石川佳純の名言格言集

石川佳純(いしかわ かすみ)

職業: 誕生:1993年2月23日 出身:山口県山口市

日本の女子卓球選手。愛称はかすみん。両面裏ソフトドライブ主戦型。ITTF世界ランキング最高位は3位。ロンドン五輪、リオデジャネイロ五輪日本代表(共にシングルス及び団体)。

Sponsored Link

石川佳純の名言格言

団体戦でチャンスがあると思うので、そこでリベンジしたい

この名言いいね! 0
私は強運の持ち主なのかどうか……

この名言いいね! 0
1月まで、福原さん、私も、ちょくちょく中国で練習していましたが、五輪が終わるまで、もう中国は受け入れなくなっていますからね。王者・中国もいよいよ、本気モードに入っています

この名言いいね! 0
中学から、大阪の中学校に行くけど、小学校生活は絶対に忘れません。そして、7年後にみんなで同窓会をすると計画しているので、今から楽しみです

この名言いいね! 0
ロンドン五輪の中国代表は、五輪初出場の選手たちです。五輪は誰でも緊張する大舞台、私がいいプレーをする準備ができていれば、チャンスがまったくないとは言い切れないでしょう?

この名言いいね! 0
練習の時間ですか?試合=練習です

この名言いいね! 0
ロンドン五輪では団体戦が最もメダルに近いんじゃないでしょうか。団体戦(シングルス3試合、ダブルス2試合)の鍵は、ダブルスを確実に勝つことです

この名言いいね! 0
こうやって私が卓球に全力を注ぐことができるのも、多くの支援や声援のおかげです。すごく感謝しています

この名言いいね! 0
六年生の全国大会に行く前に先生や友達が、「がんばってね」と明るく送り出してくれました。みんなが応援してくれたおかげだと思います

この名言いいね! 0
ラケットのラバーの種類でも、コートの立ち位置が変わるんですよ。平野さんと組んだ場合は台の少し後ろ目、福原さんだったら台の近く、といった具合に。試合を見る機会があったら、チェックして見てください

この名言いいね! 0
6年間、中学、高校とミキハウスの先生に教えていただいて、本当にいい環境だった

この名言いいね! 0
1つ目の目標はメダル獲得。全力で戦いたい

この名言いいね! 0
うっ、痛い――。初めての腰痛でした。幸いなことに軽い炎症で、休めば治るものでした

この名言いいね! 0
自分で考えなくてはいけないということで、試合前にたくさん戦術を考えてゲームに入るようにしました

この名言いいね! 0
全日本では福原さんと組みましたが、準々決勝でマッチポイントまで握ったのに、優勝したペアに負けてしまいました。2人ともそれぞれ別に練習していて、一緒の時間が少なく、最後に優勝ペアと呼吸の差が出たと思います

この名言いいね! 0
中学1年から寮生活を始めて、真面目にがんばっているし、技術もメンタル面もすごく成長しています。ナショナルトレーニングセンターで、梨良の姿を見るたびにそう思います

この名言いいね! 0
基本練習はやらないと駄目なんですけど、応用っていうのは試合でしか試せないんです

この名言いいね! 0
サーブが悪いと、得意のレシーブにも影響が出るんですよ。レシーブに自信が持ちきれなくなります。そうなると、試合展開が難しくなってしまいますから

この名言いいね! 0
今、10種類くらいのサーブを打てますが、もっともっと増やさないといけません

この名言いいね! 1
色々と技術を変えてみたりと、良い練習が出来たと思います

この名言いいね! 0
1月の全日本選手権でシングルス連覇はできませんでしたが、それほど落ち込んではいません

この名言いいね! 0
海外遠征も最初の方は元気でしたが、自分でも気づかないうちに疲れがたまっていたのかもしれません。足もくじいてしまいました

この名言いいね! 0
レシーバーは、サーバーがサーブを打つ瞬間や腕の振りで、コースや回転を予測します。同じ回転でもモーションを変えたりするだけで、イメージがガラッと変わります

この名言いいね! 0
まずは体力やフィジカル面で、強豪選手に対抗できることを目指し、その上で技術も磨いていきたいと考えています

この名言いいね! 0
梨良とは2012年の日本リーグ以来、1年半ぶりの対戦でした

この名言いいね! 0
ダブルスとシングルスでは、戦い方が違うんですよ。まずダブルスは2選手が交互に打つので、フォアハンドで打つチャンスが多い

この名言いいね! 0
きっと、フォアハンドが良くなったので、ゆっくりと、自信を持ってサーブを出せたからだと思います

この名言いいね! 0
夢の五輪。どこまで強くなれるか試したい

この名言いいね! 0
世界で戦うには、ボールを打つ技術だけではなく、フィジカル面が重要です

この名言いいね! 0
思い切って、何も考えずにやろうと思ったので、それが凄く試合につながりました

この名言いいね! 0
私は卓球に専念するために中学への進学と同時に実家を離れました。私と同じように、妹の梨良が中学1年からアカデミーに入ると聞いたときは、うれしかったですね

この名言いいね! 0
紫は今まで着たことがないので新鮮

この名言いいね! 0
負けたり、落ち込んだりしても、卓球ファンの方やスポーツファンの方などに声をかけていただくと、もう一回がんばろう、次は自分が勝っているところを見てもらおう、と思えます

この名言いいね! 0
年下の選手の良さって、思い切り。その長所を十分に発揮してもらうには、気を使わせてはいけない――

この名言いいね! 0
昔から梨良は元気がありましたが、いつの間にか大きくなって、身長は抜かれてしまいましたね(笑)

この名言いいね! 0
予選でカットマンの王輝選手と対戦したのですが、NTの合宿で毎日カット打ちをしていたので、それが自信になっていたし、良い試合につながったと思います

この名言いいね! 0
リオデジャネイロ五輪では、個人と団体、どちらでもメダルを取りたいですね

この名言いいね! 0
これまで何度も福原さんと対戦していますが、受け身にならないで、常に攻めて行こうという気持ちでプレーしました

この名言いいね! 0
小学1年から卓球をやってきて、今でもプレーしていて楽しいですし、私の一部と言える、とても大切な存在になっています

この名言いいね! 0
私が山口の実家にいた頃は、まだ梨良は小さくて、本格的には卓球を始めていませんでした。アカデミーの厳しい練習環境の中でどんどん成長している姿を見ると、本当に大きくなったなと思います

この名言いいね! 0
男子の技は女子には難しく、回り込んでドライブを打つなんてまず無理ですが、チキータ(チェコのコルベル選手が始めた打ち方で、ヒジを突き出して手首をできる限り内側に曲げて、その反動を利用してボールの外側を打って強烈な横回転をかける)は取り入れやすいですね

この名言いいね! 0
でも、時間が経てば、女子もみんなやり始めるのではないか、と思っています

この名言いいね! 0
(福原)愛ちゃんみたいになりたい、愛ちゃんみたいに強くなりたい

この名言いいね! 0
負けると思って泣きそうだったが、最後勝って泣いてしまった。負けたらどうしようという思いを捨てて、絶対最後まで粘ろうと思った。2年前のリベンジをしようと思った

この名言いいね! 0
すごい緊張したけど、終わったらすごく楽しくて、バッチリだったよと言ってくださったので、嬉しかったです

この名言いいね! 0
梨良と私は互いに良いところが違うので、私にとってはアドバイスしているというより、仲良く話し合っているという感じです

この名言いいね! 0
例えば、これまではボールを歩いて拾いに行くこともあったのに、今回は走って拾いに行っていた。試合運びがすごく変わったな、と感じました。そんな勢いに押されたのかもしれません

この名言いいね! 0
ただ、攻める卓球に変えようと、ずっと心がけていることは、間違っていなかったと思います。全体的に安定感が出て、強いボールも連続して打てるようになりました

この名言いいね! 0
見よう見まねですが、丹羽孝希選手(青森山田高)のチキータを参考に、時々試合でも使っています。相手はびっくりしますよ

この名言いいね! 0
今日は自分にとって、非常に良い試合ができました。合宿でフォームも少し変えたし、練習でやってきた成果も出せたので、気がついたらガッツポーズをしていました

この名言いいね! 0
五輪シーズン、卓球界も例年以上に熱いです。私も五輪直前までプロリーグなどで戦い続けます

この名言いいね! 0
良いラリーも何回か続いたし、最後の連続攻撃や、サーブを持っているときの3球目攻撃もすごく良くなっています

この名言いいね! 0
まだまだだなと思った

この名言いいね! 0
卓球というスポーツはやればやるほど奥が深いです。相手との駆け引きや、どうボールに回転や変化を付けたりするかなど、頭を働かせながら体を動かすスポーツだなと感じています

この名言いいね! 0
海外の試合でも基本的にベスト8には入れるようになったし、21歳以下の大会では負けません

この名言いいね! 0
卓球台に確実に入れる打ち方と、強打するのとでは打ち方が違うのですが、使い分けが十分でなかったかもしれません。それが全日本の反省です

この名言いいね! 0
14~16歳のころは、どんなに疲れてもぐっすり寝て、翌朝起きれば“全快”でした。柔軟体操をしなかったり、ご飯を食べなかったりしても、寝れば大丈夫だったんです

この名言いいね! 0
フォームを変えたことにより、以前までは打つ時に首が動いてしまっていた(首が横を向く)のですが、首を正面に向けたまま打球できるようになり、打点も少し早くなりました

この名言いいね! 0
私の将来の夢は、オリンピックに出ることです。オリンピックに出るだけではなく、世界で活躍できる選手になりたいです

この名言いいね! 0
これまでも、これからもずっと同じ卓球という競技で、家族ががんばっているのはとても励みになります

この名言いいね! 0
中国選手に勝つのは現実的に厳しいですが、勝機がまったくないとは思っていないですよ

この名言いいね! 0
私がこれから目標にすることは、だれからも好かれる人になって、おめでとうって応援してもらえる選手になることです

この名言いいね! 0
目標は決勝進出、中国以外には勝つこと。世界選手権は五輪と違って3位決定戦がないですから、準決勝で敗退してメダルを獲得しても満足してはいけません

この名言いいね! 0
けれども、強いボールを打つことに意識がいきすぎて、本来の私の良さ……タイミングの変化、コースの変化などをつけるのを忘れてしまっていました

この名言いいね! 0
2020年東京五輪の時、私は27歳です。卓球人生の集大成として出場できるオリンピックだと思っていますし、姉妹で出場することを大きな目標にしています

この名言いいね! 0
サーブは唯一、自分の意思だけで打てるショット。サーブがいいと、ラリーも有利に進められます

この名言いいね! 0
(かつて私と組んでいた)平野早矢香さん(ミキハウス)も、福原さんもうまく私をリードしてくれていたんだな、と思います

この名言いいね! 0
オリンピックのメダルはこんなに重いんだって思いました。ほかのメダルと全然違います

この名言いいね! 0
もっと強くなって、皆さんにオリンピックでの金メダルを期待してもらえるような選手になりたいです

この名言いいね! 0
今はさすがにそうはいきません。体操、栄養摂取……、体調管理は欠かせません

この名言いいね! 0
今日は凄く良い試合ができました。まるで自分ではないようです。思い切って、何も考えずにやろうと思ったので、それが凄く試合につながりました

この名言いいね! 0
ロンドン五輪では団体で銀メダルが取れてとてもうれしかったですが、個人戦では4位と、あと一歩のところで悔しい思いをしました

この名言いいね! 0
卓球を始めたのは、一年生の終わりからで、初めて全国大会に出たのは二年生の9月でした。その時はベスト64位、三年でベスト32、四年で16位、五年で8位、六年で優勝することが出来ました

この名言いいね! 0
すごいオシャレでカラフルでかわいい。こういうかわいいユニフォームを着て試合したい

この名言いいね! 0
楽しい技の習得もあります。私は男子の試合を見るのが好きで、技を盗んで、練習で取り入れています

この名言いいね! 0
シングルスなら、相手は自分の打ったボールを返してくるので予測しやすいけれど、ダブルスの場合はパートナーが打ったボールを相手が打ち返し、それを自分が打つ。自分のボールじゃないから、予測しにくいところがあります。練習でパートナーの球質を把握しておくことが大切です

この名言いいね! 0
梨良はバックハンドがもともと上手なので、いろんなコースに振っていくように意識しました

この名言いいね! 0
梨良も含めてアカデミー生は強くなっていますね。totoをはじめ、さまざまな支援や応援を自分たちのパワーに変えて、さらに強くなって欲しいです

この名言いいね! 0
今回の福原さんは、1本目から気合が入っていて、本当に強かった。今までと戦い方が違っていました

この名言いいね! 0
アカデミーは、トップ選手と一緒に練習したり、中学生で何度も海外遠征を経験できたりと、5歳上の私の時代には考えられないようなすばらしい環境です

この名言いいね! 0
シングルスだったら簡単に軽いボールを真ん中に返しても、1本くらいだったらそれほど打ち込んではこられません。むしろ真っすぐ直線的にボールが来ると、緩いボールでも調整しにくいので、効果的なんです。ダブルスの場合はそんなコースに打ったら、フォアに回り込んで一発で決められてしまいます

この名言いいね! 0
そう思って、「いいよ、いいよ」「ゴメン、ゴメン」などと言っていたら、しまいには吉村君と「ゴメン」の言い合いに。「こういうのはナシで行こう」と言ってから、良くなりましたけれど……

この名言いいね! 0
ここ最近は悔し涙ばかりだったので、五輪でうれし涙を流せてよかった。味?しょっぱかったです

この名言いいね! 0
ややこしいところがあるからこそ、ダブルスの方が勝機があるかな、と思います

この名言いいね! 0
高校も卒業したので、自分でどれくらいできるのか挑戦してみたかったんです

この名言いいね! 0
カット打ちをやり込んでいたので、自信になっていたし、非常によかったと思います

この名言いいね! 0
正直言って、私はこれまで団体戦でいい思い出がありません。(08年広州大会、10年モスクワ大会共に準決勝敗退)。だから、今大会で団体戦へのいいイメージを持てるようにしたいですね

この名言いいね! 0
サーブは根本的に技術向上が必要だと痛感しました。コース取りの意識が薄くなっていたし、私のサーブは相手に慣れられているな、と感じました

この名言いいね! 0
以前より一緒にいる時間が増えたので、卓球以外のこともたくさん話すようになりました

この名言いいね! 0
福原さんにはいつもダブルスなどでお世話になっているのですが、シングルスでは福原選手は世界ランクも上ですし、ダブルスとは違った気持ちに切り替えて、挑戦者の気持ちで挑みました

この名言いいね! 0
(大会前から)自分が負ける夢を何度も何度も見て、不安だった。みんなで、力を合わせて戦うことができて良かった

この名言いいね! 0
私が六年間小学校に通って一番思い出に残ったのは、やはり六年生で過ごした一年間です。ケンカしたり色々なこともあったりするけど、とても学校が楽しいです

この名言いいね! 0
頭の中で考えているより、声に出して、自分に言い聞かせるんです

この名言いいね! 0
優勝した福原愛選手は強いから、負けても当たり前だし、逆に私が勝ってもビックリということもありません

この名言いいね! 0
福原さん、そして吉村真晴君(野田学園高)と、私のダブルスのパートナーが、全日本シングルスの男女を制しました。吉村君は初めて組んだ年下のパートナー。今まで年上とばかり組んできたので勝手が違います。こちらが励まさないといけません

この名言いいね! 0
それまでに出場する大会を一つずつ全力で戦って、最高の状態で東京五輪を迎えられるように成長していきたいと考えています

この名言いいね! 0
五輪という舞台で試合をするのが夢だったけど、すごい緊張した

この名言いいね! 0
今までのフォームでは、フォアハンドを1本打つと戻れなくなってしまい、フォア側を連続して攻撃されていました。そこで合宿中に中国の強い選手のプレーを研究して、参考にしました

この名言いいね! 0