山中慎介の名言格言集

山中慎介(やまなか しんすけ)

職業: 誕生:1982年10月11日 出身:

第65代日本バンタム級王者。WBC世界バンタム級王者。 ジャブ、左ストレート、パンチ力、フットワーク、駆け引きなどが上げられる。ストレート系主体の中間距離タイプ。世界トップクラスとしてはパンチのバリエーションは非常に少ないが、ボクシングにおいて最も基本のコンビネーションであるワンツーを徹底して極め、回避不可の必殺技にまで昇華させている。

Sponsored Link

山中慎介の名言格言

声が出ないんで…

この名言いいね! 0
声が通らないんです

この名言いいね! 0
もっとメジャーにならないと最終的な目標であるラスベガスの試合もできないんで。ラスベガスで試合をするには、知名度と人気と実力がいります。統一戦を勝てば、話題になるじゃないですか。そのときの相手の名前が大きければ大きいほど、ビッグマッチにもなる

この名言いいね! 0
メイウェザーはスーパースターでかっこいいですし好きです。メイウェザーのボクシングが好きかと聞かれると、良さも悪さもあるので、好きでも嫌いでもないですね

この名言いいね! 0
やっているつもり、だったのかもしれない。まだ使っていない筋肉がありました。今日やったのは瞬発系のトレーニングだったのでウォーミングアップに取り入れたい

この名言いいね! 0
試合運びとかはまだぜんぜん考えてません。決まってからでいいのかなと思ってます。これはIBFでもWBOでも同じことです

この名言いいね! 0
肩は強いほうやと思いますよ

この名言いいね! 0
横から下からというのも独特ですね。真上から(パンチが)飛んで来ますからね。あのパンチは、初めて対戦したらちょっと読めないでしょう

この名言いいね! 0
相手もポイントをとるのが巧いというイメージがあるので、そういう選手からしっかりポイントをとって、弱らせて倒すという形が理想。今回はそれがテーマです

この名言いいね! 0
それが次につながっていますので、今年は、もっともっといいパフォーマンスをお見せできると思います

この名言いいね! 0
僕のファンも、みんなモヤモヤしている。本当に僕が勝つしかない。勝つのがみんなの、僕の幸せで、みんなを笑顔にすることができる

この名言いいね! 0
(ロハスについての印象は?)強いというかやりにくいというイメージの選手なので、厳しい戦いになるかもしれませんが、きっちりと勝って強いところをアピールしたいですね

この名言いいね! 0
攻撃にも行けるんですが、あえてそこに行かないのがメイウェザーらしいですね。成績が物語っているように、負けないボクシングですね

この名言いいね! 0
左だけでいってもなかなか当てさせてくれないので、そこは右も使いながら戦わないといけません

この名言いいね! 0
いま、7回連続で防衛に成功していますが、連勝記録にこだわりは、ないんです。次の一戦を全力で勝ちにいくことが重要なんだと思っています

この名言いいね! 0
自分のボクシングスタイルは、バンタム級以上の、一発の迫力が魅力だと思っているので、そういったところを感じてもらえたらうれしいですね

この名言いいね! 0
神の左は言いすぎですよね(笑)。まあ日本テレビさんがそう言ってすごく盛り上げてくれたんで、その左で倒したよ、というアピールでした

この名言いいね! 0
(13戦連続防衛戦であるルイス・ネリとの試合で敗北した翌日)負けを受け入れられない自分がいた。体は全然ダメージがないし、打たれてどこか腫れているわけではなかった。筋肉痛もなかったし、逆になんか、むなしかった。不完全燃焼で負けた

この名言いいね! 0
逆にロープから回って逃げようとするよりも、軌道を見ようという余裕を感じました

この名言いいね! 0
2回の引き分けがあるんですよ。それもダウンを取られての引き分け。自分の中であれは負けと同じ感覚でした。日本チャンピオンになるまでは、1回でも負けたら引退するつもりだったんです。だからその引き分け2回でかなり追い詰められました

この名言いいね! 0
上体が柔らかくて、パンチをまともに喰らわないというイメージがあるので、そう呼ばれているんではないでしょうか。逆に打たれ強くはないので、上でも下でも一発効かせられれば、多少は止まるので、そこからリズムにのれるのではと思っています

この名言いいね! 0
メイウェザーに勝つスターが現れてほしいですね。サウル・アルバレスの時は期待したのですが、やっぱり差がありました

この名言いいね! 0
ボクシングがシンプルな分、自分のワンツーは奥が深いと思う

この名言いいね! 0
レストランでも『すんませーん』と言ってもまず気づいてもらえない

この名言いいね! 0
最近は公開裁定というものがありまして、4Rと8Rの終了後にポイントが発表されるんです。するとどうしてもポイントの計算をしてしまうんですよ。自然と(笑)。ラウンド中なのに自分の中で天使と悪魔みたいなものがいろいろ言い合ってるんです。そこもまた戦いなんです(笑)。負ければすべてを失いますし、つまらない試合をすればもっと失うかもしれないじゃないですか

この名言いいね! 0
自分のボクシングは足が生命線

この名言いいね! 0
ラーメン屋が一番長かったですね。4年くらい働いてました

この名言いいね! 0
試合前のプレッシャーや、減量の影響で栄養が明らかに足りていない状態になるので、抜け毛がとても心配です…!

この名言いいね! 0
高校時代は真剣に目標に向かってやっていましたが、高校の最後の大会で日本一になって大学に入ったときに、少しボクシングに対する情熱がなくなっていたんです。何が影響しているのかわからないですが、少し燃え尽きたところがあったのかもしれません。でも大学最後の試合だった全国大会で、全く思うような結果が残せず、すぐに負けてしまったんです

この名言いいね! 0
3Rの左カウンターは、たしかに相手の動きが見えていたので狙いにいきました

この名言いいね! 0
これが最後ですよ、これで終わりですよ

この名言いいね! 0
次の4月の試合の前座で辰吉さんの息子さんがデビューをするんですよ。何か繋がっているなっていうか、そういう縁があるなというのは感じています

この名言いいね! 0
さらにここから次の試合まではすぐですから、本当に一日一日を大事にしてしっかりと試合に向けて調整をするだけですね

この名言いいね! 0
“こんなんじゃあ終われへん”って。一気にこう、ボクシングに対する情熱が戻ってきて、それはもう、制御不能な感情の爆発みたいなものでした

この名言いいね! 0
防衛戦を2回戦って、結果として勝って防衛できましたが、まだまだ納得いかない内容でした

この名言いいね! 0
そのときに不思議とボクシングに対する気持ちが変わって

この名言いいね! 0
1試合はKO勝ちだったんですけど、やっぱり、もう少し早く仕留められたのかな、と思いますし、判定までいった試合は、相手のスタイルに対応しきれなかったところもあって、いろいろ反省点がありました

この名言いいね! 0
そんなに左は苦手ではないですし、むしろやっていて楽しいという感覚はあるので、特に気になりません

この名言いいね! 0
最初はそう感じていたんですが、やることは全く一緒なので、自分が本当に一生懸命がんばるだけだと思っています

この名言いいね! 0
世界戦初防衛後からですね。それまでは、そんなこと考えてなかったし、世界チャンピオンになったときは初防衛をきっちりしなきゃとしか考えてなかった。そのあとから徐々に欲というか、そういうのが出てきましたね

この名言いいね! 0
防衛記録とよく言われるのですが、13回とか14回なんてだいぶ先の話。それを気にしてしまうと余計にプレッシャーになってしまうので、一戦一戦の積み重ねだと思っています。そういう思いでやらないといい試合はできないと思っています。もちろん先の目標ではありますけど

この名言いいね! 0
自分の売りは何なのか、ずっと考えてきた

この名言いいね! 0
これまで一度も自分の左にパンチを合わされたことはない

この名言いいね! 0
まあ言ってるだけっていうのもあるんですけどね(笑)。簡単に口にしてますが、本当は統一戦もラスベガスもかなり難しいことだっていうのはわかってるんです。ただ、これまでも自分で自分を追い込んでここまで来ました。だからこれも高い目標を公言しちゃうことで自分を追い込んでいるって感じですね

この名言いいね! 0
いつもイライラしていましたね。思うような試合もできないし、練習時間も足りないし、金もないしの3重苦(笑)

この名言いいね! 0
他の人よりも深く踏み込むのでパンチが奥に伸びるんです。そうすると身体が流れることがあってバランスが悪くなる。そこで流れずに元の体勢に戻すには下半身の強さが必要です。今日のトレーニングをやればボクシングにつながります

この名言いいね! 0
乾杯のあいさつをしたときも、誰一人聞こえてなかった

この名言いいね! 0
中学時代まで野球をやっていたのですが、その頃から一対一で結果が出るスポーツとして、ボクシングは男らしいスポーツだと思っていました。もちろんボクシングもチームワークというのはありますけど、リングに上がるのは本当に一人。中学時代は強い男に憧れますからね。だから高校に入ったらボクシングをやると決めていました

この名言いいね! 0
2015年は海外でビッグマッチをしたい

この名言いいね! 0
ここまで3年とちょっと。本当に早いなと思います

この名言いいね! 0
年齢も32歳ですし、毎日のトレーニング後のケアと食事に関しては20代の時よりも、かなり気をつけているつもりです。そこさえしっかりやっていれば、もう少しできるという自信もあります

この名言いいね! 0
もちろん頭に入っています。(和毅は)来年、指名試合があるんですよね?その次にできれば。いずれ、やるのは間違いない

この名言いいね! 0
一番の要因は、昔と違って面白い番組が他にもたくさんあるからでしょう。他のチャンピオンにしても、決して面白くない試合をしてるとは思いません。ボクシング界を盛り上げる一人でいたいから、統一戦の話もしました。でも結局、自分たちにできるのはいい試合をすることだけです

この名言いいね! 0
子供が2歳と9か月の年子なので、今が一番大変な時期だと思うんです。今年こそは、子育てをもっと手伝っていきたいですね

この名言いいね! 0
前回(8月12日)は真夏の試合で調整が大変だったけど、その分、今回は楽。今までで一番調子がいいです

この名言いいね! 0
倒すだけでなく、しっかりポイントもとって、最終的には倒せるようなボクシングをしたいですね

この名言いいね! 0
本当に熱い気持ちをもって一生懸命戦って、その結果みんなが元気を出してくれればいいなと思っています。思いは強いので見てください

この名言いいね! 0
はっきり狙うっていうのは少ないですね。あるとすれば、しっかり自分が攻撃できていると自然にカウンターになることは多いと思います

この名言いいね! 0
展開的にはいつも大体一緒なので。あとはメイウェザーがどれだけ行くかという感じじゃないですか

この名言いいね! 0
プロってけっこうそんなもんやと思います。1度負けるとモチベーションが切れるし、負けたボクサーはなかなか次の試合を組んでもらえない。1度の負けは確実に引退へ近づくんです。だから、2度の引き分けから日本チャンピオン戦までの期間で、かなり練習量が増えましたね

この名言いいね! 0
いい試合というのは、まずいい相手、強い相手がいての話です。そのうえで観客が喜ぶ試合運びをする。そういう意味でいうと、自分の試合はまだまだ納得できていません。もうちょっと攻撃的にならないと

この名言いいね! 0
対戦相手がそのとき最高に強いなら、きっと試合は盛り上がる。それに、強い相手と試合を組んでもらうことで自分自身をさらに強くできます。試合に向けての練習をしていても、普段より強くなっていくのを感じる。それは今回の試合でも、前回も前々回も同じです

この名言いいね! 0
これで終わったら絶対後悔すると思ったし、自分の実力はこんなもんじゃないと思って、中学時代の目標であった世界チャンピオンを目指し、プロになろうと思いました

この名言いいね! 0
その舞台がラスベガスであれば最高なんですけど、なかなかそれも難しいと思うので。いいカードを組んでもらって、KOで勝って、それでお客さんに喜んでもらいたいです

この名言いいね! 0
ボクシングに関しては、ディフェンスだけであれだけ人を魅了するボクサーはいないと思います。攻撃にいけばまた別の魅力があります。ディフェンスの仕方にしても、すごい華麗です。人を惹きつける魅力があります

この名言いいね! 0
あの攻撃力と1発のパンチの強さでしょうね。誰が見ても迫力があります。ボクシングを知らない方でもすごい!となるでしょう。マイダナのパンチって1発の重みが他の選手とは質が違う感じがします。でないと、ブローナーとの試合の時もああいう効き方はしないと思います。パンチ力がすごいですよね

この名言いいね! 0
練習しなかったからです(笑)

この名言いいね! 0
朝の練習と午後の練習が終わったときはお湯で頭皮を揉みながら洗って、家でお風呂に入ったときだけシャンプーを使用しています

この名言いいね! 0
もう少しやりたかったというのが本音です。お客さんももう少し見たかったと思います

この名言いいね! 0
高校のときはかなり練習しました。大学時代はその財産だけでやってましたね(笑)。練習しないので、負けることもあった。そのままプロに入ったから、序盤はいい動きがぜんぜんできなくて、とにかくごまかしが利かなくなったんです

この名言いいね! 0
試合が楽しみ。自信満々です

この名言いいね! 0
和毅が本気でやりたいのなら挑戦を受ける

この名言いいね! 0
周りからは昭和のボクシングといわれてます

この名言いいね! 0
昨日の試合は見ていないんですけど、統一戦がやりたい

この名言いいね! 0
わからないです。だいたい会長に任せてあるんで。まあ言い続けてれば何か変わるかなというぐらいですね

この名言いいね! 0
最終的にはKOで試合を終わらせるのを、ずっとこだわり続けていきたいな、と思っています。そこを楽しみにしてくださっているお客さんの期待に応えたいです

この名言いいね! 0
海外のボクシングもよく見ていましたが、日本では辰吉丈一郎さんの試合がとても刺激になりました。ボクシングも凄かったし、つけていたベルトが格好良くて

この名言いいね! 0
作戦通りといえば作戦通りでしたが、もうちょっといけたかなという部分は映像を見て思いました。今後の課題にできればいいかなと思っています

この名言いいね! 0
目標は世界チャンピオン。こいつ、アホやなと思っていた人も絶対にいたでしょうね(笑)。そのくらい、デビューしたばかりの頃は、全然注目されていなかったし、期待もされていませんでした。まあ、ぼく自身は、不断の努力を重ねただけでした

この名言いいね! 0
自分としては、見ているお客さんたちが元気になるような試合をしたいと思ってます。『面白い試合だったよ』も嬉しいんですが『自分も頑張ろうと思ったよ』とか『勇気をもらったよ』って言われたときが凄く嬉しかった。だからこれからも見ている人が元気になるようないい試合をしていきたいですね

この名言いいね! 0
ワンツーだけでここまで来た

この名言いいね! 0
高校卒業間際、専修大学からボクサーとして推薦を頂いたんですが、まあ、申し訳ないですけど、受験しなくてもいいし、一応行っとくか(笑)、くらいの気分でしたね

この名言いいね! 0
自分の左ストレート(山中はサウスポー)は 右の選手とやった時に威力を発揮する。最終的には倒します

この名言いいね! 0
そういう話もしていたんですけど、まさかこんな早く実現するとは思っていませんでした。いい試合を観てもらって、元気を出してほしいです

この名言いいね! 0
最近は大学卒業してからプロ入りする人も珍しくないし、それに絶対チャンピオンになるんだと決めてましたから。自分にはその実力があるんだと。周りはそんなことまったく思ってなかったでしょう(笑)。ぜんぜん期待されてなかった

この名言いいね! 0
気をつけ、をしてました(笑)

この名言いいね! 0
ノニト・ドネアがスーパーバンタム級の王者になるなら挑戦したい

この名言いいね! 0
辰吉さんがチャンピオンになったときにつけていたWBCのバンタム級のベルトをいま、自分が巻いています。感慨深いものがあります

この名言いいね! 0
もっともっと注目される試合がしたい

この名言いいね! 0
世界チャンピオンになった時は、全然実感がありませんでしたね。でも、周囲からの期待も大きくなるし、追われる立場になりましたね

この名言いいね! 0
試合までの精神的な成長というのは感じますね。試合中もここ最近は落ち着いてできるようになっていますし、そこが一番大きいです

この名言いいね! 0
タイミングのいいジャブと距離で(相手は)入ってこれなかったし、相手の右を打つタイミングで自分は左を狙うというのも、駆け引きのなかでやれていました。だから右も打てなかったと思う。自分としては相手の右にパンチを合わそうと思ったんすけど、なかなか打ってこなかったですね。距離も良かったし、構えているポジションも良かった

この名言いいね! 0
仙台には今年の4月に試合終わってからボランティアで行かせてもらいましたし、いろいろ辛い環境をみているので、思いはあります。そこに住まれていた方にも話を聞いて、悲しいこともいっぱいあったんですが、みんな元気に話されたりしていたので、すごいなとこっちが逆に元気をもらっていました

この名言いいね! 0
ジャブはまだまだ巧く使いこなせないですけど、本当に大事なパンチなので、少しでも出せるように意識はしていますね

この名言いいね! 0
ただ驚いている。9位以上のメンツがすごい

この名言いいね! 0
焦らず、冷静にやれたっていうのが一番ですね。12回あるから、そのなかで倒せばいいと。倒したいという意識は常にありましたけど、考えながら、隙を見ながらやることができました。自分のペースになってしまえば何ラウンドやっても疲れないんで、息も乱れなかった

この名言いいね! 0
生活のリズムは日本チャンピオンのときとそう変わらないです。ただ、こうやって取材を受けたりテレビに出させてもらったりで、周りの対応が変わりましたね

この名言いいね! 0
打たれないボクシングでお客さんを魅了するしかない。これは自分に限らず、ボクサーにとって、一番の理想形ですよね

この名言いいね! 0
(相手と向かい合って)構えたときに、ジャブが一番有効やなって感じたんです。どんどん出していこうと。そうしたらバンバン当たるんで、これで終わらせてもいいぐらいの気持ちで。右の練習もやってきましたけど、自分の場合、向かい合ったときの感覚でやる部分が大きいんで。この相手には右がいいのかな、と。あと、前のめりにならない、リターン(のパンチ)をもらわないように気をつけました

この名言いいね! 0
もちろん髪の毛もケアしていきたいです。ラウンドを重ねると汗もかくし、水もかけられるんで、無意識でグローブで頭を触ったりすることのないように(笑)

この名言いいね! 0
(あなたにとって神と呼ばれた左は何だったのか)最後まで一番頼りにしていた、一番の武器だった。不発に終わったが、何年経っても“パパの左は強かったんだ”と、子供達に言えるパンチだった

この名言いいね! 0
今年は今まで以上に勝負の年になると思っていますので、強く実績のある選手と戦って、しっかり結果を出したいです

この名言いいね! 0
僕の打ち方は下半身から上半身に力をつなげる打ち方なので、下半身が大事だと思っています。ランニングも練習中も両足の親指を意識して動いています

この名言いいね! 0
初防衛としてのプレッシャー、緊張というのは全くなかったですね。やっぱり相手があれだけ名前のある選手だったので、試合への意識が強かったです

この名言いいね! 0
そんなに強くない相手とマッチメイクされても、それは嫌なプレッシャーになるだけだと思うんですよ。みんな勝って当たり前と思いながら見るし、どんな倒し方をするのか、ただそれだけを期待されるような試合は辛いです

この名言いいね! 0
それだけ稼げるのであれば、もう少し(相手を)倒しにいってほしいですけどね

この名言いいね! 0
彼は同じ高校の後輩なんですよ。だから先輩を褒めることしか言えなかったんでしょう(笑)

この名言いいね! 0
試合後の勝利者インタビューでも9割以上、言っていることが伝わらない

この名言いいね! 0
ぼくは、打たれ強くないので、相手のパンチに対しては、それなりに工夫しています。それはガードだったり、ガードが間に合わなければ、ちょっと体を振ることでパンチをかわすことができる。見た目は悪いかもしれないけど、打たれない。打たれ弱いっていう認識がないと、そういうことはできないんです

この名言いいね! 0
嫁にはあまり知られたくないですけど(笑)力になってあげたいですね

この名言いいね! 0
頭皮はキレイだということで安心しました!抜け毛が進まないよう、これからもケアを続けていきたいです!

この名言いいね! 0
やりたいなと思ってたことを言っただけです。亀田君のWBAだけじゃないですよ。他にIBFとWBOもありますから。どれか一つでも実現できたらいいなと思ってます

この名言いいね! 0
年齢的に、10年もできるようなスポーツじゃないんです。だから、試合の数ではなく、試合の質を追求していきたいですね

この名言いいね! 0