松坂大輔の名言格言集

松坂大輔(まつざか だいすけ)

職業:プロ野球選手(投手) 誕生:1980年9月13日 出身:東京都江東区

「平成の怪物」と呼ばれ、21世紀初の沢村栄治賞を受賞。甲子園優勝、パリーグ優勝、日本シリーズ優勝、ワールドシリーズ優勝、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)優勝を経験している。アテネオリンピックの銅メダリスト。

Sponsored Link

松坂大輔の名言格言

鍛えていく上で何が大事かというとバランス。自分が力を出しやすい体勢でも、(バランスの観点から見ると)間違いだったりするんです

この名言いいね! 0
とにかく一生懸命投げることですね

この名言いいね! 0
メジャーは僕にとって難しい場所であってほしいと願っています

この名言いいね! 0
マウンドに立ってからでないと、どういう球を投げるかわからない

この名言いいね! 0
気を遣われるのがイヤなんです。本当に病人(ケガ人)になってしまう気がするから

この名言いいね! 0
目標がその日その日を支配する。この教えを胸に、僕は新たな道を切り開きます

この名言いいね! 0
今までのボクの野球人生が順調すぎたのかもしれませんね。確かに手術を受けてから先は苦難の連続になるかもしれない。でも、それも覚悟の上ですよ。ボクは今、野球を『エンジョイ』できている

この名言いいね! 0
僕には若い時から貫いてきたこだわりがある。それは曲げられないですね。曲げてしまったら、気持ちがダメになってしまう気がします

この名言いいね! 0
僕は40歳を過ぎても現役でいるつもりですし、150km近い球は投げていたい。そのために25歳までは何を、30歳まではどうするというプランはあります

この名言いいね! 0
トップだからいいというもんじゃない。二番目が彼方に霞む程ずっと先を行っていたい

この名言いいね! 0
早い内から明確な目標をもって、そこに向かって何をするべきかということを考えながら、普段から生活したほうがいいと思います

この名言いいね! 0
僕は元々、夢という言葉は好きではありません。見ることは出来ても叶わないのが夢

この名言いいね! 0
研究されたほうが面白い。その裏をかけばいいんですから

この名言いいね! 0
『どうだ!!!』って見返すことができました

この名言いいね! 0
プレッシャーがどういうものかわからない

この名言いいね! 0
球種の追求とかトレーニングの方法、マウンドでの駆け引き、あるいは捕手や野手陣の動かし方など、仮説を立て、実験して、結果を求めて、それを分析して、実際にやれるかどうか見極めるという一連の作業が好きなんだよね

この名言いいね! 0
ピッチャーでも野手でも、チーム内に刺激を受ける選手がいます。だから、その人たちのトレーニングはよく見てます。やってること自体は、そんなに違いはないんですが、やっぱり、一流の選手は目的意識を明確にして、トレーニングに取り組んでますね

この名言いいね! 0
僕は夢は見ない。常に目標を掲げる

この名言いいね! 0
きつくても妥協せずにきっちりやりたかった

この名言いいね! 0
三球三振で27人のバッターをうちとるのが究極の理想のピッチングです

この名言いいね! 0
今日は満点です。でも、これが最高じゃない

この名言いいね! 0
状況にもよるけど、苦手なコースを攻めて打ちとっても、何にも面白くない。強打者が得意とするコースを突いて、それでも三振を取るのが本物のピッチャーです

この名言いいね! 0
諦めない。ただそれだけ

この名言いいね! 0
私達のグラウンドでの働きを被災者に捧げる

この名言いいね! 0
自分もいつかは大リーグでやってみたい

この名言いいね! 0
自分の力でやります。必ずまずは自分の力で

この名言いいね! 0
プロはもう憧れじゃない

この名言いいね! 0
命をかけてやっているんです

この名言いいね! 0
最高の打者に最高の練習ができた

この名言いいね! 0
今日で自信が確信に変わりました

この名言いいね! 0