カール・マルクスの名言格言43選

カール・マルクス(Karl Marx)

職業: 誕生:1818年5月5日 死没:1883年3月14日 出身:

包括的な世界観および革命思想として科学的社会主義(マルクス主義)を打ちたて、資本主義の高度な発展により社会主義・共産主義社会が到来する必然性を説いた。資本主義社会の研究は『資本論』に結実し、その理論に依拠した経済学体系はマルクス経済学と呼ばれ、20世紀以降の国際政治や思想に多大な影響を与えた。

Sponsored Link

カール・マルクスの名言格言

私は醜い男である。しかし、私は自分のために最も美しい女性を買うことができる。だから、私は醜くない。というのも、醜さの作用、人をしてぞっとさせるその力は貨幣によって無効にされているからだ

この名言いいね! 0
人間にかんすることで自分に無関係なものはない

この名言いいね! 0
戦いか、死か。血まみれの戦いか、無か。問題は厳として、こう提起されている

この名言いいね! 0
労働者階級は、できあいの国家機構をそのまま掌握して、自分自身のために使用することはできない

この名言いいね! 0
何をするにも最初が肝心、という格言はどんな学問にもあてはまる

この名言いいね! 0
自由であるということは、自分の幸せを選べるということでもある

この名言いいね! 0
汝の道を行け、しかして、あとは人の語るにまかせよ。

この名言いいね! 0
共産主義は完成した自然主義として人間主義であり、完成した人間主義として自然主義である

この名言いいね! 0
愛とは本来臆病なものであり、控えめなものです

この名言いいね! 0
あまりにも多く有用なものが生産され過ぎると、役に立たない人間が多くなり過ぎる結果となる

この名言いいね! 0
悪い面こそ歴史をつくる運動を生みだすのである

この名言いいね! 0
不正な手段を必要とするような目的は、正当な目的ではない

この名言いいね! 0
人間が宗教をつくるのであって、宗教が人間をつくるのではない

この名言いいね! 0
人間が集団で生きていくにあたってもっとも肝心なことは、ひとりひとりの人間の柔軟な感性と個性に対応できるようなシステムが保証されていることである

この名言いいね! 0
人間の意識がその存在を規定するのではなくて、逆に、人間の社会的存在がその意識を規定するのである

この名言いいね! 0
役に立つ物が増え過ぎると、役に立たない者が増え過ぎる

この名言いいね! 0
人間とは、自分の運命を支配する自由な者のことである

この名言いいね! 0
思想が現実に迫るのみでは十分ではない。現実が自ら思想に迫るのでなければならない

この名言いいね! 0
哲学者たちは世界をさまざまに解釈してきただけだ。世界を変えることが大切なのに

この名言いいね! 0
歴史という物は、必ず繰り返す。先ず悲劇として、次は茶番として

この名言いいね! 0
宗教は抑圧された生物の嘆息である

この名言いいね! 0
人間を人間として、また世界に対する人間の関係として前提してみたまえ。そうすると、君は愛をただ愛とだけ、信頼をただ信頼とだけ、交換できるのだ

この名言いいね! 0
教育もまた、教育を必要としないだろうか?

この名言いいね! 0
ローマの奴隷は鎖によって、賃金労働者は見えない糸によって、その所有者に繋がれている。賃金労働者の独立という外観は、個々の雇い主が絶えず替わることによって、また契約という擬制によって維持されているのである

この名言いいね! 0
もし、事物の現象形態と本質とが直接に一致するならば、一切の科学は不要である

この名言いいね! 0
宗教は民衆の阿片(あへん)である

この名言いいね! 0
豊かな人間とは、自身が富であるような人間のことであって、富を持つ人間のことではない

この名言いいね! 0
すべてを疑え

この名言いいね! 0
万国の労働者よ団結せよ!

この名言いいね! 0
これまでの全ての社会の歴史は、階級闘争の歴史である

この名言いいね! 0
資本制私有財産の最後の時が鳴る。収穫者たちが収穫される

この名言いいね! 0
自らの道を歩め。他人には好きに語らせよ

この名言いいね! 0
あらゆる我々の発明は、知的生活を伴う物質的諸力を授けたが、人間の生活を物質的な圧力に屈服させた

この名言いいね! 0
議会制度を殺害した帝政は議会制自身の創造物であった

この名言いいね! 0
出てけ、失せろ。最期の言葉なんてものは、生きてるうちに言いたいことを全部言わなかったバカ者どもが口にするものだ

この名言いいね! 0
意識改革を説いてオチをつける論文はみな眉唾だ

この名言いいね! 0
世界史としての歴史は結果である。世界史に偶然の権利を認めること

この名言いいね! 0
例えば、この人が王であるのは、単に他の人々が彼に対して臣下として振舞うからでしかない。?ところが、逆に彼らは、彼が王だから自分たちは臣下だと思い込んでいるのである

この名言いいね! 0
現在の社会は決して固定した結晶体ではなく、変化することの可能な、そして常に変化の過程にある有機体なのだ

この名言いいね! 0
学問には平坦な大道はありません。そして学問の険しい坂道をよじのぼる労苦をいとわない者だけに、その明るい頂上にたどりつく見込みがあるのです

この名言いいね! 0
理論も大衆をとらえるやいなや物理的権力となる

この名言いいね! 0
各人はその能力に応じて、各人にはその必要に応じて

この名言いいね! 0
労働者は、生産すればするほど、自分が消費するものは減り、価値あるものを創造すればするほど、自分は価値も尊厳もないものになってしまう

この名言いいね! 0