ランス・アームストロングの名言格言集

ランス・アームストロング(Lance Armstrong)

職業:元自転車プロロードレース選手 誕生:1971年9月18日 出身:アメリカ合衆国テキサス州プレイノ

癌に脳まで冒されながらも奇跡的に復活し、その後1999年から2005年にかけてツール・ド・フランスを7連覇した選手として世界的に著名であったが、この7連覇はドーピング問題により後に取り消された。

Sponsored Link

ランス・アームストロングの名言格言

「あらゆるマイナスをプラスに変えなさい」と母は言う。無駄なことはなに一つない、あらゆることを利用しなさい、昔の傷や屈辱は張り合うエネルギーのもとになる。

この名言いいね! 1
耐久レースで一流の選手になるには、誰もが感じる気後れを飲み込み不平を言わずに耐え忍ぶ能力が不可欠だ。要は、歯を食いしばって耐えればいいことではたからどう見えようが、最後まで残ればいいのだ。

この名言いいね! 1
運動選手が社会に対してできる働きの一つは、人間の力でここまでできる という可能性を示すことができることだ。人々が限界を考え直し、壁と思えるものも実は単なる心の中の障害にすぎないと考えらるようにすることだ。

この名言いいね! 1
僕の人生は長くつらい上り坂を上るためにある。

この名言いいね! 1
この日をつかめ。残された日々がどれだけであろうが、僕は日々を満足いくように生きていこう。

この名言いいね! 1
病気は僕という人間を、屈辱的なまでに素っ裸にし、僕は容赦のない目で自分の人生を振り返ることを余儀なくされた。「もし生き残れるとしたら、いったいどんな人間になりたいのか。」 断言していい。癌は僕の人生に起こった最良のことだ。

この名言いいね! 2