世界中の著名人・経営者・アスリート・芸能人・映画・ドラマ・アニメ・漫画の名言格言集です。

名言格言.NET

宗教家の名言

酒井雄哉の名言・格言

投稿日:

酒井雄哉

sakai-yusai

酒井雄哉(さかい ゆうさい)

出身地:大阪市 生誕:1926年9月5日 死没: 2013年9月23日 職業:僧侶

天台宗の僧侶。比叡山延暦寺の千日回峰行を2度満行した行者として知られる。天台宗北嶺大行満大阿闍梨、大僧正、比叡山一山 飯室谷不動堂長寿院住職を務めた。

Sponsored Link

酒井雄哉の名言・格言

90日間、ひたすらお経を唱えぐるぐる回る「常行三昧」が終わっても、その感覚が体に残り、寝ていて見える天井も壁に見える。習慣というのは人の感覚を狂わせる。人間のものの見方や心のありようは、いろんなものでどうにでも左右されるということを学んだんだ
ありのままの自分としかっと向き合い続ける
ありのままの姿を、そのまんま正直にとらえればいい。ものごとには真実以外に何もないんだから
生き残ったのは、生き「残された」ということ。生き残るんじゃなくて、生き「残される」ものなのかもしれないな
息をふーっと吸って、吐く。吐くときは、「ナー」、吸うときは「ムー」。人は息を吐くときは前向きの格好に、息を吸うときはそり気味になる。呼吸に意識を集中していたら気持ちが静まってくる。それが、呼吸の大きな力
行く道は精進にして忍びて終わり悔いなし
池の鯉だって、ただ泳いでいるうちは水の楽しさやありがたさはわからない。陸に引き揚げられてはじめて、水の良さがわかるんじゃないの。
一歩ふみだすためにどうしたらいいかって?どうしようかと思うこと自体がおかしいんだよ。やりたいことがあるならやればいい
今の人たちは利口すぎるんだよな。子どもの時から一生懸命勉強をして、頭の中が知識で満タンになってる。問題はなんのために勉強するのかってことだよ
いまは知識や情報の量が多すぎる。もちろん知識は大切だけれど、それを学んで身につけて、自分なりに使いこなせるようでなければ何にもならない。大事なのは実践するということなんだよ。
今までこれだというものを見つけられなかった人は、今からでも「これをやろう」と決めて進んでいけばいい。大事なのは年齢じゃなくて、決めたことをやり続けること
いま良いことをしても、その結果は今日すぐに来るかもしれないし、三代くらい後かもしれない。でも、それは早いか遅いかの違いで、いました行いの結果が必ずあらわれると思うと、前向きになれる。いま良いことをしていけば、未来は変わっていくかもしれない
外面だけを見て、データを切り貼りしたような本もあるけれど、そこには心が入っていないよね。逆に、自分の中から一生懸命言葉をつむぎだしていくなら、途中で失敗して苦しんだとしても、そのときの気持ちが入ってくるから、素晴らしい作品ができると思うんだ。
行者というのは行をしている時だけが行者なんです
行の最中、力尽きてここで倒れて死んだら、ぼくの体は小山(おやま)の土になるんだなあと思った。それがうれしいような気がした
今日の自分は今日でおしまい。明日の自分は今日の自分とは違うんだ。「一日が一生だ」と僕は言うんだけれど、どんなときも一日一日を真剣に生きていくしかないんだよ。
今日のできごとは今日でおしまい。「一日が一生」という気構えで生きていくと、あんまりつまらないことにこだわらなくなる
ここ何年も経済の調子がよくないし、今年は東日本大震災も起きたから、悩みがあるとか苦しいなあと思っている人は多いでしょう。そういうときに、おざなりの理屈とか「癒しの言葉」を並べたってしょうがない。ありのままの姿を、そのまんま正直にとらえればいい。ものごとには真実以外に何もないんだから。
幸せはすべて脳の中にある
仕事でも何でもそうだけれど、アドバイスをしてくれる人ならいるかもわからない。でも、実際に行うのは自分だけ。それ以外にないんだからね。
自信を持つには、何でもコツコツ一生懸命に続けることだ
自分自身が感じて味わって初めて本当の意味で「知る」ことができる
人生って、こっちが疲れたら全部「しんどい」ってことになってしまいがち。考えを辛いことの一点に集中しすぎちゃう。しんどいところは休ませておいて、違うところに精神を集中させてみる
人生は積み重ねだから、重ねて、重ねてひとつのものができるんだ。
すぐに分からなくていい。時間がかかってもいいから、自分が実践してみたことや体験したことの意味を、大切に考え続けてみる。「ああ、あれはそういうことなのかもしれない・・・」と思ったとき、自分のものになっているのに気づく
そもそも自分で「やります」といったからには、自分を信じて進まなくちゃならないのが行なんだ。他人の助けなんて役に立たない。
大事なのは「いま」。そして「これから」なんだ
大事なのは実践するということなんだよ
地球上にはたくさんの人がいるけど、出会う人はその中のほんの一部
知識も財産も向こう(死)に持っていけない。死ぬ時に何も残っていない。死は怖いとか怖くないとか 目先のことにとらわれてはいけないよね
一日が一生と思って生きる。今日失敗したかって、へなへなすることない、落ち込むこともない
机の上で図面を見て計画を立てるのは大事だけれど、実際には、そのとおりにはいかないのが普通だよ。毎日が違う。自然というのはそういうものなんだ。

"

強い気持ちを持つには、人生を大局的に見ることだ。あらかじめ自分の生涯の路線を決めておく。そうすると、まわりの小さな利益とか細かな問題は放っておいてもいいんだから。

"

寺ですることだけが修行ではないよ。誰にとっても、生きていることが修行なんだな
天台では「教行一致」といって、教えと行うことは一体にならなきゃだめだと説いている。知ることと実践すること、どちらも大事なんだ。「おれは行をやった。もし勉強していたら、相当すぐれたやつができたんじゃないだろうか」って、自分ながら時々悔しい時がある
ともかく実践すること、とよく言うけど、実践してその意味がすぐ分かるというものではない。やはり理解するのには時間がかかる。仏教でいう「感得」とは、“感じて会得すること”だけど、自分なりに消化して、心の糧にすることなんじゃないかな
何が起きるかわからないのが世の中だから、慣れた道でも甘く見ないで、今日を真剣に歩かなかったら絶対に続かないんだよ。
何にも変わらないようにみえても自分自身はいつも新しくなっている
人間だって自然の一部。自然はいろいろな命が繋がり合っている。誰もがいろいろな命の中で生かされているんだ
人間は金持ちでも貧乏でも、頭が良くてもできが悪くても、誰でもいつかは死ぬ。死んだら終わり。誰も変わらないんだ
ひたすら歩くのは、歩きながら座禅しているのと同じ「歩行禅」といわれるもの。歩く中で何かを思いついたり、智恵が生まれたりする。書物や人に教わったりして知識を学ぶことも大事だが、ある程度学んだところで実際に動くことで智恵が生まれてくるんだよ
人からすごいと思われなくたっていいんだよ。坊さんは坊さんらしくする。いくらどんな行を何回やっても、何もつかむところがなかったら何の意味もないよな
仏さんは人生を見通している。仏さんは「道は開いてやるけれど、後は自分でもって考えなさい。」って言うんだな。簡単には人生の答えはくれない
周りの自分への対応が変わると、自分が偉くなったような気がしちゃう。そうなると、おごりが出てくるし、自分の心を磨かなくなる。現実の世界だけで勝負しようとしてしまうが、人生は見えている世界だけではないからね
身の丈に合ったことを毎日くるくる繰り返す
みんな、背伸びしたくなるの。自分の力以上のことを見せようと思って、ええかっこしようとするから、ちょっと足元すくわれただけでスコーンといっちゃう。自分の身の丈にあったことを、毎日毎日、一生懸命やることが大事じゃないの
むずかしい問題だなと思ったら自分の力でできそうな部分を見つけてそこからどんどん崩していけばゴールにたどり着けるんだ
無理せず、ひがまず、焦らず、慌てず。水の流れのごとく生きる。溜(た)まりに入ってもあわてることないよ。よどみも徐々に解かれていくから
余計なことを考えず、今、目の前にあることを一生懸命やるという気持ちだけをもっていればいい。そしてひとつ道を見つけたら、生涯それで生きていくと決める。腹をくくっていれば動揺したり迷ったりすることはない
(亡くなる3日前に)ただ、感謝だな……
(なぜ出家したのか)三十三歳で結婚したんだけれど、嫁さんが結婚二ヵ月で死んじゃったんだ
「いや、違う」「正しいのは自分だ」「それは違う」。見方が違うだけで、本当は同じものを見ているってことはないだろうか。角度や視点、経験、いろいろなもので案外簡単に左右されてしまう
「失敗したらどうしよう」なんて、やる気がないからそういうことを考えるんだ

Sponsored Link

-宗教家の名言
-

Copyright© 名言格言.NET , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.