平賀源内の名言格言集

平賀源内(ひらがげんない)

江戸時代中頃の人物。本草学者、地質学者、蘭学者、、殖産事業家、戯作者、浄瑠璃作者、俳人、蘭画家、発明家。

平賀源内の名言格言

書を読む計を学問と思い、紙上の空論を持って格物窮理と思うより間違いも出来るなり。

この名言いいね! 0
井の中をはなれ兼たる蛙かな。

この名言いいね! 0
わがままに、自分のやりたいことに専念するために、脱藩したい

この名言いいね! 0
考えていては何もでき申さず候。われらはしくじるを先につかまつり候。

この名言いいね! 0
浪人の心易さは、一箪のぶっ掛け、一瓢の小半酒(こなから)、恒(つね)の産なき代わりには、主人という贅(むだ)もなく、知行という飯粒が足の裏にひっ付かず、行きたい所を駆けめぐり、否(いや)なところは茶にして仕舞ふ。せめては一生我が体を自由にするがもうけなり。

この名言いいね! 0
良薬は口に苦く、出る杭は打たれる習ひ。

この名言いいね! 0