江夏豊の名言格言集

江夏豊(えなつ ゆたか)

職業:プロ野球選手(投手)、解説者、評論家、 誕生:1948年5月15日 出身:

日本記録であるシーズン401奪三振、最優秀救援投手5回などを記録。オールスター9連続奪三振や江夏の21球等のエピソードを多く持つ。

Sponsored Link

江夏豊の名言格言

ボールというのは、いいバランスで投げれば勝手にアウトローにいく。アウトローという一本の大木ができれば、あとは枝葉をつけていけばいい。

この名言いいね! 2
わしらはプロや。素人やない。ただひとつ。勝つことや。アマチュアなら正々堂々とかキレイごとを言っておれるし、またそれはそれで尊いことやと思う。だけど、プロは何が何でも勝つことや。卑怯とののしられようが、うしろから敵に斬りこんでいって背中に一太刀浴びせたって構わんとわしは思う。わしらはプロフェッショナルなんやから

この名言いいね! 1
王さんには、こっちが“決めた”と思った球はまず打たれない。長嶋さんは反対で“やった”という球を打たれるんだなあ。

この名言いいね! 1
ピッチャーは一球で地獄を見る。バッターは一振りで天国へ上がれる。しかもピッチャーは一球では天国は上がれない

この名言いいね! 1
俺がプロ野球生活の中で一番うれしかったことは何だと思う? 昭和45年のキャンプの初日に村山さんから「開幕はおまえで行く」と言われた時だよ。

この名言いいね! 0
第1打席をインコースの球で、見送り三振にとる。いい打者ほど、頭の中がパニックになって、試合の間、その球が頭から離れなくなってしまう。

この名言いいね! 1
俺は肩が完全に仕上がり、コントロールが完璧になるまでブルペンに審判を立たせなかった。

この名言いいね! 0
わしらはいつも勝つことをモットーにギリギリの修羅場を今日まで歩んできた。気がついてみたら、いつの間にかかなりの高給取りになっとった。昔、大丸工業の草野球で、2、3千円儲けては嬉々としてはしゃぎまわり、串カツをたらふく食うことを無上の快楽と心得ていた貧乏少年のわしがや。勝ってきたからや

この名言いいね! 0
俺は口は少ないけど、手は早いぞ。覚悟できるか。

この名言いいね! 0
管理野球とか、組織野球とか、わしは考えとうもない。

この名言いいね! 2
選手が『チームワーク』なんてものをいちいち考えとったら、野球なんぞできん。そんなことは上の人が考えればいいことで、ワシら選手はそれぞれの持ち場の責任を全うすることが仕事やし、第一だ

この名言いいね! 0
しかし、プロはそれで通用するほど甘くはなかった

この名言いいね! 0
阪神巨人戦が盛り上がるのは当たり前だ。関が原の戦いの続きだから

この名言いいね! 1
野武士っていうのはのたれ死が似合うよ

この名言いいね! 1
自分はとにかく投げることが大好きだった。首脳陣に自分から投げたいと言ったことはあるけれど、肩、肘が痛くて投げられませんと言ったことは一度もない。それが現役生活18年の一番の誇りだ

この名言いいね! 0
勝負事はやっぱり勝たなくちゃいけない、勝つってことがどれだけすばらしいことか

この名言いいね! 0
高三の夏の大阪大会では6試合で81奪三振。直球だけで三振の山を築いた

この名言いいね! 1
先発の時は3球三振で9回まで投げ、81球で抑えるのが夢やった。だけど、今は27球で終わりにするほうがすごいと思っている。

この名言いいね! 1
プロ野球選手は、みんなの憧れだった。夢を与える存在だった。時代が変わろうとその原点は動かない。選手たちはグラウンドで、プロって凄いんだ、ということを見せつけないといけない。

この名言いいね! 0
代えられるくらいならユニフォームを脱いでもいいんだと思った

この名言いいね! 0
要は仕事に対する情熱、やる気や。要は勝つことや。勝とうとする意識、意欲が15年間わしを支えてきた。結局、男の精神の糧なんてものは、その男が何に対して美を見出すかの問題やと思う。わしは野球人としてのわしの美学を常に勝つことに置いてきた。

この名言いいね! 0
勝つことと、金儲けをすることが、わしの心理の上で直結していたわけではない。案外おカネには淡泊やった。プロ入り以来契約更改で揉めた記憶もない。おカネのことでごちゃごちゃするのは好きじゃなかったのだ。そりゃ、人間だからわしも一銭でも多く給料はもらいたい。でもこちらの期待する年俸が提示されなかった年でも、わしはポンポン印鑑を捺してきた。カネがもっと欲しけりゃ、来年もっと頑張ればええ。もっと勝てばええ。要は勝つんや。こう思って生きてきた

この名言いいね! 0
働いた人も働けなかった人も、主力であろうが脇役であろうが、選手も裏方さんも、みんなが喜び合えるのが優勝だ。いくら個人の勝ち星が伸びようが、記録を達成しようが、この喜びは味わえない

この名言いいね! 1
打者にとっての基本がトスバッティングであるように、投手にとっての基本はキャッチボール。その延長にブルペンがあり、ブルペンの延長に試合のマウンドがある。

この名言いいね! 0