せな男が寄ってくる。「幸せにしてほしい」と思っていると、「幸せにしてほしい」と思っている男を呼び寄せる。不幸同士が一緒になって、なんで幸せになれるんだ。
誰にでも「やりたいこと」はあります。たとえば「ヨーロッパの旅行に行きたい」。そんなときは、ヨーロッパの旅行のカタログだけでも見てください。不思議と良いことが起きます。「新しい仕事をしたい」なら、仕事の計画だけでもねってみる。思わぬ良いことが起きます。大切な人にプレゼントを買ってあげたくても、お金がないのなら、その気持ちだけでも伝える。すると、ステキなことが起きるんです。「今やれる小さいこと」から始めてください。本当に「小さいこと」でかまわないんです。大きい大きいプレゼントがもらえますよ
俺にとっては、嫌なやつが出てくることすらレジャーなの、よく来たって、待ってたんだもん。
人生も、楽しさをメインにしていかないと、苦しくなってしまいます。
ただひたすら真剣に、真剣に仕事のことを考える。寝ても起きても仕事のことを考えて、今の時代にどうやって合わせるかっていうことをいつも考える。簡単に言えば、ひたすら努力するしかないんだっていうことなんです。それが「おもしろいんだ」ってとらえるしかないんです。
「あっちの方角がいい」とか「こっちの方角がダメだ」とか、いろんなことを言う人がいます。ただ、あなたの行くところにはいつも陽がさします!だって、あなたの笑顔が太陽なんです。あなたの思いやりのある言葉が、太陽なんですから。だから、どこに行っても大丈夫、大丈夫。
親が嫌いな人はな、実は今が不幸なんだよ。自分が全力で幸せになると、不思議と産んでくれただけでありがたいと思えるようになるの。親に感謝できないのって幸せになる努力が足りないんだよ。
ムリしちゃダメだよ。怠けることなく、ムリすることなく、自分のできることを黙々とやるんだよ。
魅力は、見た目と、いう言葉。もちろん、行動もともなってなきゃいけないよ。だけど、ちゃんとした身なりをして、魅力的な言葉をいってる人で、行動がともなってない人は、ほとんどいないよ。見た目と、いう言葉で人生が決まる、ということもわかってるから、マトモな行動をしてるんです。
今、自分の目の前にいる人を喜ばせてください。外に目を向けちゃダメです。
人間は、何ごとも完璧にはできません。完璧にできるのは、神様だけ。ただ、私たち人間には、何ごとも不完璧でも、それにめげず楽しく改良していくことができる。そういう素晴らしい力を、神様からさずかっているんです。うまくいかないからって、ガッカリしちゃダメですよ。改良して、少しだけ良くなればいいんです。それだけです。
雑草がアスファルトを突き破っている情景を見たことがある人は大勢いると思います。あの雑草がアスファルトの下にいるときは、本当に小さな、かよわい芽です。だけど、雑草は、自分がもってる力、無限小の力で、無限大の時間をかけて、アスファルトを突き破るんです。
笑顔を絶やさないで、いつでも相手の期待にこたえられるような、そんな懐の深い笑顔をしていることが大切です。そうすれば、おのずと自分のまわりから嫌な人間がいなくなります。
ライバルとは敵です。敵を作ってはいけません。敵を作ることより、まず友達を作ることです。競争するより、協力したほうがいいんです。
感謝してる人ってすがすがしい。聞いてもすがすがしい。あなたの目の前に、人に感謝する人がいたらすがすがしいように、あなたもすがすがしい人間になったほうがいい。
商人は、断られるのが仕事なんです。「どうですか、クリーニングありますか?」「ないですよ」「また、あったら、お願いします」と感じよく言って、感じよく断られる。そうやって、何回も何回も断られるのが仕事なのです。
挨拶、おはよーって明るさをもっと研究してごらん。
できないことを嘆くのはやめましょう。あなたには、あなただけにできることがきっとあります。できないことはやらなくていいこと。なんにも向かないっていう人は、この世にいないんです。
「魅力」って、何ですか?ズバリ、あなたのその笑顔です。そして、あなたがしゃべる思いやりのある言葉です。それさえ心掛けていれば、世界中の神様たちがあなたの味方をしてくれます。すべてうまくいくから不思議です。
明るく生きている人は必ずいいほうの道へ行くよ。ふてくされている人は、必ず悪いほうに行く。
大切なのは『何のためにこの仕事をさせてもらっているのか』という“使命感”。そして『未来の自分は今の自分より必ず良くなる』という“未来を信じる力”なんだよ。
世の中って、実は本当にシンプルに出来ているんです。あなたがそれを難しくしているだけです。
幸せに成功していく人の最大の特徴は、「楽しく仕事をしていること」。いくつもあるだろうけど、「楽しく仕事をしている」っていうのが、第一だと思いますよ。
えらくなるとほめやすくなる。ほんのひと言ほめただけでも、すごく喜んでくれる。えらくなるとは、ほめやすくなること。
何のために、仕事をするんですか?それは、愛する人を助けるため!何のために、お金をためるんですか?それは、愛する人を助けるため!「愛する人を困らせたくない!」まずは、そんな単純な発想から始めてください。そんな発想があなたを成功に導く。さらには、周りの人を次々と幸せにしていくんですよ。
イライラしたり、怒ったり、悩むときに人間っていうのは、毒を吐くんだよ。その毒が部屋の空気を重くするんです。そこに来た人は、その空気に触れて、「重いな、何かイヤな雰囲気だな」って、感じるんだよ。
忙しくても、お給料をくれているんだから、幸せだと思ったほうがいいよ。どうせ早く帰ってもテレビを見るくらいで、やることはないんだから。人間、暇だと、体に悪い。働くって、楽しいことだよ。いやいや働くとダメだよ。楽しく働きな。
能力があるのに伸びない人は、全力を出し切っていないから。
「今日だけ幸せに生きること」を考えてください。もっと言うと、「今だけ幸せに生きること」を考えてください。人生って、長いように見えても、結局、今の連続ですから。今、幸せな人は、明日も、あさっても幸せですよ。
親がお金持ちで、生まれたときからお金持ちという人生ならば、それでいいでしょう。でも、何もないところから上に上がっていくことも、また楽しみ。
魅力とはなにかというと、まず「見た目」。それと、「なにをいうか」なんです。ちゃんとした身なりをして、魅力的な言葉をいってごらん。そしたら、もっと、もっと、魅力的になって、飛躍的に人生がよくなるから。
自分がやらなきゃいけないこともやらないで、何か自分らしい生き方があるんじゃないかと思ってる。それが迷いなんだよ。
できることをやればいい。一歩一歩改良しながらいけば、絶対にうまくいく。そうすると、いつか沸騰点が来るんだ。爆発的に伸びるときが来るよ。
人に喜んでもらうことってわざわざ自分を犠牲にしなきゃできないのかい? 本当に人のためになることは自分も必ず幸せにする。そして本当の意味で自分のために生きた時、それは人も幸せにするんだ。だからちゃんと自分のことも幸せにする努力をするんだよ。
変えることができない定めというものには、何かの理由があるのです。それが天命というものです。
行動が伴う教えって難しいんだ。人は行動したくないんだよ。本を読むことを行動だって思ってるんだよ。講演会を聞きに来ることを行動だと思ってるんだよ。確かになにもしないよりはいい。一歩は踏み出してるんだよ。残念なのは、それを実践する人が少ないこと。その手前で行動した気になっちゃうこと。
成功する人は「良い口ぐせ」を持っています。失敗する人は「悪い口ぐせ」を持っています。たった、それだけで人生が決まってしまうのだから、こわいですよね。「ツイてる、ツイてる」っていう口ぐせは、あなたを絶対に幸せにする口ぐせです。ふだんから、何度も何度も言ってください。笑っちゃうほど、良いことが次々と起きますよ。
あの人にも、この人にも感謝していると、必ず成功するようになる。いろいろなことを学ぶからね。
人はな、大なり小なり必ず後ろに人間関係があるんだ。いいことも悪いことも喋るんだよ。人に会う時に、そのことはちゃんと頭に置いときな。そう考えたら、どんな人でも絶対に大切にして損することはない。人から嫌われるってことは、その人の後ろの人からも嫌われるってこと。
人には必ず“ひとつ上”というものがある。そこに的をしぼって勉強していけばラクなんです。で、それをやったら、また“ひとつ上”をやる。これをやり続ければ、死ぬまで上に行くんだ。
アラ探しをやめられた人から、成功します。
夫婦にかぎらず、すべての人間関係は「相手に期待しない。相手を変えようとしない」の修行です。
人間って、放っておくと、だんだんと気持ちが弱気になってくるんです。そうしたら、遠慮なく勇気を出してください!そうしたら、続いて知恵が出てきます。勇気を出す前に、知恵を出してもダメですよ。勇気のない知恵は、結局実行できませんから。
仕事で失敗するのは、本当につらいことだとわかるけど、多少落ち込んだりするのは、だれでも当たり前で、落ち込むから、次に失敗しないようにしようとして、それが起爆剤になるんだ。落ち込むというのは、次に高くジャンプする前運動みたいにとらえるしかないと思うよ。次は絶対うまくいくから大丈夫。
成功するために、苦労なんていらないんです。何かうまくいかないことがあったときは、自分のやり方に何か間違いがあるんだと思えばいいんです。そして、その間違いを正せば、苦労はなくなります。
私にとっては、頭がよくなり、悟りがひらけるうえに、何をしてもうまく行く、魔法のような話があります。それは何かというと、「一〇〇%自分の責任」という話です。そうすると、人の脳は、勝手に自分が改良すべきところを探すんです。
いつの時代も、「これだったらダメになっちゃう」って、恐怖をあおるような話が出てくるけれど。でも、本当にダメになるっていう根拠はなんなの? 証明できるの? そんなもん、ないんだよ。いつもいつもデタラメな話におびえてるけど、あなた、またいつもと同じ手にひっかかっていいんですか?(笑)
「あなたはこういうところを直したほうがいいよ」といわれると、ズンと落ち込む人がいるけど、それは間違い。だって、直すべきところを直せばいいだけのことなんだから。だから、反省なんかしなくていいんだよ。反省しているヒマがあったら、間違ったところをすぐ直すことです。
人に親切にすると、親切にされる。人に笑顔で接すると、笑顔が返ってくる。「人にいいこと」をすると、なぜか自分にみんな返ってくるんです。「なぜ?」って考える必要はありません。そんなことより、笑顔で毎日を過ごすことです。
少しずつ改善していけば、必ずいい方向に進むんです。
この中で一輪車に乗れる方、手を挙げてください。いないですね。でも、練習すれば、おそらく全員が乗れるんです。最初から乗れないだけ。物事はそういうものなんです。
魂を豊かにして、はじめて努力が実になるのです。今までのようながむしゃらな努力は通用しない時代がやってきたのです。
散々考えた程度のことで、実力がついてくるモンじゃないの。挑戦して実行して、実力がついてくる。やっと一歩踏み出した、それはスゴイことなんだよ。だけど、その場で座り込んじゃいけない。「ツイてる、ツイてる」っていいながら、先に行くんだよ。次、次、次、って歩いて行くんだよ。
人間にとって、一番「うれしいこと」、そして「楽しいこと」。それは、人の喜んだ顔を見ることです。人の喜んだ顔を見ると、自分の心もパッと花が咲いたように明るくなります。誰の心の中も、愛の花でいっぱいにしたいよね。
仕事がイヤでしょうがない、という人がいますね。その人は、一日八時間か九時間、イヤな思いをしているんですよ。だから、イヤな仕事があっても、どうしたら面白くやれるかと、わたしはいつも考えてやっているんです。
褒める気になれば、いくらでも褒められる。けなす気になれば、いくらでもけなせる。自分をけなして生きたら地獄だよ。自分のあらを探す人は、必ず人のあらを探すよ。
本当に新しい分野に入っていくんだったら、「何回叩かれても行く」「十に一つの確率があれば十分だ」とか思わなきゃ、駄目。もっと言えば、「針の先ほどの確率があれば十分だ」とか、そのぐらいのつもりでいかないといけないんだよ。安易にものを考えすぎるんです。
神様は、「あなたが乗り越えられない問題」は絶対に出しません。だから、どんな問題も乗り越えられるようになっているんです。安心して、「乗り越える方法」を考えてください。すぐわかりますよ。もし、すぐ思い浮かばなかったら、ほっとけばいいんです。時間が勝手に解決してくれますから。結局、解決できない問題なんてないんですよね。
どんなことがあっても、笑っているんだ。いつも笑っているヤツには、苦労なんて絶対ないからな。
悪口なんていうものはいくらでもある。人のアラは30でも40でも見つけられるんです。でも、人のアラなんか、いくつも、いくつも見つけたって、人から嫌われるだけです。友達を失います。やめてください。

Sponsored Link

-政財界人の名言・格言, 経営者・実業家の名言
-

Copyright© 名言格言.NET , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.