世界中の著名人・経営者・アスリート・芸能人・映画・ドラマ・アニメ・漫画の名言格言集です。

名言格言.NET

スポーツ選手の名言・格言 体操選手の名言

【体操】内村航平の名言・格言

投稿日:

内村航平のプロフィール

uchimura-kohei

内村 航平(うちむら こうへい)

出身地:長崎県諫早市
生年月日:1989年1月3日
職業:体操選手オリンピック日本代表

日本を代表する体操選手。
オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む19個のメダル(金メダル10、銀メダル5、銅メダル4)を獲得している。

主な世界大会の成績

開催 大会名 出場競技 結果
2012年 ロンドン五輪 個人総合 金メダル
2016年 リオデジャネイロ五輪 個人総合 金メダル
2016年 リオデジャネイロ五輪 男子団体 金メダル
2008年 北京五輪 個人総合 銀メダル

【体操】内村航平の名言・格言

(2016年リオオリンピック個人総合の金メダル後インタビューにて)
嬉しいより幸せですね
僕は天才ではなく努力でここまでこれたと思っています。
人一倍努力しているという自負はあります。
(個人と団体は違いますか?)
全然違いますね。
個人で優勝してもうれしいですが、何か足りない感じがするんです
体操ニッポンを復活させる演技で金メダルを獲り、最高のドヤ顔をしたいと思います
宿命ですね。やるために生まれてきたという感じです。
体の続く限りずっと体操はやりたいですね
(6年後の自分へ)しんどくても、頑張れよ!
自分たちの強みを出した演技ができれば、絶対に一番になるのは日本だと思っています。
自分たちの体操を出すためには、やっぱり練習から試合を想定してやることが大事です
床だと特に、二人共世界チャンピオンになったことがあるんで、多分周りからしたら何話しているかわかんないレベルだと思います
僕は期待されるほどやる気も増して、応援してもらった分だけ演技で返そうという気が働きます。
ですから、プレッシャーも全くありません
試合でうまくいくためには練習がすごく大事です。
その練習で一番上の選手がしっかりやっていれば、(年齢が)下の選手も自然とついていくようになるのです
団体戦でも全種目でなければいけないと思いますが、言葉でなく演技で示せればいいなと思います
力任せにやっても美しい演技とは言えないですね。
練習の段階では、力任せにやることがありますが、試合では考えなくてもできるぐらいにはなっています
個人総合は3回優勝してますが、世界選手権・オリンピックでは団体金メダルを獲ったことがないので、その魅力を味わってみたいと思っています
(オリンピックを意識するようになったのはいつ頃ですか?)
小学校のときから出場できたらいいなと思っていましたが、現実的に目標としたのは高校3年ぐらいです
結構こういう取材とかでも、毎回ひと笑い起こしたいなっていうふうに思っているから
高校3年のときに日本の強化選手に選ばれて、そのときゆかが得意種目で、ちょうど日本が苦手とする種目だったんです。
僕が代表に入って力になりたいと思いました
(携帯の待受けを銀メダルにしてるのは本当ですか?)
本当です。
昨年の世界選手権は人生で一番悔しい銀メダルだったので。
次のオリンピックで金メダルに変えたいですね
なくてはならないですね。
たぶん床だったら、もう10年ぐらいずっとチャンピオンで居れるんじゃないですかね
全種目で決勝進出を狙いたいと思います
(出場種目が多くなりそうですが、大変ではないですか?)
大変ですね。
凄く辛いんですが、自分がその立場にあるというのが分かって、しんどいなとか思わなくなってきました
オリンピックの金メダルを取っても、まだ自分の演技に満足していない
演技でもいつやってもメダルが獲れるレベルまで練習してきています
『うわー。ここまでやるか?』みたいな。
でも一緒にチームとして戦うって考えた時は、いやもうそれ以上やってほしいなって思いましたね
それから年齢とともに技術も向上して、自信が生まれてきて、緊張がなくなりました
『シライ7(セブン)』が一番かっこいいな
一人だけ代表に決まってオリンピックの練習を5カ月もやらせてもらえたので、いつロンドンへ行っても大丈夫だと思います
北京とその後2回の世界選手権で銀メダルという結果が凄く悔しくて、特に世界選手権は金がと獲れていたのに獲れなかったことが心に残っています
一人だけ先に代表内定をもらって調整していましたので、今ロンドンに行っても大丈夫なぐらい演技は完成に近いです。
あとは体の調子をととのえれば言うことなしですね
やっと内村航平を証明できた
いやもう言われるまでもなく頼りますけど。はい。いやもう頼るしかないと思うんで。31ですもんね。今みたいに全種目フル活用とまではいかないと思うんで。やっぱ得意種目は、しっかり団体に貢献できるぐらいまでいって、あとは若者に任せようかなと
北京オリンピックのときと比べて、いろいろな経験を積んできているので、精神的にかなり自信が生まれました
何かもう、あき…らめ…ちょっと入りましたね。
最初見たときは。あの演技を見たときは…
もう何も出ないところまで出し切った
(白井選手を)5年生ぐらいから見てるんで…。
まあ弟みたいな存在ではありますよね。
ひねりも得意だし、似ている部分が結構多いんで
今回は、僕がチームを引っ張っていく気持ちが大きいです
体操は他の選手と競っているわけでなく自分との戦いなので、自分の理想にどれだけ近付けられるかが勝負ですので力がついてきた
(山室選手と)年も大学も同じで、この6年間一緒に壁も乗り越えてきたので、ロンドンオリンピックでも一緒に乗り越えていきたいと思います。
ピンチのときにはお互いにフォローしあえる仲なので、その辺がうまく機能すれば良い結果につながると思います
団体は皆で励ましあって、喜びを分かち合ってできるので楽しいですね。
団体のときの方が素直に喜びが表現できていると思います
なによりも、アテネの印象が凄く強くて……。
家で眠い目をこすりながらテレビを見ていたのですが、冨田さんが鉄棒の着地を決めて鳥肌が立ち、目が覚めましたのを覚えています。
最後に鉄棒の着地を決めて、結果もついてきているのでまさに理想ですね。
それを見て、いつかオリンピックの舞台に立ちたいなと思いました
初めての大きな大会が北京オリンピックでしたが、そのときは緊張というより大舞台で演技できる楽しさの方が強くて緊張しませんでした
やっと一人の寂しさから解放されました。
ようやく代表もそろって、大きな目標に向かってスタート地点に立ったという感じです
練習だけを信じて
やっぱ31歳になるので、体操選手としてはだいぶベテランのベテランくらいになるので、そこで絶対にしんどいのは分かっているので。
そこでオリンピックを目指すとなったら…頑張るしかないので。
だからまあ、しんどくても頑張って代表入れよっていう気持ちで書きました
個人総合は周りの選手が他国の選手などですし、一人でやっている感じがして……
僕は他のメンバーよりも代表に入っている期間が長くて、北京オリンピック、2010年、2011年の世界選手権と3回入っているのですが、昨年もまた銀メダルに終わってまたかという感じでした
いやもうなんか、その社会人1年目の、一緒に試合に出たときには『うわ、これこのままいったら絶対に抜かされるな』と思って、火は付けられたんですけど、2年後に一気に差がすごい開いちゃったんで、床に関しては
3歳から体操をはじめて21年ですけど、その集大成で臨めたらいいなと思います
チーム戦は、他の人のミスも得点に響いてくるので、それで金を取ったときの喜びは個人総合以上のものがある
ロンドンでは、元気・勇気そして感動を与えられる演技をしてより多くのメダルを日本に持って帰ってきたいと思います。
応援宜しくお願いします
種目別は、スペシャリストが集まっていてハイレベルな争いになり、決勝に残ることが難しいのでまずは残ることが目標です。
決勝に残ることができたら、メダルをより多く獲得できるよう頑張りたいです
筋トレとかはほとんどしていないです。
筋肉は体操だけで自然につきました
でも床はだいぶもう負けちゃってますけど。
でもどうにか食らいついて行きたいなっていうのはありますね。
自分も床得意なんで。一応。はい(笑)
若いチームですが、その中にベテラン選手と代表選手が混じったチームなので、美しい演技をする選手・パワフルな演技をする選手・勢いのある演技をする選手などいろんなタイプの選手がいて面白いと思います
人それぞれに違うと思いますが、僕は自分が演技をしているときに、空中にどの状態で・どこにいるのかが分かります。
多分子供頃からやっていたトランポリンで自然に身に付いたと思います
全日本選手権のときは少し不本意な演技でしたが、NHK杯でかなり近づいた感じです
ロンドンでは同じ失敗をしないように5人全員で回って練習を行う、とかしていけば、お互いのミスをカバーできることもあるかと思います
昨年、2人(山室選手と田中選手)とも東京で世界選手権を経験して、精神的にも強くなって試合に臨めると思います。
技術面は言うことはなく、KONAMIの選手3名で普段通りの精神面で試合に臨めるのが強みだと思います
演技でもいつやってもメダルが獲れるレベルまで練習してきています
今回の団体は、かなり金メダルに近いチームだと思います。
本番では素晴しい演技を見せたいです
個人総合は、ミスをしない演技、そして着地をどれだけまとめられるかがポイントになると思います
ロンドンオリンピックが終わるまでは、気が抜けない状態ですね。
終わってからは、携帯の待受けが変わっているか楽しみです
(ロンドンでの目標は?)
団体金メダルです。
そのいい流れで個人総合、種目別に繋げていきたいと思います
4年前のときはオリンピックがどんな試合がわからずに期待だけを抱いてましたが、今はオリンピックがどんな試合かわかっているので、自分がチームを引っ張っていかなければいけないという責任感があります
そんな2年でそんな変わるかな~みたいな(笑)ぐらい成長してたんで、間違いなく代表にも入ると思ってましたし、その構成で世界選手権行けば間違いなく金メダルを獲れるというのも、分かってたんで。ちょっと驚きでしたよね
後で映像で見るともちろん自分のミスなのですが、感覚的には外から力を加えられて落とされたという表現が一番合う感じでした。
選手村に戻ってからもずっと考えて、ああ、これが魔物かと思いました
体操の質で言ったら、日本は絶対負けてない。
自分たちの演技とミスがない演技ができれば絶対に勝てると思います
みんなは着地を止めにいって止めていると思うのですが、僕は止まるところで技を終わらせていれば、勝手に止まるという印象なんです
自分の限界がどこにあるのか、自分でもわからない
個人総合も種目別も、狙っているというか、獲れるように準備をしているので、団体を乗り切ってそのいい流れで臨めればと思います
子供のときはよく人形を使ってイメージトレーニングをしていました。
やりたい技と同じように人形を動かしてみてイメージを作る感じです。
今はそのおかげで、演技中にどこにいて・どの状態かわかるようになりました
今の日本は誰が代表になっても、ミスさえしなければ金メダルを狙えると思います。
そういった意味で団体金メダルの自信はかなりあります。本番までメンバーがどのように仕上がっていくのか、自分がどこまで高まるのかとても楽しみです
北京オリンピックで初めて代表に入ったとき、団体で負けるのがこんなに悔しい思い出が今でも残っています。
団体では金メダルをまだ獲ったことがないのも大きいですね
まだ限界じゃない。
どこまでいけるか分からないけど、自分の限界に挑戦したい
初めて一緒に試合したのが僕が社会人1年目の時の全日本種目別選手権で、そんとき中学3年だったんですけど、その時は、まだ負けないなって思ったんですよ
(次第に金メダルへの期待は高くなってますか?)だいぶ高くなってますね。誰がどの種目にでるのか、どの種目にでなければいけないのか、そしてどんな演技をしなければいけないのか、それぞれがシミュレーションしてると思うので、それを合宿で高めていけば現実になると思います
僕はオールラウンダーなんですが、今回のオリンピックではスペシャリストとして種目別でもメダルが狙えるよう高難度の技に取り組んできたのでとても楽しみです
体操はすごく考える競技で、頭を使いますね。
いろいろなことを考えて、少しずれがでても多少戻せるようにとか、そこまで考えます

Sponsored Link

-スポーツ選手の名言・格言, 体操選手の名言
-,

Copyright© 名言格言.NET , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.