【聖闘士星矢】天秤座の童虎(老師)の名言・名セリフ

童虎(老師)


タイトル:聖闘士星矢 作者:車田正美
出版社:集英社 連載:週刊少年ジャンプ 連載期間:1986年 – 1990年

天秤座(ライブラ)の聖衣を持つ黄金聖闘士(ゴールドセイント)。必殺技は廬山昇龍覇など。紫龍の師であり、「老師」と呼ばれすべての聖闘士の尊敬を集めている。

Sponsored Link

【聖闘士星矢】天秤座の童虎(老師)の名言・名セリフ

情のためよりも義のために生きることはすばらしいが…悲しいな、紫龍よ…。

この名言いいね! 4
正義のため多くの人々のために闘うのは確かに尊いことじゃが・・・しかし全世界を敵にまわしてもたったひとりの人を愛する・・・そんなことがあってもよいのではないかと思うが・・・の

この名言いいね! 4
戦いとは無心。そして集中力。

この名言いいね! 2
馬鹿者め! 悪が正義になることなどあるものか!  ―それが所詮、力無き正義の宿命というものだ。悪は所詮、悪に過ぎん! 真の正義とは、どんな時の流れにも不変なもの。

この名言いいね! 7

一緒に死ぬか紫龍よ。

この名言いいね! 3
やれやれ。五年も学べばヒナも空を羽ばたけるぞ。神業を持ってせねば不可能と言うが、それを身につけたものが聖闘士ではないか!

この名言いいね! 2
みせかけの命が・・・若さが・・・それほどうれしいか・・・命とはただひとつのもの・・・それゆえに何よりもかえがたく尊く 光り輝くものだとは思わんのか・・・

この名言いいね! 2
亢龍とはすなわち、天の極点までのぼりつくした龍のこと。 昔から亢龍悔いあり――といってな、 何事も極点までいってしまうと、後は滅ぶしかないということじゃ

この名言いいね! 3
お主の心に弱さがある証拠よ。

この名言いいね! 1

【聖闘士星矢】登場人物一覧

主要キャラ(青銅聖闘士)

[table id=34 /]

[table id=35 /]