【はじめの一歩】浜団吉の名言・名セリフ

浜団吉(はま だんきち)


タイトル:はじめの一歩 作者:森川ジョージ 出版社:講談社 連載:週刊少年マガジン 連載期間:1989年 –

鴨川会長と猫田の青年時代のライバル。現役時代は天才とまで称された頭脳派のテクニシャンで、引退後はトレーナーとして多くのボクサーを育てた。

Sponsored Link

【はじめの一歩】浜団吉の名言・名セリフ

真田にはもう一つの夢がある 未練はないだろう じゃが 世界を夢見ていたのも事実 その夢をあきらめたのが現実 願わくば ヤツが振り返った時 小さな石につまづいたのではなく とてつもなく大きな山にぶつかったのだと思わせてほしい

この名言いいね! 0
まだまだオイボレておらんよ

この名言いいね! 0
燕返しすら捨て駒よ!!

この名言いいね! 1
胃・心臓・肝臓などがなぜ急所と呼ばれるか? それは神経群が集中しているからじゃ

この名言いいね! 0
強いはずじゃ、ボウヤは二人で闘っておったのじゃからな

この名言いいね! 0
急所を強打するとその神経群が硬直してしまう すなわち息ができなくなる これがボディーブローの効果じゃ

この名言いいね! 0

はじめの一歩の登場人物

[table id=38 /]