内村光良の名言格言84選

内村光良(うちむら てるよし)

日本のお笑いタレント、、俳優、映画監督。南原清隆とお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」を結成。愛称は「ウッチャン」。マセキ芸能社所属。コントを主体とした芸風で、とんねるず・ダウンタウンらと共に「お笑い第三世代」代表の一角としてバラエティ界をリードした。

内村光良の名言格言

夢を追う人はそのまま成就させてほしいけど、諦めた人も別の道でまた違う夢が見つかる。僕はそう信じています

この名言いいね! 0
何かに打ち込んでいる姿はかっこいいと思うんで、皆さんも好きなことを見つけて、日々の生活を輝かせてください!

この名言いいね! 0
“コンビ”って、絶対嫌いじゃない所があるから成立しているんだと思います

この名言いいね! 0
例えば大竹と僕が歩きながらガムの話しをするシーンや、ゴルゴ夫婦のシーンはほとんどアドリブですね

この名言いいね! 0
そうです、私パンツを貸したことがあります、浜ちゃんに

この名言いいね! 0
「『内さま』でケガした」っていう説明が面倒臭いんですよ(笑)

この名言いいね! 0
振り返ってみると、皆でコントをやって水泳をやって、まるで学校の部活のようでしたね

この名言いいね! 0
一日の中で何回も笑うような生活が好き

この名言いいね! 1
コント番組の金メダルを目指して頑張りたい

この名言いいね! 0
そんなふうには言わない!母親、そんなふうには俺に言わないな

この名言いいね! 0
(内村航平について)彼には勇気づけられた。内村として非常に誇り。内村で良かった

この名言いいね! 0
(ダウンタウンについて)あっ!そうだよな、『お笑いスター誕生』、うちらが初めてオーディションに行ったときに、居たんだよね

この名言いいね! 0
コントを誰かに教えるというのは今回が初めてだったので、僕自身も勉強になりました

この名言いいね! 0
中学生のとき5番でサードだったんです

この名言いいね! 0
他ではやらないですよ、こんなに(笑)。しかも、私はスーツというハンデを背負ってますから(笑)

この名言いいね! 0
(専門学校の)卒業公演の役は「漫才師B」だった

この名言いいね! 0
特に関係は変わらないですね。メンバーからは「現場がピリピリしてなくて良かった」って誉められました。僕あんまり怒鳴らないんで「よーい、はい。はいオッケー」って感じですね(笑)

この名言いいね! 0
人徳っていうわけではないです(笑)。でも今までお付き合いのあった人たちに出演していただくことができました

この名言いいね! 0
I can do it!

この名言いいね! 0
人間ドックは、相変わらずだもんね。これはいつも間違いない

この名言いいね! 0
僕の知らない間に、美術さんが西部劇っぽい雰囲気を出そうとして干し草を転がしてくれて(笑)。あるわけがないんですけど、そのしゃれっ気が面白かったですね

この名言いいね! 0
バブル期ですね、あんとき考えたらものすごい製作予算でしたよね

この名言いいね! 0
“おっさんの悲哀”を出したかったからですね(笑)

この名言いいね! 0
その~、25、26あたりのね、一番その、時代に、一緒にやってたという感じで

この名言いいね! 0
そうです、(ダウンタウンの)2人のおかげで私、初めてディズニーランドに行きまして~

この名言いいね! 0
夢を追う人と諦める人、二つの男の生き方を描いている作品なのですが、どちらも自分で下した決断だから、間違いではないんです

この名言いいね! 0
ま、その~、『夢で逢えたら』という番組で、3年半・・・ぐらいかな~、一緒にやってましたね

この名言いいね! 0
エンディングにかかるピアノの曲が、すごいなんか日曜の終わりを感じさせて、あんな楽しかった日曜日が現実に戻っちゃう、あのピアノのメロディーで

この名言いいね! 0
最初はお客さんに「キャー!」って歓声で迎えられるんだけど、いざネタになると急にお笑いを見る目に変わるんだよね

この名言いいね! 0
ものすごい、そのあとげっそり、げっそり

この名言いいね! 0
「できる」という喜びのほうが強かったですね。「撮影できる」「編集できる」「ダビングできる」という、そのすべてが嬉しいんだよ

この名言いいね! 0
竹中直人さんが監督と主演をされた『サヨナラ COLOR』という作品に出演したとき、竹中さんの仕事ぶりを見て勉強させていただきました。自分に似たダミーの方でリハーサルするという方法も盗ませていただきました

この名言いいね! 0
(夫婦円満の秘訣は)「ありがとう」です

この名言いいね! 0
最初の脚本にもあのスポーツ用品店のシーンはなかったんですよ。たまたま飲み屋でウドと会ったときに、「監督、使ってくださいよー」って言われたから、急遽シーンを加えたんです。あのシーンは本当にコントみたいですよね(笑)

この名言いいね! 0
映画に出演しているメンバーはふかわ以外みんな野球好きなんですけど、彼らと毎週のように飲んでいる席で、「草野球やりたいっすねぇ」って言い合っていたのがヒントになりました

この名言いいね! 0
青木さやかの回は覚えてる。布団から出てきて金八先生になったんだよね(笑)。でも、これが一昨年ってことは、DVD60巻は確実に行くんだね。すごいわ

この名言いいね! 0
最後に笑うのは誰かって事よ!

この名言いいね! 0
時間が経つ度にプレッシャー感じてきましたが、やります! とことん。楽しみます!

この名言いいね! 0
全部アドリブっていうのはウドと僕のからみのシーンだけですね(笑)

この名言いいね! 0
こ~んなちっちゃかったもん、お前、23のとき

この名言いいね! 0
そうそう、ふっふっ、あれでなんか、ちはるが溝に落ちたんだよね

この名言いいね! 0
機会があるなら、もっとコメディー色の強い作品がやりたいです

この名言いいね! 0
うん、まあ~、よく昼から夜中までやってましたね、あん時は

この名言いいね! 0
最初は既存のものをやってもらったんですけど、あんまりウケないんですよ

この名言いいね! 0
もうコンビ結成して28年になるから、お互い色々溜め込んできたんですよね(笑)

この名言いいね! 0
ある人物がこけるんですが、腹からですからね。普通手をつくところを腹からっていうのが、中年の悲しさですよね(笑)

この名言いいね! 0
酒屋さんの内部には詳しいんで、描きやすいかなと思いまして。ほこりの付き具合とか、手書きで「焼酎フェア」って書いて貼るところとか、実家と同じですね(笑)

この名言いいね! 0
あ~そうですね、あの~、衣装がその当時あんまり無かったから

この名言いいね! 0
“顔面ストッキング”は覚えてる

この名言いいね! 0
vol.1の頃と見比べられると、我々も9年経って、だんだんおじさん化してきてますからね…

この名言いいね! 0
俺って魅力あるかな?

この名言いいね! 0
朝3時、4時は当たり前、という感じでやってました

この名言いいね! 0
今回の映画で、体調が悪いのに性欲が抑えられない小出くんを、まさみちゃんがひっぱたくシーンがあるんですけど、あそこが一番映画的な笑いだったと思うんです

この名言いいね! 0
(今までで一番凄かった接待は?)あ~、やっぱ、やっぱそう考えると、バブル時だな

この名言いいね! 0
それで、ちはるがなんか酔っ払っちゃって、堤防から下に落ちちゃって

この名言いいね! 0
いやでもホント、同じ釜の飯を食ったというか、なんかちょっと違いますよね

この名言いいね! 0
今回の映画は群像劇だったので、次の機会があれば親子の物語とか、学園ラブストーリーみたいな、焦点を絞った作品を撮りたいですね。そのときは学校の先生役かもしれないし、演出だけかもしれないし……まだわからないですね

この名言いいね! 0
(夢をつかむためのコツは)ありきたりだけれど、努力をしながら続けること。辞めてしまったら、その時点で何もかもが終わりですから

この名言いいね! 0
印象に残ってんのはね~、あの~、ふふふっ、ダウンタウンの2人がですね、食中毒をおこしたとかいう

この名言いいね! 0
Yahoo! ニュースだったかな……証券マンの事件を取り上げた記事があって、それがきっかけで最初、僕の役は証券マンだったんですよ。でも証券マンの内情がよくわからなくて、そんなときたまたま水球のドキュメンタリーを観て、「スポーツライターなんていいんじゃないかな」ってことになったんです

この名言いいね! 0
恋人役のさっちゃん(桜井幸子)は、昔一緒に出演していた番組でもヒロイン役をやっていただいていました。そんな感じで出演者の皆さんは、ほとんど過去に共演したことのある人たちばかりですね

この名言いいね! 0
まぁ、運がよかったよね。当時は今に比べてお笑いの人口も少なかったから

この名言いいね! 0
実は僕が冒頭、商店街に登場するシーンで黒澤明監督の『用心棒』みたいなカットを、ちょっとかっこつけて撮影してみたんです。でも編集の段階でボツにしちゃったんですけどね(笑)

この名言いいね! 0
僕は実際にコンビを組んでいて、お互いにたぶん嫌なところいっぱいあるんだと思うんです

この名言いいね! 0
でも、ものすごい長い気がするよね~、あの『夢で逢えたら』という番組

この名言いいね! 0
もういっぱいいますよ。ウディ・アレンとかヒッチコックとか好きですね

この名言いいね! 0
結構、クルーザーで遊び連れてってもらったりだとか、タモさんので、鶴瓶師匠とか、俺とか乗って、すっげー楽しかった

この名言いいね! 0
他のあの~、コンビとはちょっと違う

この名言いいね! 0
テレビの前のちびっ子達、食ってやろうか!!!

この名言いいね! 0
やっぱフジテレビの、なんか、『やるやら』あたりのバブル・・・

この名言いいね! 0
あぶれた同士で組もうかって。同じクラスに出川哲朗もいたんだけど、俺はなんとなく本能で「こいつとは組まないほうがいい」って察したんだよね

この名言いいね! 0
この世界に入って、やっぱり一番接している人が影響受けたから、やっぱタモさんと鶴瓶師匠かな、う~ん、一番長く『いいとも』でずっと一緒だった

この名言いいね! 0
空いたんだ、スタジオ収録が飛んだんで

この名言いいね! 0
インタビューを受けていてよく、「もっと、はちゃめちゃな作品かと思ったら、意外と正攻法な作品ですね」と言われるんです

この名言いいね! 0
二人のキャラクターがわかってきて、それに寄せて書いたらウケるようになっていった。やっぱり、その人に合うコントってあるんですよね

この名言いいね! 0
(主人公たちのように“少年の心”を感じることはありますか?)そうですね、あればいいんですけどね。そう思って毎日頑張っています

この名言いいね! 0
毎回、ケガはすごく気を付けてるよね。でも、この番組でやっちゃうんですよ。この番組はケアをしませんから!

この名言いいね! 0
次はコントではなく映画的な笑いをもっと勉強して見せていきたいですね

この名言いいね! 0
だから、お互い絶対に嫌いなところってあると思うんですよ。でも、ほんとに嫌いだったら、どのコンビも解散していると思います

この名言いいね! 0
1番最初に書き上げた脚本はもっとコメディよりだったんですけど、だんだんとドラマ性を深めていったんです

この名言いいね! 0
辞めていったやつらのことも今まで見てきたからね。僕の事務所でも何組もいましたし。その度に頑張ってなって握手して。そういう気持ちもやっぱり思い出しました。そういうのも背負って書かなきゃって思いましたね

この名言いいね! 0
試合のシーンは本物を撮りたいと思ったので、1か月の撮影期間中1週間という限られた時間の中でいい映像を撮るためにぎりぎりまで粘りましたね

この名言いいね! 0
まだ監督をしたっていう実感がなくて、あのメンバーがいてこそ実現したメモリアルな要素の強い作品なので、全員で作り上げたと思っています

この名言いいね! 0
俺だって、北海道行って、『九州男児』のコントしかやってない

この名言いいね! 0