杉田玄白の名言格言11選

杉田玄白(すぎたげんぱく)

江戸時代の蘭学医。若狭国小浜藩医。著名な実績として『解体新書』(『ターヘル・アナトミア』の和訳)。

杉田玄白の名言格言

明日の是は慮念すべからず

この名言いいね! 0
飲と食とは度を過ごすべからず

この名言いいね! 0
為すべきは人にあり。成るべきは天にあり

この名言いいね! 0
動作を勤めて、安を好むべからず

この名言いいね! 0
おのれ上手と思わば、下手となるの兆しと知るべし

この名言いいね! 0
壮実を頼んで、房をすごすべからず

この名言いいね! 0
事なき時は薬を服すべからず

この名言いいね! 0
一滴の油、これを広き池水のうちに点ずれば、散じて満池に及ぶとや

この名言いいね! 0
医の業は習熟に在らざればその妙処は得がたし。此の故に一人にても多く病者を取扱い、功を積みたる上ならでは、練熟することは成り難しと知れり

この名言いいね! 0
正物に非(あら)ざれば、苟(いやしく)も食すべからず

この名言いいね! 0
昨日の非は悔恨すべからず。明日、これを念慮すべし

この名言いいね! 0