世界中の著名人・経営者・アスリート・芸能人・映画・ドラマ・アニメ・漫画の名言格言集です。

名言格言.NET

幕末の人物の名言

吉田松陰の名言・格言

投稿日:

吉田松陰

yoshida-shoin

吉田 松陰(よしだ しょういん)

出身地:長州萩城下松本村(現:山口県萩市) 生誕:1830年9月20日 死没:1859年11月21日 職業:武士(長州藩士)、思想家、教育者

一般的に明治維新の精神的指導者・理論者・倒幕論者として知られる。私塾「松下村塾」で、後の明治維新で重要な働きをする多くの若者に思想的影響を与えた。

Sponsored Link

吉田松陰の名言・格言

思想を維持する精神は、狂気でなければならない
君たち、狂いたまえ
つまらない人が見るのは形である。立派な人が見るのは心である
才あれども勤めずんば、何をもって才を成さんや
恥を知らないということほど恥ずかしいことはない
計画が失敗するほど志が堅くなる。天が我々を試しているのだ。失敗を気にする必要などない
一つ善いことをすれば、その善は自分のものとなる。一つ有益なものを得れば、それは自分のものとなる。一日努力すれば、一日の効果が得られる。一年努力すれば、一年の効果がある
今日の読書こそ、真の学問である
つまらぬ名言を費すよりも、至誠を積み蓄えなさい
政治を行う上で重要なことは、人々を鼓舞してやる気にさせ、自分から進んで努力しようという気持ちを持たせることだ
いたずらに身を衛(まも)ることを知る者、いずくんぞよく国(やす)を安んぜんや
悔いるよりも今日直ちに決意して、仕事を始め技術をためすべきである。何も着手に年齢の早い晩いは問題にならない
賢明な君主や賢く優れた将軍など立派な上役というものは、まず心(腹)を決めるものである。上役の心が決まれば、部下たるもの、どうしてそれに従わないことがあろうか
末の世において道義を実践したならば、必ずその時の人々から極端だといわれるであろう。もしまた、世人から極端だといわれるくらいでなければ、決して道義ではないのであって、すなわち世俗に同調し濁った世に迎合したものにすぎない
同じではない人を同じにしようなどとせず、いわゆる、その人の優れた才能を育てることに努めるべきである
17、18の死が惜しければ、30の死も惜しい。80、90、100になってもこれで足りたということはない。半年と云う虫たちの命が短いとは思わないし、松や柏のように数百年の命が長いとも思わない。天地の悠久に比べれば、松柏も一時蠅(ハエのような存在)なり
志定まれば、気盛んなり
志を立てるためには人と異なることを恐れてはならない、世俗の意見に惑わされてもいけない
材なきを憂へず、その材を用いざるを憂う
学問とは、人間はいかに生きていくべきかを学ぶものだ
君子に大切なことは、志と肝だけである。志がなく、肝がすわっていなければ、わずかな才能や知識があったとしても、何の役に立つであろうか
平凡で実直な人間などいくらでもいる。しかし、事に臨んで大事を断ずる人物は容易に求めがたい。人のわずかな欠陥をあげつらうようでは、大才の士は、もとめることが出来ない
親思う心にまさる親心
天下のことをなすは、天下有志の士と志を通ずるにあらざれば得ず
どんな人間でも一つや二つは素晴らしい能力を持っているのである。その素晴らしいところを大切に育てていけば、一人前の人間になる。これこそが人を大切にするうえで最も大事なことだ
剛直でくじけず、自分を信じてくれた人に背かなければ、不幸にも、うまくいかなかったとしても、自分を信じてくれる者はますます多くなり、再び立ち上がった時には、思いをなし遂げることが必ずできる
士は過ちなきを貴しとせず、過ちを改むるを貴しとなす
創業は難しいようで易しい、守成は簡単に見えて難しい
我は我が志を行わんのみ
立派な人の道において最も大切なのは義である。義は勇気によって行動に移され、勇気は義にふれることによりさらに大きく成長する
人と交際する際には、あるがままの心で接することが大切である
人間には精気というものがあり、人それぞれに精気の量は決まっている。この精気なるものは抑制すべきである。抑制すればやがて溢出する力が大きく、ついに人間、狂にいたる。しかし、おのれの欲望を解放することによって、固有の気が衰え、ついに惰になり、物事を常識で考える人間になってしまう
私は人を信じて失敗することがあっても、人を疑って失敗することは絶対無いようにしたい
何もせずに機会を失ってしまうのは、人の罪である
他人が何と言おうと、死を求めることなく、死から逃げることなく、牢に入っては牢で出来ることをし、牢を出てはそこで出来ることをするだけだ
大事なことを任された者は、才能を頼みとするようでは駄目である。知識を頼みとするようでも駄目である。必ず志を立てて、やる気を出し努力することによって上手くいくのである
人間が生まれつき持っているところの良心の命令、道理上かくせねばならぬという当為当然の道、それはすべて実行するのである
教えるの語源は「愛しむ」。誰にも得手不手がある、絶対に人を見捨てるようなことをしてはいけない
世に認められるかそうでないかは、天命による。自分にとってはどうでもいいことである。自分が楽しいことをして楽しむ。それだけで満足なのだ
法律をやぶったことについてのつぐないは、死罪になるにせよ、罪に服することによってできるが、もし人間道徳の根本義をやぶれば、誰に向かってつぐないえるか、つぐないようがないではありませぬか
夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし
身体が死滅しても、その精神が死んでいないものは、昔の聖人や賢者らであり、これらは永遠に朽ちることのない人である。身体は死滅していないが、精神が死んでいるのは、今のくだらない人間の類であり、生きながら死んでいる人である
読書というものは、最もよく人の心を変えるものである。書というものは、何と恐るべきものだろうか
人の心は上の命令に従わず、上の好みに従うものである。今上の地位にある者はこの事をよく考え、安易な方へ流れる欲を絶ち、戦場に身を置いているような気持ちで自ら実践するならば、命令をしなくても自ら従う
生を捨ててみれば、視界は雲なく露なくきわめて澄みわたり、世の現象がいかにもクッキリとみえ、自分が何をすべきかの道も、白道一筋、坦々として眼前にあります
学というものは進まざれば必ず退く。故に日に進み、月に漸(すす)み、ついに死すとも悔(く)ゆることなくして、始めて学というべし
一日一字を記さば一年にして三百六十字を得、 一夜一時を怠らば、百歳の間三万六千時を失う
「国家とともに」という志がないならば、人ではないのである
自分の価値観で人を責めない。一つの失敗で全て否定しない。長所を見て短所を見ない。心を見て結果を見ない。そうすれば人は必ず集まってくる
才能を伸ばし、人としての徳を身につけることは、辛く、苦しいことだ

Sponsored Link

> 続きを読む 

-幕末の人物の名言
-

Copyright© 名言格言.NET , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.