世界中の著名人・経営者・アスリート・芸能人・映画・ドラマ・アニメ・漫画の名言格言集です。

名言格言.NET

偉人・歴史人の名言・格言 戦国武将の名言

豊臣秀吉の名言・格言

投稿日:

豊臣秀吉

toyotomi_hideyoshi

豊臣 秀吉(とよとみ ひでよし)

出身地:尾張国愛知郡(名古屋市中村区) 誕生:1537年3月17日 死没:1598年9月18日 職業:武将、大名、天下人、関白、太政大臣、太閤

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。三英傑の一人。
下層民の家に生まれるも、後に織田信長に仕官し次第に頭角を現した。信長が本能寺の変で明智光秀に討たれると「中国大返し」により京へと戻り山崎の戦いで光秀を破った後、信長の孫・三法師を擁して織田家内部の勢力争いに勝ち、信長の後継の地位を得た。大坂城を築き、関白・太政大臣に就任し、豊臣姓を賜り、日本全国の大名を臣従させて天下統一を果たした。

Sponsored Link

豊臣秀吉の名言・格言

(信長は)剛を持って柔に勝つことを知ってはおられたが、柔が剛を制することをご存じなかった。ひとたび敵対した者に対しては、怒りがいつまでも解けず、ことごとく根を断ち葉を枯らそうとされた。だから降伏する者をも誅殺した。これは人物器量が狭いためである。人には敬遠され、衆から愛されることはない
家康は愚か者だ。が、油断のならない愚か者だ
戦は六、七分の勝ちを十分とする
いくら謙信や信玄が名将でも、俺には敵わない。彼らは早く死んでよかったのだ。生きていれば、必ず俺の部下になっていただろう
一歩一歩、着実に積み重ねていけば、予想以上の結果が得られる
いつも前に出ることがよい。そして戦のときでも先駆けるのだ
およそ主人たるもの、1年使ひ見て、役に立たぬときは暇を遣はし、家来としては、三年勤めて悪ししと知らば、暇をとること、法なり
女狂いに好き候事、秀吉真似これあるまじき事
返す返す秀頼のこと 頼み申し候 五人の衆 頼み申し候 頼み申し候
側に置いておそろしい奴は、遠くに飛ばす
金銀をたくさん積んでおくのは、良い侍を牢に押し込めて置くのと同じことだ。
決してえこひいきなく道理にかなっていること道理にかなっていないことをさばき、たとえそれが兄弟や親族であろうとも、罪のある者は処罰せねばならない
降参した者を殺してはいけません
この黄金の輝きも 茶の一服に勝るものかな
これから先、覚悟を改めて恥ずかしくないように心がけるならば、どの国であろうとも知行させたい考えである。しかし、ただいまのように無分別のたわけであったならば、秀吉の甥子としてその身をながらえさせておくことは、お前だけでなく、秀吉の面目をも汚すことになるから、直々に手討ちにしてくれようぞ。秀吉は、元来人を斬ることが嫌いの性分であるが、覚悟がなおも直らないお前を、他国に行かせたのでは、恥の上にも一門の恥さらしとなるから、人手にかけず、秀吉のこの手で殺してやろうぞ。
財産を貯め込むのは、良い人材を牢に押し込むようなものだ
猿・日吉丸・藤吉郎・秀吉・大閤、これも又皆がいやがるところでの我慢があったればこそ
主従や友達の間が不和になるのは、ワガママが原因だ
主人は無理を言うものと知れ。
障子を開けてみよ。外は広いぞ
諸国が平和で静かによく治まっているように見えても、あらゆる武備について、御油断あることなく、武具やその他兵糧に対する嗜みも、秀吉のやったように行ない、もし出陣するような事になったならば、用意万端整え、兵糧も十分に支度した上で、長期陣営の心構えが大切である。
それは上々、一段の吉日にござる。信長公のために討ち死にするは覚悟のうえ、二度と生きては帰ろうとは思わぬ
戦わずして勝ちを得るのは、良将の成すところである。
誰であろうとも、忠義のためにこの世を去った者に対しては、その後継ぎを立てて、一家の絶えないようにしてやらねばならない。ただ、家名を継がせる場合に、10歳未満の幼子には、代理を立ててやり、また、夫婦の間に子どももない場合は、弟に継がせ、娘一人子のときには困らないようにしてやらねばならない
茶の湯・鷹狩り・女狂いなどは秀吉の真似など決してしてはならぬ。ただし、茶の湯というものは上品な慰み事であるから、しばしば茶会を開き、人を招待したりすることは、一向かまわない。また鷹狩りは、鳶鷹・鶉鷹など、男児の慰みとして盛んにやってよい。女中は屋敷の中に5人なり10人なり置いても差し支えない。ただ、屋敷の外で見苦しく女狂いをしたり、鷹野や茶の湯なども、秀吉のようにむやみやたらにやって、下賤の輩や人目のはばかる所へやたらに出入りすることのなきように、十分に慎むこと。
露と落ち、露と消えにし、わが身かな。難波のことも、夢のまた夢。
敵の逃げ道を作っておいてから攻めよ
天下を治める上から、掟を厳正に定めてほしい。そして、その掟に少しでもそむく者がでてきたら、決してえこひいきなく道理にかなっていること道理にかなっていないことをさばき、たとえそれが兄弟や親族であろうとも、罪のある者は処罰せねばならない。
どこへ逃げたって、日本全国は俺の庭だ。気にするな
何事もつくづくと思い出すべきではない
信長公は勇将であるが良将ではない。剛を持って柔に勝つことを知ってはおられたが、柔が剛を制することをご存じなかった。ひとたび敵対した者に対しては、怒りがいつまでも解けず、ことごとく根を断ち葉を枯らそうとされた。だから降伏する者をも誅殺した。これは人物器量が狭いためである。人には敬遠され、衆から愛されることはない。
信長公は勇将なり 良将にあらず
秀吉は、元来人を斬ることが嫌いの性分であるが、覚悟がなおも直らないお前を、他国に行かせたのでは、恥の上にも一門の恥さらしとなるから、人手にかけず、秀吉のこの手で殺してやろうぞ
人と物争うべからず 人に心を許すべからず
人の意見を聞いてから出る知恵は、本当の知恵ではない
人はただ、さし出づるこそ、よかりけれ 戦のときも先駆けをして
武辺(合戦で功名をあげること)をば今日せず明日と思いなば、人におくれて恥の鼻あき。
奉公人に対しては、誰彼れの差別をつけず、役に立つ者に対してはことさらねんごろにしてやるがよい。また、誰であろうとも、忠義のためにこの世を去った者に対しては、その後継ぎを立てて、一家の絶えないようにしてやらねばならない。ただ、家名を継がせる場合に、10歳未満の幼子には、代理を立ててやり、また、夫婦の間に子どももない場合は、弟に継がせ、娘一人子のときには困らないようにしてやらねばならない。
負けると思えば負ける、勝つと思えば勝つ。逆になろうと、人には勝つと言い聞かすべし
光秀の天命が尽きれば、大利を得て、思いのままに国をもらい、この播磨の城に帰ることはない
やるべき事が明確であるからこそ、日夜、寝食忘れて没頭できる
世が安らかになるのであれば、わしはいくらでも金を使う
我が身の目付けを頼み、異見を承わり、我が身の善悪を聞き、万事に心を付ける。これこそが、将たる者、第一の要務である

Sponsored Link

-偉人・歴史人の名言・格言, 戦国武将の名言
-

Copyright© 名言格言.NET , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.