マリー・アントワネットの名言格言集

マリー・アントワネット(Marie Antoinette)

職業:フランス国王ルイ16世の王妃 誕生: 1755年11月2日 死没:1793年10月16日 出身: 

フランスの資本主義革命「フランス革命」で処刑された。マリア・テレジアの娘であり、「美貌、純情な反面、軽率、わがまま」だったとされており、乱費や民衆蔑視によって国民から反発されていた。ヴェルサイユの宮廷生活を享楽し、その浪費などから「赤字夫人」「オーストリア女」と呼ばれた。

Sponsored Link

マリー・アントワネットの名言格言

女心は、どんなに悲しみで一杯になっても、お世辞や恋を受け入れる片隅がどこかに残っているものだ。

この名言いいね! 0
ごめんなさいね、わざとではありませんのよ。でも靴が汚れなくてよかった

この名言いいね! 0
子どもたちを残していくことだけが心残りです。私が生きてこられたのは、あの子たちと、やさしく親切なあなたがいらっしゃったから。何もかも犠牲にしてくださったあなたを、私はなんという状態のなかに残していかなければならないのでしょう

この名言いいね! 0
不幸な暮らしをしながら私たちに尽くしてくれる人々を見たならば、彼らの幸せのためにこれまで以上に身を粉にして働くのが私のつとめだというのは当然のことです

この名言いいね! 0
何もいりません。全て終わりました

この名言いいね! 0
あらゆる浪費の中で、最も咎むべきは時間の浪費である

この名言いいね! 0
パンがなければお菓子を食べればいいじゃない

この名言いいね! 0