宮藤官九郎の名言格言集

宮藤官九郎(くどう かんくろう)

日本の脚本家、俳優、、作曲家、、映画監督、演出家、ミュージシャン、似顔絵イラストレーター。愛称は「クドカン」「くんく」「クン」。2000年に放送された『池袋ウエストゲートパーク』で脚本を担当。高視聴率を記録し出世作となった。続く、『木更津キャッツアイ』『タイガー&ドラゴン』の脚本を担当し、人気脚本家の一員となる。2013年上期の連続テレビ小説『あまちゃん』の脚本を担当し、第78回ザテレビジョンドラマアカデミー賞作品賞・脚本賞や2013年新語・流行語大賞のほか、複数の賞を受賞した。

宮藤官九郎の名言格言

1枚の写真とか駅のポスターから、ある日急に気になってくるっていうのがアイドルなんじゃないですかね

この名言いいね! 0
嬉しい時も悲しいときも涙が出るのは喜びと悲しみが表裏いったいだからである

この名言いいね! 0
自分探しの旅に出かけても見つかるわけがない。自分が変わらなければ、どこに行っても一緒だ

この名言いいね! 0
地方には地元の人が気づいていない魅力がたくさんある

この名言いいね! 0
心に響く瞬間というのが誰にでもあるはずです。そう思えないと、この仕事は続けられない

この名言いいね! 0