ポール・ゴーギャンの名言格言11選

ポール・ゴーギャン(Paul Gauguin)

職業: 誕生:1848年6月7日 死没:1903年5月8日 出身:

フランスのポスト印象派の画家。ポール・セザンヌに「中国の切り絵」と批評されるなど、同時代の画家たちからの受けは悪かったが、没後西洋と西洋絵画に深い問いを投げかけたゴーギャンの孤高の作品群は、次第に名声と尊敬を獲得していった。

Sponsored Link

ポール・ゴーギャンの名言格言

(印象派について)彼らはもっぱらその装飾の結果のために、真実を妨害するように、自由なしで、色を使っています。彼らは目だけで物を見て、神秘的な思念を基にしていません。彼らは単に明日の公式画家です。

この名言いいね! 0
芸術は、盗作であるか革命であるか、そのいずれかだ。

この名言いいね! 0
恋する女であれ。
そうすれば幸せになれる。
神秘的な女であれ。
そうすれば幸せになれる。

この名言いいね! 0
我々はどこから来たのか?我々は何者なのか?我々はどこへ行くのか?

この名言いいね! 0
見るために、私は目を閉じる。

この名言いいね! 0
覚めていて夢みることは、眠っていて夢みることとほとんど同じである。』

この名言いいね! 0
熱帯の夜の静寂の中で、私が私の心からの囁きと柔軟な音楽を聞くことができます。

この名言いいね! 0
ぜんぜん文明化されていない環境と、まったき孤独が、死の間際にいたり、私の内部で、最後の熱情のひらめきを復活させるのです。
そしてその熱情こそ、私の想像力を、今いちど燃やし、私の才能を、最後の出口へと導いてくれるものなのです。

この名言いいね! 0
苦しい時には、自分よりもっと不幸な男がいたことを考えよ。

この名言いいね! 0
文明とは、麻痺状態のことだ。

この名言いいね! 0
私は、愛したいと思いながら、それができない。私は、愛すまいと思いながら、それができない。

この名言いいね! 0