原辰徳の名言格言集

原辰徳(はら たつのり)

職業:、右投右打)。 誕生:1958年7月22日 出身:

1980年代から1990年代中盤にかけて巨人の4番打者を務め、ON時代後の巨人を支えた。監督としてもチームを8度のリーグ優勝と3度の日本一に導いている。2009年にはワールド・ベースボール・クラシック日本代表の監督を務め、世界一に導いた。

Sponsored Link

原辰徳の名言格言

組織の和というのは、競争原理が働く実力主義でないと保てないんです。レギュラーを獲得するのに遠慮なんかしていられません

この名言いいね! 0
勝負に近道なし、勝負に失望なし、勝負に待ったなし

この名言いいね! 0
プロの打者との戦いを楽しめないと

この名言いいね! 0
甘えは許されぬ

この名言いいね! 0
オレも人間。君たちも人間なんだ

この名言いいね! 0
こういう緊張感のあるゲームが近づいてきますとね、やっぱり選手1人1人からね、ヘモグロビンがバンバン出てくるのがよく分かります

この名言いいね! 0
自分の身体に『ナシ!ナシ!』という言葉を吹きかけるんだ。するとアラアラ不思議。すっと迷いがなくなるんだよ。そういうもんだ

この名言いいね! 0
皆さんに感謝。私の力は数%ですから

この名言いいね! 0
結果は、出た瞬間に過去のもの。僕の宝物は、目標に向かうプロセス

この名言いいね! 0
目標の定まった人というのは、波風があったとしてもブレない

この名言いいね! 0
小さい頃、野球選手になりたい、ジャイアンツに入りたい。その夢を持って頑張りました

この名言いいね! 0
背伸びをしたって、たかが知れている。背伸びをしたまま生活したら、つまずくだけ

この名言いいね! 0
ジャイアンツ愛

この名言いいね! 0
長いペナントレースを制せたのは、自己犠牲をしてくれた選手のおかげです

この名言いいね! 0
優勝の下馬評は高いほどやる気が出ますね。それがプレッシャーじゃなくて、フォローウインドになるのが巨人軍という組織

この名言いいね! 0
必要なら主軸バッターでもバントをさせます。勝つためなら、有無をいわせない

この名言いいね! 0
同じ人に3本も打たれてはいけない

この名言いいね! 0
正々堂々と世界の強者と戦って勝ち抜くことができた。覚悟と潔さを持って「日本力(にほんぢから)」を見せ付けた

この名言いいね! 0
私は、現場の監督でありながら“WBCの監督をやりたい”という監督がいるのであれば、“それはチームを愛していない監督だ”と思っていました

この名言いいね! 0
俺はいいことは引きずらないんだ。でも、悪い結果が出たときには引きずらなくちゃいけない

この名言いいね! 0
最下位ということは、これ以下はないということ。逆説的に言えば、まだ前半戦。のたうち回るようなことはない

この名言いいね! 0
若い力はジャイアンツの宝

この名言いいね! 0
野球が楽しい!心底からそう実感できるのは勝ったときです

この名言いいね! 0
コーチの時は『考え方が良く見えない』なんて言われましたが、それは立場の違い。僕は監督と違ったことはひと言も言わなかったし、言うつもりもなかった

この名言いいね! 0
ジャイアンツ・タイムといって何ごとも時間厳守。公式の場や移動時にはスーツ着用し、ヒゲを生やさないというドレスコード。そういった先輩たちが培い守ってきたものを実践し、次の世代へ教えていくということです

この名言いいね! 0
やっぱり勝負の世界というのは、少しチン(顎)が上がるとダメだね。顎が上がると足をすくわれるような気がします

この名言いいね! 0
私にとってのジャイアンツ、ジャイアンツにとっての彼(松井)の位置づけ。お互いに築き上げてきたものがある。これからも築き上げていかなければならない

この名言いいね! 0
余談を記事にされちゃあ困るぞ。余談(油断)は禁物

この名言いいね! 0