世界中の著名人・経営者・アスリート・芸能人・映画・ドラマ・アニメ・漫画の名言格言集です。

名言格言.NET

俳優の名言 映画監督の名言 男性タレントの名言

竹中直人の名言格言

投稿日:

竹中直人

takenaka-naoto

竹中 直人(たけなか なおと)

出身:神奈川県横浜市 誕生:1956年3月20日 職業:俳優、声優、タレント、コメディアン、映画監督、歌手

レディバード所属。大学在学中の1977年、『ぎんざNOW!』(TBS)の「素人コメディアン道場」で第18代チャンピオンに輝き、芸能界入り。その後、『TVジョッキー』(日本テレビ系)の素人参加コーナーにてモノマネ芸でチャンピオンとなり注目される。1996年、NHK大河ドラマ『秀吉』で主演の豊臣秀吉役を務めた。同作は平均視聴率30%を超え、その後も秀吉役をたびたび演じた。

Sponsored Link

竹中直人の名言格言

私は、子供のころからずっと「楽しい時間ほど長く続かない」と思ってきました。そのせいか、ある程度自分が認められると、逆に不安になってくるのです。「カット!ハイ、オッケーです!」という声を聞くたびに、何か自分の輪郭がぼやけていくような感覚を覚えました。そうして、「このままではいけない。闘わなくては」と思うようになったのは、30代の終わりが近づいたころのことでした。
自信なんか持ってみろ ろくなことないぞ!
楽しい時間は長くは続かないように、良かれ悪しかれ、いまの状況はずっと続くものではありません。
常に人は、いろんなことに、不安なんじゃないかな。
27歳のときにお笑いでデビューした私にとって、30代は本格的に演技というものに取り組み始めた時期でした。多くの映画やドラマ、舞台に出演し、ときには自分が映画監督も務めました。そういう経験ができたのは、素晴らしい人たちとの出会いのたまものだと思っています。
30代から現在まで、私がいつも思い続けてきたのは、「なんとかこの仕事をずっと続けていきたい」ということです。「成功したい」と考えたことはありません。
どんな仕事もスケジュールが合えば断らない。「いい役者になろう」「50代だからこれをやる」「そろそろ仕事を選んでいこう」という発想が嫌いなんです。年齢やキャリアなんて関係ない。いつだって、どんなにくだらないと思うことでも平気でできる人間でいたい。
“君は10年早い”という言葉、僕は嫌いなんです。何十年も生きていても、悟るほどの境地には立てない
落ち込むことって才能だよね。落ち込まない人はそれでいいと思っているから、決して今より上にはいけない。才能があるから落ち込むんでしょ。
理由なんていらない。「だって好きなんだもん」でいい。
逆説的ですが、「いい状態」をできるだけ長く保つためには、そこに留まる姿勢ではなく、変化を求めることこそ必要なのではないかと思います。
“努力”だとか”一生懸命”も思いのエネルギーみたいなもので、心がけようと思ってできるものではないんです。ふと気がつくと周囲の人から“努力したね”、”一生懸命やってるね”と評価される。そこで初めて自分は努力したんだ、気づくだけのこと

Sponsored Link

-俳優の名言, 映画監督の名言, 男性タレントの名言
-

Copyright© 名言格言.NET , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.