TAG

紀元前

釈迦の名言格言74選

釈迦(しゃか) 職業:僧侶 誕生:紀元前5世紀前後 死没:不明 出身:北インド 仏教の開祖である。姓名はサンスクリット語の発音に基づいた表記ではガウタマ・シッダールタ、パーリ語の発音に基づいてゴータマ・シッダッタとも表記される。 Sponsored Link 釈迦の名言格言 他の人たちが「安楽だ」と言うものを、聖者たちは「苦しみである」と言う。他の人たちが「苦しみだ」と言うものを、聖者たちは「安楽 […]

始皇帝の名言格言集

始皇帝(しこうてい) 職業:秦の第31代王、初代皇帝 誕生:紀元前259年2月18日 死没:紀元前210年 出身:趙の首都・邯鄲 名はえい政または趙政。現代中国語では、秦始皇帝、または秦始皇と呼称される。秦王として即位したのち、紀元前221年に中国史上初の全国統一を成し遂げ、初めて「皇帝」と名乗った。統一後は、重臣の李斯らとともに主要経済活動や政治改革を実行した。従来の配下の一族等に領地を与えて領 […]

ヘラクレイトスの名言格言40選

ヘラクレイトス(Heraclitus) 職業:哲学者、自然哲学者 誕生:紀元前540年頃 死没:紀元前480年頃? 出身:古代ギリシア 著書といわれる『自然について』は現存せず、引用によってのみ断片が伝わる。この書は『万有について』『政治について』『神学について』の三書を総合したものであるともいわれる。 Sponsored Link ヘラクレイトスの名言格言 万事に渡り、運命による定めがある。 万 […]

ユークリッド(エウクレイデス)の名言格言10選

ユークリッド(エウクレイデス)(Euclid) 職業:ギリシャ系数学者、天文学者 誕生:紀元前330年頃 死没:紀元前275年頃 出身:不詳(居住はプトレマイオス朝(現・エジプト) アレクサンドリア) プトレマイオス1世治世下(紀元前323年-283年)のアレクサンドリア(現在のエジプト領アレクサンドリア)で活動した。『原論』は19世紀末から20世紀初頭まで数学(特に幾何学)の教科書として使われ続 […]

モーゼの名言格言11選

モーゼ(Moses) 職業:古代イスラエルの民族指導者 誕生:不明 死没:不明 出身:古代エジプト 旧約聖書の『出エジプト記』などに現れる、紀元前16世紀または紀元前13世紀ころに活躍したと推測されている、古代イスラエルの民族指導者である。正教会ではモイセイと呼ばれ聖人とされる。モーセはユダヤ教・キリスト教・イスラム教およびバハーイー教など多くの宗教において、最重要な預言者の一人とされる。伝統的に […]

ホラティウスの名言格言45選

ホラティウス(Horatius) 職業:詩人 誕生:紀元前65年12月8日 死没:紀元前8年11月27日 出身:古代ローマ アウグストゥスと同時代に生きたラテン文学黄金期の詩人で、ウェルギリウスと並んで評価される。書簡詩『詩について』(Ars poetica)はアリストテレスの『詩学』と並んで、古典主義詩論で重要視された。このなかの一節「詩は絵のように(ut pictura poesis)」は、の […]

ホメーロスの名言格言26選

ホメーロス(Homerus) 職業:吟遊詩人 誕生:紀元前8世紀? 死没:不詳 出身:古代ギリシア 西洋文学最初期の2つの作品、『イーリアス』と『オデュッセイア』の作者と考えられている。今日でもなお、ホメーロスが実在したのかそれとも作り上げられた人物だったのか、また本当に2つの叙事詩の作者であったのかを断ずるのは難しい。それでも、イオニアの多くの都市(キオス、スミルナ、コロポーンなど)がこのアオイ […]

ヘロドトスの名言格言30選

ヘロドトス(Herodotus) 職業:歴史家 誕生:不詳 死没:紀元前430年以降 出身:古代ギリシア 歴史という概念の成立過程に大きな影響を残していることから、歴史学および史学史において非常に重要な人物の1人とされ、しばしば「歴史の父」とも呼ばれる。彼が記した『歴史』は、完本として現存している古代歴史書の中では最古のものであり、ギリシアのみならずバビロニア、エジプト、アナトリア、クリミア、ペル […]

孔子の名言格言41選

孔子(こうし) 職業:思想家、哲学者 誕生:紀元前552年または紀元前551年 死没:紀元前479年 出身:中国 儒家の始祖。氏は孔、諱は丘、字は仲尼(ちゅうじ)。孔子とは尊称である(子は先生という意味)。ヨーロッパではラテン語化された”Confucius”(孔夫子の音訳、夫子は先生への尊称)の名で知られている。読みの「こうし」は漢音、「くじ」は呉音。釈迦、キリスト、マホメ […]

韓非子の名言格言30選

韓非子(かんぴし) 職業:思想家 誕生:紀元前280年?  死没:紀元前233年 出身:中国 元来は単に韓子と呼ばれていたが、唐代の詩人韓愈を韓子と呼ぶようになると韓非子と呼ぶことが一般化した。韓非の思想は著作の『韓非子』によって知られる。金谷治によれば、韓非の著作として確実と考えられるのはまず『史記』に言及されている「五蠹」編と「孤憤」編で、さらに「説難」編・「顕学」編である。その中心思想は政治 […]