松平康隆の名言格言集

松平康隆(まつだいら やすたか)

職業:バレーボール全日本選手 誕生:1930年1月22日 死没:2011年12月31日 出身:東京府東京市荏原区(現・東京都品川区)

日本のバレーボール全日本選手、バレーボール全日本男子代表監督、日本バレーボール協会名誉顧問、アジアバレーボール連盟終身名誉会長、国際バレーボール連盟名誉副会長、日本オリンピック委員会名誉委員。2008年3月から“心の東京革命”推進協議会(東京都青少年育成協会)会長を務めた。

Sponsored Link

松平康隆の名言格言

バレーボール一筋に人生を終えられて非常に幸せでした。自分の人生でやりたいことは全部できましたし、思い残すことは何も無い人生でした

この名言いいね! 1
背は低く、酒も飲めない、欠点の多い私に対して、選手が一目も二目もおいてくれ、最後までついてきてくれた理由。それは、私が世界のバレーボールを日本のどの選手よりもよく知っていたし、それなりの勉強もした。その結果、世界のバレーボールに関する現状と、将来の予測、人脈まで誰よりも知悉(ちしつ)しているという自負を持っていたからである。

この名言いいね! 1
金メダルを取るために、犯罪以外は何でもやった

この名言いいね! 1
人間、それぞれの得手、不得手があるものである。その得意とするものに自信を持ち続け、不得手なものに対するコンプレックスを払拭できたものだけが、熾烈な勝負、人生のレースに勝ち残れる。

この名言いいね! 1
勝つことも大切だが、その前にもうひとつ、勝利をわがことのように喜んでくれる人を1人でも多く持つことだ

この名言いいね! 1
私は意識して世界一という言葉を使った。男なら、期待が大きければ大きいほどやりがいを感じるものだからだ

この名言いいね! 1
今年は勝負の年だ

この名言いいね! 0
創造性のないチームが世界一にはなれない

この名言いいね! 1
日本選手を世界一に育てるためには、どうしてもやりがいのある場を作ってやらねばならぬ

この名言いいね! 1
物事をきちっと詰めているか詰めていないかというのが一番大事で、世界一になるか、ならないかは、そこで決まるんです

この名言いいね! 1
(20m疾走というトレーニングで)練習を見てると、最初の10mぐらいはバーッと走って、あとは流すのがほとんど。これは似て非なるものであって、20m疾走の効果が全然、出てこない。ところが、20mを最後まできちっと走り抜くと、1年間で全然違った体力になる

この名言いいね! 1
人は、いま、元気でも明日はどうなっているかわからない。それならば、決して悔いのない人生を過したい、自分の人生が満足だったと思えるものにしたい

この名言いいね! 1
選手に認めてもらうための努力を積み重ねたことが、選手の理解を得る足がかりになった。

この名言いいね! 1
私のミュンヘン時代の部下は、選手、コーチ、トレーナーとも私の持っていない、尊敬できるものを持っていた。しかし、私はコンプレックスを感じたことは微塵もなかった。なぜなら、私は彼らの知らないことを知り、できないことをできるように努力したからである。この努力をしないで、「俺は監督だから」というところに拠り所を求めたら、すべてが終わりになる。

この名言いいね! 1
常識の延長線上に世界一は絶対にない。非常識の延長線上にしか世界一はない

この名言いいね! 1
社長の立場に拠り所を求めたとき、社員は一様にそっぽを向き始めることになる。

この名言いいね! 0
死ぬ寸前ぐらいまで練習はやらなきゃいけない

この名言いいね! 1
指導者とは教える人間ではありません。教えるのはある段階までのこと。指導者がもっとも心がけなければならないのは、生みだすことのできる人間に育ててやることです。教わったことが全部できたというだけでは大したことはありません。教わったものを土台にし、栄養にして自分自身の独特な何かを生みだすことができてはじめて一人前になるんです

この名言いいね! 1