野口みずきの名言格言集

野口みずき(のぐち みずき)

職業:陸上競技選手(長距離走、マラソン) 誕生:1978年7月3日 出身:三重県伊勢市

2004年アテネオリンピック・マラソン競技金メダリスト。女子マラソンの日本記録、アジア記録保持者。

Sponsored Link

野口みずきの名言格言

シドニーオリンピックの前後ですね。社会人になってそれなりに競技レベルも少しは上がるにつれて、自分の精神的な部分も、だんだん上がっていったような気がします

この名言いいね! 0
ワコールっていう大きな会社に残って、そのまま仕事をする方が、自分の人生にとっては良かったのかも知れないけど、私は陸上競技の楽しさを知ってしまって仕事みたいな感じには思えなかった

この名言いいね! 0
小さな試合でも大きな試合でも、本当に1つ1つ全力を尽くしていきたいので

この名言いいね! 0
私は世界大会が大好きだったから、7キロぐらいの周回で走っていたんですけど、先頭だったんですよ。最初は「外人についていけばいいや、初めての世界大会だし」と思ってスタートしたら私が先頭なんですよ。なんだこんなもんだったのかと

この名言いいね! 1
まだ1、2年なので、そこまでは信頼関係というか。レースで結果が出ていない私を一緒に連れていってくれるのはすごくありがたかった

この名言いいね! 1
夢っていう質問に対しては、マラソンを走り続けることと答えます。今が夢の真っ最中という感じなので

この名言いいね! 1
4カ月ぐらい仕事がなくて、ハローワークに行きました

この名言いいね! 0
(岩崎恭子について)中学生なのに金メダルを取ったからすごいと思って、見ていました

この名言いいね! 0
選手村にも入ってなかったし、暑かったのでアテネ入りしたのも4日前で、その後もバタバタしていたので、レースのことしか覚えてないです

この名言いいね! 0
達成感ですね

この名言いいね! 0
「楽しい人生」と「楽な人生」は違う

この名言いいね! 0
確かに前日まではそんなに緊張してなくて、当日はそれなりに緊張があったと思うんです。でもいろんな国の人が注目するレースで、いろんな国の人と走れるし、こんな楽しいというか、本当に自分を表現する場所はないという感じで

この名言いいね! 0
そうですね、はい。とりあえずいまは北京のことをしっかりと

この名言いいね! 0
2年生、3年生になるにつれて、市内の駅伝に出るようになって、だんだん好きになっていったと思います

この名言いいね! 0
最初は練習嫌いで、さぼったりしてました。友達に誘われたような形で入ったので

この名言いいね! 0
ドイツの人とか、フランスの人とかいろんなところからファンレターみたいな感じで、来るときがあります

この名言いいね! 0
今は夢の途中なので、向かっているところです

この名言いいね! 0
雰囲気だけはすごく感じて、大きい試合になればなるほど、私はワクワクするタイプなんです。だからむしろ緊張とかいうより、楽しんで

この名言いいね! 0
中学時代に友人に誘われて陸上を始めたのが、きっかけです

この名言いいね! 0
もう一人の選手の方が、実業団の大会で1位を取ったり、自己記録をどんどん塗り替えていった選手なので連れて行くのは当たり前だし、私なんかでいいのかと思っていました。逆にだからこそ恩返しをしたいという気持ちはありました

この名言いいね! 0
小さい頃の夢は、今の競技や仕事に結びついていなくて、何か絵を描くとか、色が好きなのでヘアメークアーティストとかです

この名言いいね! 0
UFOは私だけじゃなくて、トレーナーの人も

この名言いいね! 0
走った距離は、裏切らない

この名言いいね! 1
そのとき(バルセロナオリンピック)は有森さんが印象に残っています。違う競技では、岩崎恭子さん

この名言いいね! 0
それだけじゃなくて、競技をやっていくうえでは、勝負だけじゃなくて、記録ということもあるし、いろんな目標があると思うので

この名言いいね! 0
ナショナル・ジェオグラフィック・チャンネルで、低空飛行してるペンギンを見て、それを空飛ぶって

この名言いいね! 0
目標と聞かれたら、やっぱりドクターストップが掛けられるまで、走り抜くこと

この名言いいね! 0
雰囲気はやっぱり全然違います。いろんな競技の選手の、最大の目標であり、舞台である場所なので、雰囲気とか世界大会とは違うと思うんです

この名言いいね! 0
1万から3万って言ったらね、3万の物が欲しいのよ女の子は!

この名言いいね! 0
いや、目立つのは好きなマラソンだけでいいです

この名言いいね! 0
本当に競技をやってる自分自身だけじゃなくて、生まれてからずっと一人ではないじゃないですか。両親がいて、友達がいて。いろんな人の支えがあって生きているからこそ、人生って面白い。夢を叶えるためにはいろんな人が支えになってくれるというのが、すごく共感できて

この名言いいね! 0
オリンピックから得たものは、メダルを取ることが出来て、帰ってきて、ちょっと忙しかったですが、行事に出てマナーを学んだり、いろんな子ども達がいる行事に参加したり、色々な経験をすることが自分の心に成長をもたらしてくれたかなと思うんです

この名言いいね! 0
練習は裏切らない

この名言いいね! 0
最初に海外に行ったのは1999年のイタリアのシチリア島であった世界ハーフマラソン大会が初めてでした

この名言いいね! 0
高校3年生の時にワコールの真木和選手が、確か名古屋で初マラソンだったと思うのですが、走っているのをテレビで見て刺激を受け、憧れました。ワコール以外にも話は来ていたのですが、憧れの先輩がいるところで走りたいなと思って

この名言いいね! 0
つちのこらしいものは、それもサンモリッツで

この名言いいね! 0
まだ長い距離も走れずレースでも結果を出していなかったので、付いて行ってどこまで自分がやれるかというのを試したかった。もっともっと自分の世界を広げたいと思っていました

この名言いいね! 0
会社の人にも残って仕事をしたらと言われました

この名言いいね! 0
とにかく頑張ってやったら結果が付いてくるんじゃないかなと

この名言いいね! 0
私は世界中の人に自分の走りを見てもらいたいと。監督やコーチとか、他のシューズを作ってくれる人とか、いろんな人に感謝の気持ちを表しているので

この名言いいね! 0
自信にはなりましたね。どんなところでもやっていけるかなっていう、手ごたえみたいなものは掴めた気がします

この名言いいね! 0
走った距離とは言ってますけど、努力は裏切らない。走った距離もそうですけど、毎日の積み重ねがすごくものを言う競技だと思うので

この名言いいね! 0
泳げません

この名言いいね! 0
だからアテネオリンピックで金メダルを取ったあとも、モチベーションを保てたのかなと

この名言いいね! 0
高校のときは、全国インターハイに出ても予選落ちみたいな選手でした。県では1番、東海地区大会でも5番ぐらいで、全国で戦えるレベルではなかったのですが…

この名言いいね! 0
社会人になってもワコール時代にはそんなにプロ意識というのは無くて、ワコールから次のグローバリーに移る失業期間が私には一番のターニングポイントみたいな感じなんです。プロ意識が芽生えて、身体も絞れてきて、3年目から陸上の成績もだんだん良くなってきました

この名言いいね! 0
日本のためにっていう感じではないですね。でも根本的にはあると思うんです。日本代表として戦っているんだから、誇りを持っています

この名言いいね! 0
だから次は何を目標にしていくか。監督とコーチの間では、大きな目標があってそれに向けたスケジュールも考えられていると思うんですが、私はその大きな目標も大事だけど、その前の小さな試合も少しずつ、ちゃんと消化して、またその最大の目標である何かに、チャレンジしたいんです

この名言いいね! 0
金メダルを取ることが出来たのも、いままで集中してやってこれたからだと思います。私が目指しているのはメディアやコマーシャルに出てとかではなく、やっぱりマラソンで自分が納得いくまで、足が壊れるまで走りたいというのが目標なので

この名言いいね! 0
すぐ緊張の糸がほぐれて、そのまま先頭を走ってしまえって感じで

この名言いいね! 0
その前の年の世界陸上よりも脚光を浴びることが多くなったんですけど、私はそれよりも色々な経験をすることが出来たのでよかった。それにはまずオリンピックに出てよかった。金メダル取れてよかったなって思えるだけで、キラキラしたものはあまり自分の中には

この名言いいね! 0
だから監督、コーチというより、私にとってはお父さんとお兄ちゃんって感じです

この名言いいね! 0
全力を尽くして駄目だったら、駄目かも知れないしと考えていたので

この名言いいね! 0
レースの中で目立つというか、世界の人に見てもらいたい。こんな小さいけど努力したら、金メダルも取れるよ、みたいな

この名言いいね! 0
そのままずっと先頭にいて、最後ロルーペ選手()に負けてしまいましたけど。周回のたびにお祭りみたいな感じでアナウンサーが『ミズキ・ノグチ』と言ってくれるのが、すごくワクワクして嬉しくて

この名言いいね! 0
私は日本代表で試合に臨む限りは、100%力を発揮したいと思うし、メダルは何色とは言いませんけど、獲得圏内には行きたいなと思っているだけです、平常心で

この名言いいね! 0
自分達で食事を作ったり、栄養をちょっと考えて、それも勉強できるし。だから私には必要な時期だった。神様が与えてくれた時期だったのかなって。絶対に私の陸上人生の中ではなくてはならない4ヶ月間だったと思います

この名言いいね! 0
(金メダルは)見てないです。しまったままになってますね

この名言いいね! 0
走るのは嫌いなほうではなかったので、運動会の100m走で、結構1番とか2番になりましたが、別にそこまで好きとは思っていなかったです

この名言いいね! 0
英語と日本語でサインを書いて

この名言いいね! 0
食材っていっても、ふりかけとか調味料みたいなものを持って行ったりするぐらいで、むこうの食べ物を楽しむほうですね

この名言いいね! 0
それはハーフマラソンを何本か安定して走れるようになってからです。もしマラソンを走ったらどれぐらいで走れるのかというのがあったし、自分の中でチャレンジしたい、監督やコーチもきっとチャレンジさせたいと思っていると

この名言いいね! 0
やっぱり監督やコーチに付いていきたいという気持ちがすごく強かった

この名言いいね! 0
三人四脚ですね

この名言いいね! 0
いえ、頭角は現していないですよ、全然。市内では上の方だったと思いますが、県では8番くらいで、そんなにパッとしませんでした。でも高校の先生が見てくれていて宇治山田商業高校に誘われたという感じです

この名言いいね! 0
次の日はもしかしたら足が痛くて走れなくなっているとか、何が起こるか分からない。私がこうやってここまで陸上を続けられたのも、全然思ってなかったし、分からなかった。何が起こるか分からないから、先のことを考えるほうではないですね

この名言いいね! 0
キツイです。行ってないんでわかんないですけど。現地に行ってどう思うかですね

この名言いいね! 0
4年間で地球を何周か走りましたね

この名言いいね! 0
草むらから“サササササ~ベーンッ!”って跳びはねたんです。去年見たのとは違った。新種ですよ、あれは

この名言いいね! 0
監督は強ければいいという考えの人ではないです

この名言いいね! 0
球技が好きでした

この名言いいね! 0
雑食なんで(笑)

この名言いいね! 0
サンモリッツはヨーロッパの強い選手が大勢合宿に来るので、そういう選手の姿勢とか練習を見れて、すごくいいし、やっぱり違いますね。一緒の場所で練習することもありますし

この名言いいね! 0
食べ方とかマナーとかもちゃんとすること。昔から監督はおっしゃっていたのですが、ありがたいなと思うことが多々あります。教えてもらって良かったということが

この名言いいね! 0
今日できることは明日やろう、うん

この名言いいね! 0
環境問題とかはどうしようもないと思うんで。だけど工場とかはストップすると聞いているので。みんな同じ状況ですので、もう気にしないです

この名言いいね! 0
入社当時の面接では、「陸上をウチの会社でやっていくうえでの、目標みたいのはありますか」という質問に対して、みんなは大体「日本代表選手になりたい」とか、「日の丸をつけてオリンピックで活躍したい」みたいに言っていたのですが、私はみんなと同じ言葉は嫌なので、インパクトある言葉を言いたいというのと、オリンピックで、日の丸をつけることだけを目標にしてしまうと、そこで終ってしまうから、「私は無限というか、やれるところまでやりたいので、足が壊れるまで走りたいです」みたいなことを言ったんです

この名言いいね! 0
でもいいですよ。中国で合宿したり、アメリカのボルダーで合宿したりしても。でも外国に行っても日本食が恋しくなるということはあまりないんです

この名言いいね! 0
その割りには小さく見えないと言われます。走ってるときには

この名言いいね! 0
ワコール時代は会社に行って、その会社の給料をいただいて、陸上競技をしていた。食事も栄養士さんが考えて作ってくれるような状態だったので、すごく恵まれていた

この名言いいね! 0
どんな状態で自分がマラソンというか、陸上競技を出来るのか分からないし、1、2年したらもう辞めてしまうかも分からないし

この名言いいね! 0
初めて知ったのは、バルセロナオリンピックでしょうか

この名言いいね! 0
色々出来なかったことも経験できたので、それは自分にとってはプラスになったと思います

この名言いいね! 0
やっぱり2連覇という期待をすごく大きくされているんですけど

この名言いいね! 0
日本だけにとどまらず、いろんな国の人に見てもらいたいと漠然と思ったので。以前メキシコで練習しているときに、柔道を教えている女の先生が私の走りを見て、『小さいのにあなたが走っていると、大きく見える』と言ってすごく興味を持たれてたんです。レースのとき応援に来てくれたらしくて、そのあとも手紙をくれたり、全然それっきりないんですが。私の走りでいろんなことを感じてくれるんだなって、そういうのがすごく嬉しくて

この名言いいね! 0
気持ちいいだろうな、鳥肌が立つぐらい気持ちいいんだろうなって思いながら見てて、だからそういう目立つことがたぶん好きだと思うんです。それが競技の場だったんです

この名言いいね! 0
いつも死ぬ気でやってますから

この名言いいね! 0
マラソンの前に世界ハーフマラソンで、メキシコやイギリスで走った時、沿道の外人の人に振り向かれました。『何、あの小さいの』みたいに。隣でラドクリフ選手が走っていたので、身長差というのがすごいので

この名言いいね! 0
確かにアテネオリンピックで金メダルを取って、本当に嬉しかったですけど、いつもの試合と同じような感覚だったんです。監督もそれは言っていたし、コーチも言ってたんですけど、私も同じような感じでした

この名言いいね! 0
返します。ちゃんと返信用の封筒が入れてくれてあるんです

この名言いいね! 0
監督は陸上競技だけじゃなくて、生活面でも一人の女性として、しっかりしなくちゃいけないというのをすごく持っていて、それがお父さんみたいなんですけど。挨拶はちゃんとしたほうがいいという教えは受けているので、挨拶はちゃんと出来る方だと思うのですが

この名言いいね! 0
練習は精神的にも肉体的にもきつい。ただ目標を達成できたときの充実感、達成感、喜びはすごい

この名言いいね! 0
どんなことでも継続して、努力していけば力になります。だから、金メダルはずっしりと重いんです

この名言いいね! 0
外国の人たちは知らない人でも挨拶して、フレンドリーに話しかけてくれるので、私もそうなれたらいいなと思います。自然におはようございますが言えるような

この名言いいね! 0
はい、いつもそばに

この名言いいね! 0
強さの秘密。負けず嫌いですかね。すぐには答えられませんけど、負けず嫌いだから、ここまで走っていられるかなと

この名言いいね! 0