劉備玄徳の名言格言集

劉備玄徳(りゅうびげんとく)

後漢末期から三国時代の武将、蜀漢の初代皇帝。黄巾の乱の鎮圧で功績を挙げ、その後は各地を転戦した。諸葛亮の天下三分の計に基づいて益州の地を得て勢力を築き、後漢の滅亡を受けて皇帝に即位して、蜀漢を建国した。その後の、魏・呉・蜀漢による三国鼎立の時代を生じさせた。明代の小説『三国志演義』では中心人物として登場する。

劉備玄徳の名言格言

身を屈して、分を守り、天の時を待つ

この名言いいね! 1
登れそうに見える所から登ったのでは、奇襲にはならない。誰の眼にも、登れそうに見えない場所から登るのが、用兵の策というものであろう

この名言いいね! 1
悪事はどんな小さなことでも行なってはいけない。善事はどんな小さなことでもこれを行なえ

この名言いいね! 1
兄弟は手足の如く妻子は衣服の如し

この名言いいね! 1
これ賢、これ徳、よく人を服す

この名言いいね! 1
大事を成すには人をもって大本としなければならない。自分を慕ってくれている人を見捨てることなど出来ない

この名言いいね! 1
すべての事業は人によって興る、人を大事にせねばならない

この名言いいね! 1
恋は路傍の花

この名言いいね! 1