東尾修の名言格言集

東尾修(ひがしお おさむ)

職業:)、 誕生:1950年5月18日 出身:和歌山県有田郡吉備町(現:有田川町)

1970年代から1980年代のパ・リーグを代表する投手であり、同年代の山田久志(阪急)、村田兆治(ロッテ)、鈴木啓示(近鉄)らとしのぎを削った。1995年から2001年までは西武ライオンズの監督を務め、1997・1998年の2年連続でパ・リーグを制した。通算165与死球はNPB記録。

Sponsored Link

東尾修の名言格言

イメージが植えつけられているから、投げなくても勝てた

この名言いいね! 0
試合中、2アウト満塁、フルカウントの場面で投げられる球になって、初めて球種が増えたことになるんだぞ

この名言いいね! 1
200勝までは自分のために投げていたけど、残りの51勝はチームのために投げていた

この名言いいね! 0
新しい球種を自分のモノにするっていうのは、単に投げられるようになればいいってもんじゃない

この名言いいね! 0
1億と聞いたときゼロの数を数えたよ

この名言いいね! 0
好きになった女がいたら、グラウンドに連れて行け。汗と泥まみれの姿に何も感じないヤツならやめておけ

この名言いいね! 0
まっすぐが通用するうちに、次の変化球を覚えておけよ

この名言いいね! 0
自分にとっての誇りは、登板数の多さと被本塁打数の多さ、そして20敗も2回経験していることかな

この名言いいね! 0
このボールの重みを感じて欲しい。君が200勝したら返してくれ

この名言いいね! 0