森島寛晃の名言格言集

森島寛晃(もりしま ひろあき)

職業:元プロサッカー選手、サッカー指導者、 誕生:1972年4月30日 出身:広島県広島市南区

日本セレッソ大阪運営会社「株式会社セレッソ大阪」代表取締役社長。愛称は「ミスターセレッソ」「モリシ」。ポジションはミッドフィールダー(OH)、フォワード(ST)。1998年、2002年FIFAワールドカップメンバー。

Sponsored Link

森島寛晃の名言格言

慎重に狙うとダメなんですが、思い切り撃つと結構決まるんです。

この名言いいね! 0
チャンスを見つけて前線にどんどん飛び出していくのが自分の持ち味だと思うですけど

この名言いいね! 0
自分が若いころは、サッカー選手なのだからピッチの中でのプレーが名刺替わりだという意識が強かったんです。でもいまになって思いますよ。あのころから違った意識を持っていたら、どんなにかいまの仕事にプラスだったろうかって

この名言いいね! 0
クラブに雇われているとは言っても、サッカー選手は究極的には個人事業主。自分の身は自分で守らなければならないところがあるんです

この名言いいね! 0
小さい選手は小さい選手なりに、大きい選手にはない、いいところが必ずある。大きい選手よりも早く判断して動き出せばいい。そういうプレーをすれば、大きい選手とだって互角に戦える

この名言いいね! 0
チームというのはいろんな個性のある選手たちが集まってできあがります。それをうまく機能させるには、モチベーションを上げていくことが必要です。これは選手だけでなく、スタッフも同様です。

この名言いいね! 0
(社長に就任して)最初に全スタッフに伝えたことは「常に感謝の気持ちを持つ」ということです。

この名言いいね! 0
セレッソも阪神のように、「試合があるから応援せなあかんな」「今日は勝ったな」「あかんかったな」と話題になり、「大阪と言えばセレッソ」と言っていただける、大阪の文化の一つになれるクラブを目指しています。

この名言いいね! 0