三木谷浩史の名言格言125選

三木谷浩史(みきたにひろし)

職業:実業家,慈善活動家 誕生:1965年3月11日 出身:兵庫県神戸市

楽天株式会社の創業者で代表取締役会長兼社長、プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルス会長兼球団オーナー、Jリーグ・ヴィッセル神戸会長他。

Sponsored Link

三木谷浩史の名言格言

Amazon.com やeBayは、商品を中心に構築されている。しかし楽天は出店者を中心としたインターネット商店街であり、商品街ではない

この名言いいね! 0
若さをいい訳にするな。プロのビジネスパーソンであれ。してはいけないことは、仕事でできない理由を言うことです。どうやって目標を達成するかということを考えるより、できない理由を挙げるほうが簡単ですから

この名言いいね! 0
ビジネスにおける大きな決断は、実は最後は直感で行っている。ただ強調したいのは『直感』と『やま勘』は違うということ。直感で決めても、その後に必ず結果を分析し、フレームワークとして持つようにしている

この名言いいね! 0
人間的なサービスこそが、インターネットビジネスの鍵だと考えている

この名言いいね! 0
ひとつのビジネスモデルが、大筋では間違っていないのに、ディテールが駄目で失敗している、ということがよくある。何か新しいビジネスを始めて、上手くいかないと、たいていそれで諦めてしまう。失敗したときには、ビジネスモデルが本質的に間違っているのか、それともディテールに問題があったのかを見極めるべきだ。上手くいかないからといって、すべてを諦めてしまうのは、あまりに早計だ。早い話が、いくらいい商品を売っていても、店員にやる気がなければ売れないのだ。現実のビジネスでは、そういうことが実に頻繁に起きている

この名言いいね! 0
これからの企業は、ひとつの国のようなものになるだろう

この名言いいね! 0
パンドラの箱の底に、希望という名の妖精が隠れていたように、希望の種は必ずどこかにあるものなのだ

この名言いいね! 0
リーダーとは指揮官であり、教育者であり、戦略家である

この名言いいね! 0
不調なときでも、成功している人(部署)を探し、分析せよ

この名言いいね! 0
僕はよくリスクテイカーだと言われます。でも、本当はそうじゃない。限りある自分の人生を、精一杯やったんだと思いたいだけ。人生を後悔するという最大のリスクを回避しているんです

この名言いいね! 0
浮き沈みはこれからもあるかと思うが一歩先回りをして勇気を持って踏み込んでいくことが大事

この名言いいね! 0
仕事の本質は自分で問題を発見することだ

この名言いいね! 0
地球のすべての人が、幸せになれるようなシステムを築くの僕の夢だ

この名言いいね! 0
みんなが成功するとわかった時にはもう遅い

この名言いいね! 0
世界のビジネス界において「カイゼン」という言葉は、一番よく知られた日本語のひとつでもある。それは使い古された言葉だけれど、太陽が何千回地平線から昇ろうと太陽のことを古いという人がいないように、改善という言葉は人間がビジネスをしていく限り永遠に使い続けられるはずだ

この名言いいね! 0
仕事が生きがいという以上に、素晴らしい人生はない

この名言いいね! 0
大雑把に考えて、一日の70%は無駄なことをしていると、思った方がいいくらい、人は無駄なことをしている

この名言いいね! 0
自分がやるとなぜうまくいくのか。それを徹底的に分析し、もう一度自分で理解した上で、部下に伝えることの出来る教育者でなければならない

この名言いいね! 0
スキルとは、すなわち能力

この名言いいね! 0
「サラリーマン」とは、自分の時間を切り売りするのが仕事だと思っている。当事者意識を持たない人という意味だ

この名言いいね! 0
高級スーツに身を包み、気取って話をするより、汗をかきながらでも一生懸命に話をした方が相手がよく聞いてくれることを、僕は経験から学んだ

この名言いいね! 0
仕事はいつも血沸き肉躍るスリリングなものとは限らない。毎日毎日、退屈な仕事をしなければならないこともある。それを会社や上司のせいにして、手を抜いたり、いい加減な仕事をしてしまったら、自分が損をするだけだ。限りある自分の時間をドブに捨てるということだからだ

この名言いいね! 0
マインドは仕事への意欲と言い換えてもいい。仕事に対するあらゆるモチベーションの源泉だ

この名言いいね! 0
このビジネスでは、競合に気をとられて浮足立つというのが一番危険

この名言いいね! 0
協調と競争を共存させ、そのバランスをいかに取るかが大切なのだ

この名言いいね! 0
個人の消費活動は、ある種の“投票”の役割を果たすことになる

この名言いいね! 0
明日のことは誰にも予測できない。変化を楽しめ。ひとを信じろ。未来は、そんな楽天者の上に輝く

この名言いいね! 0
もちろん、夢と現実は違う。けれど、だからこそ夢を実現する価値がある

この名言いいね! 0
企業が老化するというのは、このリソースアロケーションが、ある種のルーティーン化してしまうということと関係があるような気がしてならないのだ

この名言いいね! 0
この世に不可能なことなどない。不可能はいつか必ず可能になる。そう信じることのできる人間が、どれだけ出現するかで人類の未来は変わるのだ

この名言いいね! 0
物事の本質を見極めるのは、哲学者だけの仕事ではない

この名言いいね! 0
人は何かを学ぶために、この世に生まれてくるのだ

この名言いいね! 0
社会全体の発展、あるいは業界の発展、そういうものなくして、企業や個人の発展はないのだと、悟らなければいけない。競争することは大切だけれど、その競争が全体の発展に貢献しているのか、それとも阻害しているのか。時には立ち止まって、そのことを考えてみる必要がある

この名言いいね! 0
楽天市場の競争者は、事実上ゼロだった

この名言いいね! 0
銀行とか商社とか大企業が日本を変えたり、社会を作っていくという時代はもう終わった。これからはむしろ個人や中小企業が、既成事実を積み重ねて新しい社会を作り、日本を変えていく

この名言いいね! 0
報・連・相。誰でも知っているはずなのだが、誰もが実践しているとはとても思えない

この名言いいね! 0
様々な角度から分析せよ

この名言いいね! 0
かつて、人は政治と戦争によって、新しい秩序を創り上げた。もはやそういう時代は過去になりつつある

この名言いいね! 0
挑戦する心を失ったら、仕事の喜びの大半は消える。そして、どんなに勝っていても、必ず逆転される。それは歴史が証明していることだ。まして僕たちのようなベンチャービジネスが、そのことを忘れたら、この社会に存在する意味すら失ってしまう。ベンチャーとは、冒険であり、挑戦なのだ

この名言いいね! 0
僕はまず『そもそも論』を考えるべきだと思う。どんな仕事のときでも、「そもそもこの仕事はなんのためにするのか」を考えろということだ。いつもそう考える癖をつけておけば、それが仕事のアイデアに繋がっていく。改善のための仮設も自然にわいてくるはずだ

この名言いいね! 0
情報の流れによって国境はなし崩しに消えさっていく

この名言いいね! 0
1日0.1%の改善でも、1年間続ければ44%もの改善になる

この名言いいね! 0
考えるために、自分は行動する

この名言いいね! 0
人間は目標を決めた当初は一生懸命頑張るけれど、放っておけば時間の経過とともに意欲が低下してしまう。それはある程度は仕方がないことだ。だから僕は毎週朝会を開く。朝会は日々改善するという目標を再確認するためのひとつの仕組みなのだ

この名言いいね! 0
僕が起業したのは、大きなことを成し遂げたかったからだけど、その大きなことを成し遂げるためにはお金はなくてはならないものだ

この名言いいね! 0
この世に不可能はない

この名言いいね! 0
夢と現実は違うなどという皮肉に惑わされてはいけない。それは、夢を現実に変える努力を怠った人間の、苦し紛れの言い訳に過ぎない

この名言いいね! 0
現在の状況に満足せず、常に改善を続けてきたこと、常に前進してきたことが、楽天をここまで成長させた本当の秘訣だと思う。改善を続けているからこそ、僕たちはインターネットの普及という千載一遇のチャンスをここまで活かすことができたのだ

この名言いいね! 0
明日、何が起きるかなど、誰にもわからない。それは事実だ。けれど、その不確定の闇の向こう側に、未来の姿を見る努力なくしては、未来を開くことなどできはしない

この名言いいね! 0
この世に不可能など存在しないことを、頭で理解するのではなく、自分の全身全霊で理解したとき、自分の本当の可能性が見えてくる

この名言いいね! 0
ブレークスルーを起こすには100%の力ではだめで、120%出さなくてはいけない。それをやれるかどうかという差は大きいと思います。ひとつ言 えるのは、頭を使って、成功するまでやり続けることだと思います。それには自分のエネルギーレベルとゴールへの執着心が必要なんだと思いますね

この名言いいね! 0
成功できるか否かは、あるものを見たときに他の人と違う読み取り方ができるかどうかということだと思います

この名言いいね! 0
理念がなくても、短期的中期的には大きな利益をあげることができるかもしれない。けれど正しい理念がなければ、長期的な繁栄は絶対に望めないのだ

この名言いいね! 0
失敗したからといって、くよくよしても始まらない。失敗は、問題の在所を明らかにしてくれる。それがわかったら、その問題を解決すればいいだけのこと。失敗するということは、自分が改善すべきポイントを、発見したということでもある。そのポイントを改善すれば、確実に進歩することができる。だから、失敗したときには、悔むよりむしろ喜ぶべきなのだ

この名言いいね! 0
本気で取り組んでも解決できない問題など、この世にはひとつも存在しない。僕は経験上それを知っている

この名言いいね! 0
夢こそが社会を前進させる燃料なのだ

この名言いいね! 0
小さくてもいいから、成功を積み重ねることだ

この名言いいね! 0
熱血漢だが本当に優しい、義理を大切にする方(故星野仙一氏のお別れの会)

この名言いいね! 0
楽天市場がスタートしたとき、最初の月の総売上は32万円。そのうち18万円は僕が買っていた

この名言いいね! 0
相反する利益を一致させるのが、ビジネスの根本原理。この論理的に矛盾することを可能にするのが付加価値だ

この名言いいね! 0
ナレッジは知識、ビジネスにおいて、様々な知識が役に立つことは言うまでもない

この名言いいね! 0
大きな戦略を描いて、時間をかければ、大概のものは逆転できる

この名言いいね! 0
仕事は僕にとって、最高のエンターテイメントなんです

この名言いいね! 0
達成感の共有は、企業を育てる原動力だ

この名言いいね! 0
何の理想も信念もなく、ただひたすら企業のために身を捧げるという時代はすでに過去のものになったと僕は思っている

この名言いいね! 0
普通は頂上が目的で、登山が手段だと考える。けれど、それはおそらく逆なのだ

この名言いいね! 0
成長の踊り場という節目を、あえて自分たちの手で創ることによって、さらなる大きな成長を目指すのだ

この名言いいね! 0
この世のすべてのものは、相対的な存在だ。ゆえに、常識などという不確かなものを信じてはいけない

この名言いいね! 0
組織にストレスをかけるのは、リーダーの役割だと思っている

この名言いいね! 0
バランスを崩しては、バランスを回復する。その繰り返しによって、人は前へと進むのだ

この名言いいね! 0
組織はいつも、単なる烏合の衆ではなく、各人がそれぞれの守備範囲を越えてカバーしあう、一つのチームになることを目指さなければいけない

この名言いいね! 0
ひとつの分野で勝利したら、具体的に何が原因だったかを分析して、そのパターンを他の分野にも横展開する

この名言いいね! 0
協調するだけでは、緊張感が失われる。競争だけでは、チームワークが乱される

この名言いいね! 0
現代社会において最大のリスクは、「人生を後悔すること」だと思うんです。金銭的なリスクなんて、ある意味、大したことはない

この名言いいね! 0
歴史を振り返ってみれば過去にいくらでもヒントはあるのに、先入観や固定観念に左右されてなかなかそこからは学べないのが人間というもののようだ。けれど、その盲点がビジネスをする人間にとってはチャンスでもあるわけだ。誰も気がついていないからこそ、アイデアの源泉になり得る

この名言いいね! 0
社会は川のようなもので、一瞬足りとも静止することはない

この名言いいね! 0
楽天を始めたころ、私が思ったのは「最大のコンテンツはコミュニケーションだ」ということでした

この名言いいね! 0
世の中には、スローガンがたくさんある。スローガンの内容そのものは間違っていなくても、そのスローガンを具体的な行動目標に、落し込まない限り、それはただの掛け声に終わってしまう

この名言いいね! 0
時と場合によっては、やらない判断を下した方が、ずっと良い結果を生む。わかりやすい例が、撤退の判断だ。撤退の判断とは、それ以上やらないという決断であり、それはつまり勝つ可能性を捨てることだ。誰だって、そんなことしたくない。だから、撤退の判断は遅れる。そして、被害を拡大してしまう

この名言いいね! 0
生きている限り、人は夢を胸に抱き続けるべきなのだ

この名言いいね! 0
一流スポーツ選手のトレーニングメニューは、いつも具体的で明確だ。どのトレーニングを、何のためにするのかがはっきりしている。同じ筋力トレーニングをしている時でさえも、その運動が自分のどの筋肉を鍛えているのかを、意識しながらやるかどうかで、効果が歴然と違ってしまうらしい。筋力トレーニングだってそうなのだ。まして、ビジネスにおける行動は、いつも具体的でなければならない。一生懸命やりますとか、頑張りますでは駄目なのだ。この仕事は何のためにしているのか。この仕事は、どういう結果に結びつくのか。それを考えながら、具体的に行動しなければいけない。抽象的な行動からは、抽象的な結果しか得られない。闇雲に歩くだけでは、どこにも到達しない

この名言いいね! 0
中東のネット革命で分かったのは、民主主義と離れた体制をインターネットが変える力を持ったということ

この名言いいね! 0
最初から答えの出ていることは、他の人に任せればいい。他の人にできないこと、自分たちにしかできないことに挑むのが、ベンチャービジネスなのだ

この名言いいね! 0
昔の人は千里の道も一歩からと言った。いきなり千里も先の目標を指し示されたら、どんな自信家だって尻込みをする。けれど一歩なら、どんな人だって踏み出すことができるはずだ。そして、その一歩を確実に積み重ねれば、必ず千里の道を踏破できるのだ。目標を立てたら、その目標までの道のりを、一歩の単位にまで、徹底的に分解してしまう。それが、目標を確実に達成する唯一の方法だ

この名言いいね! 0
ビジネスで成功するかどうかのカギは、結局のところ、仕事を人生最大の遊びにできるかどうかだ。ホモ・ルーデンス(遊びの人の意)、人間は遊ぶ動物なのだ。人間は遊んでいる時が、最大の創造力を発揮する動物なのだ。仕事を人生最大の遊びにできれば、人は誰でも有能なビジネスマンになれる

この名言いいね! 0
すべてはお客様のために。もしこのコンセプトをビジネスの中で100%実現することができたら、そのビジネスは100%成功するだろう。誰もがそれを知っているはずなのだが、あまりにも当然すぎて、しばしば忘れられてしまうコンセプトでもある。それがただの掛け声になっている企業はあまりにも多い

この名言いいね! 0
自己の成長をしることに優る、人生の喜びはないからだ

この名言いいね! 0
あらゆる仕事は、一種の戦争なのだ

この名言いいね! 0
それが、テクノロジーの限界で、つまり便利であればあるほど、遅かれ早かれ模倣され、埋没する運命にある

この名言いいね! 0
ビジネスの規模は小さくてもいいんですよ。大切なのは創業時から、“大義”を考えること。よく「株式上場するのが目標」という経営者がいますが、あくまでも上場は手段。もっと大きな目標を追いかけてほしい

この名言いいね! 0
楽天は自社開発にこだわるテクノロジーの会社

この名言いいね! 0
子どもが親を作るというのと同じ意味で、後輩が先輩を作るのだ

この名言いいね! 0
天国と地獄を分けるのは、自分の好奇心と向上心なのだ

この名言いいね! 0
いつかは分からないけれど、終わりは確実に来るのだ

この名言いいね! 0
どれだけ力をこめて弓を引き絞り、矢を射っても、的がなければ面白いことなんて、何もあるはずがない。それは、誰でもそうなのだ。仕事がつまらないと思うなら、そこに的を置こう。そして、その的に向けて、矢を射ることだ。命中すれば嬉しいし、外れれば悔しい。なんとか真ん中に当てたくなる。当てるための工夫なり、努力をするようになる。どんな人であろうと、絶対にそうなる。それが仕事のやり甲斐というものの正体であり、仕事のプロフェッショナルになる道なのだ

この名言いいね! 0
「本当にその方法論が効率的なのか、それが必要なのか」いつもそのことを考え続ける姿勢が必要なのだ

この名言いいね! 0
この世に存在するあらゆるものはいつか滅びる。ビジネスに取り組むなら、いつも腹の底で、この覚悟をしておくべきだ

この名言いいね! 0
夢を具体的な目標に組み立て直し、その目標を達成するには、具体的に何をしなければならないかを考え抜き、そしてその考え抜いたことを、実際にひとつずつ成し遂げていく。自分の持っているすべての能力、才能も体力も忍耐力も何もかも、すべてをかけてそのことに取り組む。何年かかるかは別として、それで実現できない夢など、あるはずがないし、また、そこまでやってはじめて、夢を見る意味があるのだと思う

この名言いいね! 0
国家の本質と考えられているものの全ては情報なのだ

この名言いいね! 0
僕はハードルが高くなるほど、解決したくなってくるんです。経常利益で1000億円。目指すのはただですから。最大のリスクは充実していないってこと。自分が飽きさえしなければ、絶対勝てる

この名言いいね! 0
自分と価値観の違う人間こそ大切にしよう。そして、それを態度で示そう

この名言いいね! 0
収入のために、人は働く。けれど、営利という目的だけでは、人の本当の力を引き出すことはできない

この名言いいね! 0
ただ僕は、この世に生まれた証として、大きことを成し遂げたいと思う

この名言いいね! 0
今成功しているビジネスは、将来必ずダメになる

この名言いいね! 0
自分の周りを探せば、答えはたいてい見つかる

この名言いいね! 0
僕は普段から社員に対して「自走する社員になれ」といっていて、自ら考えて、自ら行動する社員になってほしいと思っています。そうしないと楽しくないでしょ。人生の大半を使う仕事というものは、やっぱり楽しくなくちゃ。僕は楽しんでいますよ。これからも楽しみたいと思います

この名言いいね! 0
自信はむしろ仕事がうまくいかないときにこそ発揮すべきものだ

この名言いいね! 0
ブランドは所有する人のステータスを示すものではなく、所有する人の理念を表すものになっていくだろう

この名言いいね! 0
常識的には、失敗する確率の方が高かった。我々は敢えて、そのリスクを取ったのだ

この名言いいね! 0
ゲームの本質とは何か。それは目標の設定とその達成だ

この名言いいね! 0
常識で考えることが、いかに不合理かを肝に銘じよう。常識とは多数派の理論にすぎない

この名言いいね! 0
経営者意識は高い視点を与えてくれる

この名言いいね! 0
世代間抗争なんですよ、日本の企業は。上の方にとっくに役割を終えたお年寄りが余っていて、そのポジションを守るために可能性のある若い人たちが働かされている。こんな図式はもう成立しないですよ

この名言いいね! 0
失敗を恐れません。なぜ恐れないかというと「失敗しても大したことがない」と思えるようになったからです

この名言いいね! 0
成功しているときにこそ、自分を疑うこと。自分のやり方が全てではないと肝に銘じること。そして、完全なゼロからスタートする勇気を持つこと

この名言いいね! 0
大事なのは、動くために考え、考えるために動くこと

この名言いいね! 0
ビジネスマンの資質として、フットワークの軽さは極めて重要だ

この名言いいね! 0
ビジネスにおける信頼関係の重要性は、過去とは比較にならないぐらい大きくなった

この名言いいね! 0
意味のない自己顕示欲や、思い上がりは捨てた方がいい。結局のところ、最終的に成功するのは、謙虚に学べる人なのだ

この名言いいね! 0
竹に節目があるのは大きく成長するためだ。企業にもそういう節目を作るべき時がある

この名言いいね! 0
目標のない組織がダメなのは、そこに達成する喜びがないからだ

この名言いいね! 0
常にChallenge Spiritを忘れるな。ベンチャーとは冒険であり、挑戦である

この名言いいね! 0
才能に恵まれているばかりに、その才能だけで誤魔化して、努力というか勉強をしない人があまりにも多い

この名言いいね! 0
質的な向上も量的な拡大もかまいませんが、そもそも「世の中にどんな価値を提供するのか」という本質を熟考すべきです

この名言いいね! 0
自分がやらなければ、この会社は潰れる。そのくらいの危機感を持って、仕事に臨むべきだ

この名言いいね! 0