明智光秀の名言格言11選

明智光秀(あけちみつひで)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。美濃国の明智氏の支流の人物。・織田信長に見出されて重臣に取り立てられるが、本能寺の変を起こして主君を自害させた。直後に中国大返しにより戻った羽柴秀吉に山崎の戦いで敗れる。その短い治世は「三日天下」とも言う。

明智光秀の名言格言

自分は他の誰でもない、煕子殿を妻にと決めている

この名言いいね! 0
あの人物は俺の重臣だが、昔父の領内で農夫をしていた。それを父が登用してまず足軽にした。おそらく、あの時の恩を忘れず、農民だった初心で父の霊を弔っているのだ。武士はすべてああありたい。笑うお前達は馬鹿だ

この名言いいね! 0
いざ、お前を50日のうちに輿に乗せる身分にしてみせる

この名言いいね! 0
敵は本能寺にあり

この名言いいね! 0
仏の嘘をば方便といい、武士の嘘をば武略という。これをみれば、土地百姓は可愛いことなり

この名言いいね! 0
順逆二門に無し 大道心源に徹す 五十五年の夢 覚め来れば 一元に帰す 心しらぬ 人は何とも言はばいへ 身をも惜まじ 名をも惜まじ

この名言いいね! 0
自分は石ころのような身分から信長様にお引き立て頂き、過分の御恩を頂いた。一族家臣は子孫に至るまで信長様への御奉公を忘れてはならない

この名言いいね! 0
時は今、天が下知る五月哉

この名言いいね! 0
たとえ天下をとったとしても、妾は持たぬ

この名言いいね! 0
鳴かぬなら 私が泣こう ほととぎす

この名言いいね! 0
わしは千人の頭になることくらいで終わるつもりはない。もっと大きくなる

この名言いいね! 0