フォン・ブラウンの名言格言集

フォン・ブラウン(Wernher von Braun)

職業: 誕生:1912年3月23日 死没:1977年6月16日 出身:

工学者であり、ロケット技術開発の最初期における最重要指導者のひとりである。第二次世界大戦後にドイツからアメリカ合衆国に移住し、研究活動を行った。旧ソ連のセルゲイ・コロリョフと共に米ソの宇宙開発競争の代名詞的な人物である。

Sponsored Link

フォン・ブラウンの名言格言

彼にとって大切なことは、いかにして大きなロケットを造り遠くに飛ばすかということだった。技術は何のためにあるか、そんなことを考える暇があったら計算用紙に取り組んだという人だった

この名言いいね! 0
もし私たちが今、十分なサポートの下に組織的な宇宙開発を始めれば、現実的な有人ロケットを10年以内に開発しテストできると私は信じています。

この名言いいね! 0
宇宙に行く為なら悪魔に魂を売り渡してもよいと思った

この名言いいね! 0
有人宇宙飛行は…これまでのところ、果てしなく広がる宇宙を覗くための、ほんの小さな扉を開けてくれたに過ぎない。この覗き穴から宇宙の限りない謎を考察する時、その創造者に対する我々の信仰は強められる。

この名言いいね! 0
地球上を旅するのと同じ手軽さで、太陽系を旅行することができるようになる。

この名言いいね! 0
私は月まで届くようなロケットを作りたかった。あの時代のドイツでそのような大型ロケットを開発できるのは軍だけだった。私は宇宙へ人間を飛ばす目的の為ならば悪魔と手を握っても働き続けたと思う。

この名言いいね! 0