井上尚弥の名言格言集

井上尚弥(いのうえ なおや)

職業:プロボクサー 誕生:1993年4月10日 出身:神奈川県座間市

圧倒的な実力と完璧なボクシングスタイルから『日本ボクシング史上最高傑作』との呼び声が高い。また階級を超えたボクサーのランキングであるパウンド・フォー・パウンドにおいては、ボクシングシーン.comで1位、リングマガジンで3位を獲得している。軽量級としては破格の85%のKO率を誇る。第36代日本ライトフライ級王者。第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。現WBAスーパー・IBF世界バンタム級王者。世界3階級制覇王者。

Sponsored Link

井上尚弥の名言格言

落ち込んでいる暇があったら、練習しろって

この名言いいね! 6
強い相手としか試合をしない。

この名言いいね! 5
相手に何にもさせずに勝つ

この名言いいね! 3
「やめたい」なんて思ったことは一度もないし、とにかく強くなりたいという思いが強かった。

この名言いいね! 2
ナルバエス戦では拳の圧力で手の甲の関節が悲鳴をあげ、脱臼していたらしいんですよ。結局、脱臼したところを手術することになって、完治するまで丸1年もかかったんです。手術して、初めはギプスで固定してましたから、もやもや感はあったんですけど、lか月を過ぎたあたりからは気にしても仕方がないと思い、左手一本の練習とか、できることをやるようにしていったんです。

この名言いいね! 0
父親を専属のトレーナーにして、「強い選手と戦う。弱い選手とは戦わない」という条件付きで横浜の大橋ボクシングジムに入門しました。だって、弱い相手と戦ってもしょうがないじゃないですか。強い相手と戦うことで、自分も成長できるし……。何よりも、試合内容で会場を盛り上げていけるような選手になっていきたかったんですよ。

この名言いいね! 2
当時の世界王座得の最短記録をKOで更新できたのも、父にたたき込まれた基本を貫いたから。一発を狙うんじゃなくて、打たせないで、打つという。

この名言いいね! 2
相手を過大評価してむちゃくちゃ強いイメージで行くんです。そうすると、実際リングで向き合った時に「この程度か」って気が楽になる

この名言いいね! 4
ボクシングはそうあまくない

この名言いいね! 3
A級でのデビューは「日本では25年ぶり」といわれ、「10代では初」と注目もされました。プレッシャーというより、ピリピリ感というか、緊迫した感じを楽しんでいましたね。ワクワクしながら。

この名言いいね! 1
ミット打ちがうまいとか、腕っぷしの強い人はいっぱいいますよ。それを動いている相手に当てる、タイミングを合わせて当てるのが難しいわけです

この名言いいね! 2
相手の力量って、1ラウンドの前半でだいたいわかるんです

この名言いいね! 2
(試合中)声援もヤジも全部聞こえてますよ

この名言いいね! 1
自分にとって強さとは「強い相手と闘って、勝ち続けること」。シンプルですが、それだけです

この名言いいね! 0
いくらパンチやスピードがあっても、結局はそれをどう生かすかじゃないですか

この名言いいね! 0
今日という日にやり残した事がないかと振り返る

この名言いいね! 0
(父から)『練習は仕事と思ってやれ』とずっと言われていたんですよ。小さい頃から

この名言いいね! 1
誰よりも練習を積んできた自信があるから、大きく見せる必要もない

この名言いいね! 1
100%の準備をして負けたなら、それは相手が強いだけ

この名言いいね! 1
いろんな選手のいいところを吸収して自分のものにしようと思うことはよくあります

この名言いいね! 0
過去の試合はそれほど参考にしません。相手のイメージが分かればそれで良いと思っています。

この名言いいね! 0
(一瞬の雰囲気を感じ取れるのはキャリア?)

この名言いいね! 0
痩せたいならどうしたらいいか? 1日誰にでも与えられる24時間という時間、24時間のうちたった45分でいいから毎日走る!たったそれだけの事を努力出来るか出来ないか!それだけだと思います!以上!

この名言いいね! 0
今の小中学生にアドバイスするなら、楽しくやることがまずは一番ですね

この名言いいね! 0
誰よりも真面目に、たゆまぬ努力をし続ける

この名言いいね! 1
強さで見せなくちゃいけないんです。そのためには誰とやるかはすごく大事です

この名言いいね! 0
心構えやマインドが一番大事だと思います

この名言いいね! 2
負けた時は相当悔しかったですよ。でも、それ以上に自分の課題がはっきりと見え

この名言いいね! 0
ボクシングで闘っている間って、3分間集中し続けるのは難しいんですよ。だから誰でも一瞬、気が抜ける時がある

この名言いいね! 0
クールであることが一番のボクシングの美しさだと思っている

この名言いいね! 0
常に平常心で戦う

この名言いいね! 0
負ける気がしねぇ。。

この名言いいね! 0
キャリア…いや、勘ですね。キャリアを積んでもできない人はできないですから

この名言いいね! 0
やれることは全てやった!! 完璧な仕上がりでビビる…

この名言いいね! 0
正直、記録はどうでもいいんです。~中略~ そんなことより、強い相手とやりたい。自分の底がどんなものか、接戦になったときに、どんな新しい自分が出てくるのか。それが知りたい

この名言いいね! 0
とにかく強くなりたい

この名言いいね! 0
イメトレはしますけど、「いいイメージ」はしないんです。むしろ、「最悪なイメージ」ばかりして臨みます

この名言いいね! 0
勝ちは勝ちでもこだわる勝ち方

この名言いいね! 0
計量直前は水分をとらないので口がカラッカラになります。ガムを噛んでも唾液も出てこないぐらい

この名言いいね! 0
僕のモチベーションは、自分の強さを試合で証明すること。それに尽きます。

この名言いいね! 0
プロなのでお客さんを楽しませるために、相手を挑発したりする人もいますが、自分はそういうタイプじゃない

この名言いいね! 0
相手の集中力が途切れた瞬間、目とか、呼吸とか、一瞬の間ですね

この名言いいね! 0
(いいパフォーマンスができた要因は?)やっぱりモチベーションが一番

この名言いいね! 0
普段の日常生活に気のゆるみや隙があると、いざ勝負の時に弱さがふっと出てしまう

この名言いいね! 0
日本と違う環境でやりたい

この名言いいね! 0
相手の呼吸を見ながらその瞬間を狙う

この名言いいね! 0
弱い相手と戦ってもしょうがない

この名言いいね! 0
小学校1、2年ぐらいまでは週に2回、ボクシングジムに通っていました

この名言いいね! 0
もっと強くなりたい

この名言いいね! 0