TAG

東京都

松本潤の名言格言128選

松本潤(まつもとじゅん) 日本のタレント、俳優、歌手。愛称は「松潤」。男性アイドルグループ・嵐のメンバー。2001年『金田一少年の事件簿』でテレビドラマ初主演。『ごくせん』に出演し、ドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞。『花より男子』が高視聴率をマーク、自身もドラマアカデミー賞助演男優賞を受賞。 松本潤の名言格言 好意的な声には、アイドルの嵐として全力で返したい 嵐はかけがえのない存在 過去を振り返 […]

大野智の名言格言89選

大野智(おおのさとし) 日本の男性タレント、俳優、歌手、ダンサー、芸術家。男性アイドルグループ・嵐のメンバーであり、メインボーカル及びリーダーを務める。愛称は「大ちゃん」「リーダー」。CM曲を担当したり、別名義でソロシングルをリリースしている。嵐のコンサートでは、曲の振り付けも手がける。日本テレビ系列24時間テレビにてチャリTシャツのデザインを担当したり、デビュー前から10年にわたり制作してきたア […]

宮崎駿の名言格言124選

宮崎駿(みやざき はやお) 日本の映画監督・アニメーター・漫画家。株式会社スタジオジブリ取締役、公益財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事長、三鷹の森ジブリ美術館名誉館主(初代館主)。『となりのトトロ』『魔女の宅急便』『もののけ姫』などの劇場用アニメーションを監督し、『千と千尋の神隠し』でベルリン国際映画祭金熊賞とアカデミー長編アニメ映画賞を受賞した。2014年には日本人で2人目のアカデミー名 […]

竹内洋岳の名言格言40選

竹内洋岳(たけうち ひろたか) 日本の登山家。世界で29人目で、日本人唯一の8000メートル峰全14座の登頂者。 竹内洋岳の名言格言 私の十四座登頂達成について、「日本の登山の新しい扉を開いた」と言ってくれた人がいます。でも、違うのです。新しいステージへと続く扉は、とっくに開かれていた。開かれているのに、負の遺産を抱えているから、なかなか次のステージへと移行することができなかったのです いつもゼロ […]

新井白石の名言格言13選

新井白石(あらいはくせき) 江戸時代中期の旗本・政治家・朱子学者。一介の無役の旗本でありながら6代将軍・徳川家宣の侍講として御側御用人・間部詮房とともに幕政を実質的に主導し、正徳の治と呼ばれる一時代をもたらす一翼を担った。家宣の死後も幼君の7代将軍・徳川家継を間部とともに守り立てたが、政権の蚊帳の外におかれた譜代大名と次第に軋轢を生じ、家継が夭折して8代将軍に徳川吉宗が就くと失脚し引退、晩年は著述 […]

杉田玄白の名言格言11選

杉田玄白(すぎたげんぱく) 江戸時代の蘭学医。若狭国小浜藩医。著名な実績として『解体新書』(『ターヘル・アナトミア』の和訳)。 杉田玄白の名言格言 明日の是は慮念すべからず 飲と食とは度を過ごすべからず 為すべきは人にあり。成るべきは天にあり 動作を勤めて、安を好むべからず おのれ上手と思わば、下手となるの兆しと知るべし 壮実を頼んで、房をすごすべからず 事なき時は薬を服すべからず 一滴の油、これ […]

星新一の名言格言43選

星新一(ほししんいち) 日本の小説家、SF作家。膨大な作品量でありながら、どの作品も質の高さを兼ね備えていたところから「ショートショート(掌編小説)の神様」と呼ばれているが、『明治・父・アメリカ』、父親や父の恩人花井卓蔵らを書いた伝記小説『人民は弱し 官吏は強し』などのノンフィクション作品もある。小松左京・筒井康隆と共に「SF御三家」と呼ばれる。 星新一の名言格言 自分の足で、汗を流して登山するか […]

池波正太郎の名言格言30選

池波正太郎(いけなみしょうたろう) 戦後を代表する時代小説・歴史小説作家。『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』『真田太平記』など、戦国・江戸時代を舞台にした時代小説を次々に発表する傍ら、美食家・映画評論家としても著名であった。 池波正太郎の名言格言 気分転換がうまくできない人は仕事も小さくなってくるし、体も壊すことになりがちだね 人のこころの奥底には、おのれでさえわからぬ魔物が棲んでいる […]

竹内薫の名言格言50選

竹内薫(たけうちかおる) 日本のサイエンスライター、作家。湯川薫名義で小説も執筆している。物理、数学、脳、宇宙などの分野で解説書を執筆している。 竹内薫の名言格言 うまくいかない理由はあなたが目標を設定してないからですよ 世界の見え方自体が、あなたの頭のなかにある仮説によって決まっているわけなのです 英語と日本語とでは情報の質も量も格段の差がありますから、できれば英語の情報に接するのがベスト。 ど […]

18代目・中村勘三郎の名言格言40選

18代目・中村勘三郎(なかむらかんざぶろう) 歌舞伎役者、俳優。本名は波野 哲明(なみの のりあき)。屋号は中村屋。歌舞伎役者としては江戸の世話物から上方狂言、時代物、新歌舞伎から新作など、幅広いジャンルの役柄に挑み続けたことで知られた。 18代目・中村勘三郎の名言格言 一番のストレス解消は愛する人のそばに居ることである 何のためにやるのかという意味がはっきり分かっていないと、そこにあるのは肉体だ […]