中谷宇吉郎の名言格言14選

中谷宇吉郎(なかやうきちろう)

北海道大学理学部教授を北海道帝国大学時代から務め、世界で初となる人工雪の製作に成功した。 

中谷宇吉郎の名言格言

人間の盲点があることは誰も知っている。しかし人類にも盲点があることはあまり知らないようである。卵が立たないと思うぐらいの盲点は大したことではない

この名言いいね! 0
自然に即して問題を良く考え、一つ一つの問題を切り離して一歩ずつ落ち着いてやれば、まもなく全機構が明らかになることと思われます

この名言いいね! 0
物事は間違った理屈通りにはいかない

この名言いいね! 0
科学の発達は、原子爆弾や水素爆弾を作る。それで何百万人という無辜(むこ)の人間が殺されるようなことがもし将来この地上に起こったと仮定した場合、それは政治の責任で、科学の責任ではないという人もあろう。しかし私は、それは科学の責任だと思う。作らなければ、決して使えないからである

この名言いいね! 0
何時までも舞い落ちて来る雪を仰いでいると、 いつの間にか自分の身体が静かに空へ浮き上がって行くような錯覚が起きてくる

この名言いいね! 0
奈良朝から、千年以上も、同じ田に、同じ米をつくって今日までつづいている。千年以上のの連作ということは、世界の農業者の常識を超越したことである

この名言いいね! 0
雪の結晶は、天から送られた手紙であるということが出来る。そしてその中の文句は結晶の形及び模様という暗号で書かれているのである。その暗号を読みとく仕事が即ち人工雪の研究であるということも出来るのである

この名言いいね! 0
この言葉(「天災は忘れた頃来る」)、その後方々で引用されるようになり、とうとう朝日新聞が、戦争中に、一日一訓というようなものを編集した時、九月一日の分に、この言葉が採用されることになった

この名言いいね! 0
「雪は天から送られた手紙」は、対象を換えれば「堆積物は湖と海から送られた手紙」となる

この名言いいね! 0
すべての人が師であり、友である

この名言いいね! 0
本当に良い研究ならば、かならず実際の役にも立つ

この名言いいね! 0
雪は天から送られた手紙である

この名言いいね! 0
夜になって風がなく気温が零下十五度位になった時に静かに降り出す雪は特に美しかった

この名言いいね! 0
一見迂遠な様に見えても、実際は案外早道であるというのが、本当の基礎研究であります

この名言いいね! 0