世界中の著名人・経営者・アスリート・芸能人・映画・ドラマ・アニメ・漫画の名言格言集です。

名言格言.NET

コンサルタントの名言 経営者・実業家の名言

船井幸雄の名言・格言

投稿日:

船井幸雄

funai-yukio

舩井幸雄(ふない ゆきお)

出身地:大阪府 生誕:1933年1月10日 死没:2014年1月19日 職業:経営コンサルタント

1970年、13人で日本マネジメント協会から独立し経営コンサルタント会社日本マーケティングセンターを創業。1985年、船井総合研究所に社名変更。1988年、経営コンサルタント会社としては世界初の株式上場を果たす。株式会社本物研究所、船井メディア、船井財産コンサルタンツ、船井本社の代表取締役会長を務める。

Sponsored Link

船井幸雄の名言・格言

相手によって態度を変えてはいけない。本当に偉い人というのは誰に対しても謙虚で、相手の人間性を認める度量がある。分けへだてなく対応することが大切だ
あなたの、一日、一日の小さな努力の積み重ねが、一年、一〇年、五〇年、といった長期的な成長につながります
あらゆる事象には、表と裏の側面があります。その事象の見つめ方次第で、プラスにもマイナスにも思えてくるから不思議です。だとしたら、プラスの面に目を向けてみませんか?無限、永遠、発展、感謝、健康、笑顔...。明るい生命力のある思いの先に、明るい未来はやってきます
あらゆる問いに的確に応えることができる力、「直感力」が「良心」をチャネルに発現する可能性があるとするならば、「良心」の奥に、すべてに応えることができる意識がひかえているという答えは、まんざらはずれてもいないように思います
生き方のコツは、決して後ろ向きにならないこと。どんな状況にあっても前向きの姿勢で、すべてのことに取り組む心構えです
生きている間にどれだけのことができるのか。ただ何気なく日常を過ごして生きるのも、いまという時の、一瞬一瞬の大事さをかみしめて懸命に生きるのも、どちらも生きるということです
生きている上で襲い掛かってくるどんなピンチもこれは自分の人生にとって必要必然であると考えれば、ピンチこそ最大のチャンスになります
意志さえ強ければ、この世で叶わぬことはない。できないという言葉を口にしないことだ
いずれ社会は、人々が望むような、楽しくて、やさしいものになるはずです。人のためにならないこと、嫌なことを無理に押し通して、慌てて勝ち組に残ろうなどとする必要はなく、これからの時代に求められる人材や企業になることが結果的にはいいのです
一番上手に生きる方法は、いままでにあったことを肯定し、感謝し、いまやらねばならないことに全力投球をし、それから学び、愉しみ、希望を持ち前向きにいきいき生きること。この、常に希望を持ち、前向きに愉しく生きるということが大事なのです
一見悪いようにみえることも、ひとつの流れ。世の中は、最終的には、善なる方向に向かっています。後に振り返ってみれば必要だったことに気づくでしょう。何があっても通過点、ゴールはまだ先。苦難があるから、真理がみえることもあります
いま、人間の意志の力は、自分だけでなく他人にまで影響を与え、天候を左右し、動植物までに伝わることが分かってきつつあります。よいことを考え、確信を持ち決心することが何より大事です。どんなことがあっても、あきらめないようにしましょう
今の世の中は、テクノロジーは進んだけれども豊かさと貧しさが同時に進行しています。これでは壮大なビジョンや夢といったことを見出すのが難しいでしょう。そうした時代であるからこそ、これからの人類の展望と未来への壮大なビジョンを語れる真のリーダーが必要とされていると思います
いまは、大変革、大激変の時代。大激変を乗り切る最善の手法の一つは、どんな人に対しても、あるいは自然や動植物に対しても心を籠めてつきあうことです。そして、助け合い、大激変をチャンスにしましょう
イメージ化でき、確信を持つことができれば、その願いは実現する
大激変の世の中にあっても、人間の特性である個性・自由を活かして良い方へ進歩していきましょう。そして、すべてに愛と感謝で生きましょう
同じ働かなければならないのなら、自分の好きなこと、得意なこと、興味のあることを仕事にするのがベストです。いってみれば趣味を仕事にするのがいちばんいいのです。だから、そういう努力を若い時代からしたらよいと思います
思うことは実現することが多いわけですから、常にプラス発想でいるのがいいです。結局、悪いことはなるべく考えなければいいのです。同じ逆境に置かれたときでも、暗くマイナス発想をする人よりも、明るくプラス発想をする人のほうが、早くそこから抜け出していけるものです
終わったことを後悔し続けることは、効果的ではありません。後悔ではなく、今日一日の自分の行動を振り返り、何に気づいたか、何が反省すべき点であったか、それらを点検することは大切です。一日の終わりに反省し、よりよい明日につなげましょう
過去にあったことで、それをふり返りくよくよすることはやめましょう。現在進行中のことについても同様です。ともかく、過ぎ去ったことはどんなことも肯定しましょう。そしてそれらは私にとってよかったことだと考え感謝し、それらによって得たことを参考によい将来のあり方を考えましょう
過去にとらわれていても、取り戻すことはできません。いまの時代を有効に活用するのなら、未来をどう生きたいのかに心をフォーカスしてみましょう。いまの自分を認めること、未来への種をまくこと。まいた種は、大事に育てれば、花を咲かすことができます
過去に何があろうと、それによって現在があるのですし、未来はこれから創っていくのですから、過去を肯定し、包みこんでいるのが、いまの自分だ...と、まず認めてほしいのです
過去も他者も、そして自分も、自分の現在も、将来も、すべて必然、必要、ベストの存在となるように世の中はできているといってよいようです
勝ち方の中でベストの方法は、相手の足を引っ張って勝つのではなく、自分に力をつけ、自分を伸ばして勝つことです
決めつけるのは、危険な行為です。今日から明日へ...日々の成長によって、「変わる」という意識が行動に表れて、知らず知らずに、変わっていくのです。まずは、どう変わりたいのか、イメージしましょう
今日からすべてを大事にしてください。大事にすると、それらが応えてくれるのが分かります。ぜひ、若い読者の人たちもしていただければと思います
苦言を言ってくれる人は期待してくれているからこそです。そのときに言い訳をしてしまったら、せっかくの期待も水の泡になってしまいます。まずは、相手の話に耳を傾けてください。そこに成長のヒントがあるはずです。自分の意見に賛成してくれる人にも、反対する人にも感謝をしてください
欠点を克服しても、それはマイナスをゼロにしただけで、プラスには働きません。それならば長所を伸ばして、プラスにプラスを重ねましょう
謙虚とかすなおということも、これからますます大切になってきます。自分の知らないこと、わからないことを否定しないことです
謙虚にすなおになると好循環が無限に繰り返されるようになります。そうするとそんなに苦労したつもりでなくとも、人から見たら驚異的なことを楽々とやってのけられるようになるのです。努力は人一倍しますが、やることが楽しいので、つらい努力とは思いません。むしろわくわくしてやります
現象を意識的に観察することで、物事をルール化し、コツをつかむことができます。それぞれの人の伸ばしたい部分、たとえば美人になりたかったら、美しい人を意識的に観察することで、コツがつかめてきます。それらをルール化することで、より長所を伸ばすことができるのです
この世には不要なものがないように、この世には偶然事はありません。この世に存在するものは、すべて必要なものであり、この世で起きる出来事は、みな必然事です
これから、よい世の中を、われわれでつくらねばなりません。そのためには、よいことをやり、悪いことをやめるという決意、いわゆる勇気が絶対に必要になるでしょう。勇気こそ大事です。ぜひ、今日から人間である以上、だれにも勇気ある行動をしてほしいです
今生、人として生まれ、いろいろな経験をしています。その結果、現在の自分があります。世の中で起こることが、すべて必然、必要だ...とするのなら、現在の自分があるのも、自分の周りに多くのことが生起するのも、当然のこととして必然、必要の結果だと考えられます
仕事でも、日常生活のさまざまなことでも、迷うときは、自分の良心からある種の警報が送られているか、純粋に前に進めない何かの問題があるときです。心の中から、理屈抜きに、ワクワクすることを即座に行動に移しましょう
自然は、まったく単純で質素です。そして愛に満ちています。人間も、極意に到達すると自然に近づくようです。おもしろいことです
自他ともによくなり、自他ともに喜ぶことが世の中には多く転がっています。それらを探し、つくり、実行すればよいのです。そのためにはまずくせづけするのがよいと思います
失敗してもよいです。それはほんの少しの引き算にしかなりません。そのかわり世のため人のためになることをしたら、大きく足し算することとなります。だから、どんどんよいと思うことを積極的に前向きにやってください
しなければならないことで、いまできることはすぐその場でやる、決してあとへ延ばさないということを実践するだけでいいのです
自分から「やろう」と思ったことと、人から「やりなさい」とやらされることでは、やる気や結果が全く違ってきます。世のため、人のためになることをして、ならないことは絶対にやらない、この思いを常に忘れず、やる気を出して、自分ができる精一杯のことをしましょう
自分からはどんなことがあっても、喧嘩を売ったり、人の足を引っ張るような言動はやめましょう。それだけではなく争いごとも、あるレベルまではできるだけ穏便に処理しましょう
自分と違う考えや生きざまの人たちを、批判したり否定したりする人が多いようです。しかし、それでは世の中はうまく治まりませんし、上手に社会生活は営めません。争いになり非効率になります。今日からは、まず相手の立場に立って相手を認め、それからよい方法を考えようではありませんか
自分にとって興味のないことを無理やりやらされることは、とても苦痛なことです。勉強するにあたっても、興味のないことを勉強するときには、非常に難しく感じます。いかに勉強の効率をあげるかは、いかにそのことを好きになるかに比例しています
自分にとって辛いことはなんですか? はじめてのことだったり、不安なことだったり、いろいろありますね。悪口、批判、愚痴は、自分に対する言い訳...そこから問題は解決しません。気が済むまで愚痴を言ったあと、リセットしてください。プライドやこだわりをすてて、突破口を探しましょう
自分の意見に賛成する人にも感謝、反対する人にも感謝。何事も否定してはいけない
自分の可能性を広げるために、まずは、素直に一度は吸収し、その後、確かめ検証しましょう。自分の頭で考え直し、ルール化することで、自分のものとなります。 限界をつけず、無限大の目標や夢を持ちましょう
自分の力を信じていますか? 自分を信じていれば、まだまだいけるはずです。自分を信じられないとき、悩みや迷いは生じます。迷いや悩みにも意味はありますが、時間も消費します。そんなときは、自分の直感を信じましょう
自分ひとりの力でできることは限られています。人生では、人の応援なしには、なかなか成功できないものなのです。仕事でも人生でも、周囲の人の力なしでは大きな成果はあげられないものです。だから、人を応援し、人に応援される人であってください
周囲を引っ張っていくためには、周囲から好かれ、慕われ、応援されなくてはなりません。自分の幸せや生活の安定以上に、周囲の人の幸福や将来を考えられる度量の大きさ、利他の精神も持ちあわせていかなくてはなりません
自由という言葉をどう受けとめますか? 大人になってからの自由。自主性と責任のともなう自由を愉しむためには、認め合う思いやりの心、他人同様に自分に誠実であること、自己と他者との兼ね合いが大切です

Sponsored Link

> 続きを読む 

-コンサルタントの名言, 経営者・実業家の名言
-

Copyright© 名言格言.NET , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.