【BLEACH】朽木白哉の名言・名セリフ

朽木白哉(くちき びゃくや)


タイトル:BLEACH 作者:久保帯人 出版社:集英社 連載:週刊少年ジャンプ 連載期間:2001年 – 2016年

護廷十三隊六番隊隊長。ルキアの兄であり、四大貴族「朽木家」の現当主。プライドが高く、冷静沈着。鬼道においても高い実力を持ち、死神として非常にバランスの取れた高い戦闘能力を有する。斬魄刀の名は『千本桜(せんぼんざくら)』

Sponsored Link

【BLEACH】朽木白哉の名言・名セリフ

命を捨てて奮う刃で護れるものなどないと知れ

この名言いいね! 5
兄の勤めは あの街を護ることだ 行け 兄は空座町の死神代行だろう

この名言いいね! 6
我々は涙を流すべきではない それは心に対する肉体の敗北であり 我々が心というものを 持て余す存在であるということの 証明にほかならないからだ

この名言いいね! 3
今の言葉は 黒崎一護を現世に送ったことで戦いが終わると言っているように聞こえる 黒崎一護の 勝利を信じていると 言っているように聞こえるぞ

この名言いいね! 5
絆とは全て点描画の様なもの離れて初めて真の姿を知る事ができるその事を私は忘れてしまっていた

この名言いいね! 5
兄は確かに私の恩人だ 感謝はしている…だが兄は 黒崎一護の敵だ ならば私は兄が誰の恩人だろうと殺すに瑣少の躊躇いも無い

この名言いいね! 10
恐怖とは無から生まれるものでは無い 心の中の 僅かな不安を侵食されて生まれるものだ

この名言いいね! 5
猿猴捉月 けだものの目に映るのは 所詮 水に映った月までだ それを捉ろうと?いても ただ水底に沈むのみ 貴様の牙は 私に届くことはない 永遠にな

この名言いいね! 3

BLEACHの登場人物一覧

[table id=36 /]