【タカマツペア】髙橋礼華の名言格言22選

髙橋礼華(タカマツペア)(たかはし あやか)

職業: 誕生:1990年4月19日 出身:

松友美佐紀とペアを組み、日本勢で初めてBWF世界ランキングで1位(女子ダブルス)となった。リオデジャネイロ五輪では日本のバドミントン史上初となるオリンピックでの金メダルを獲得した。

Sponsored Link

髙橋礼華(タカマツペア)の名言格言

相手を揺さぶって疲れさせることができた

この名言いいね! 0
内に秘めた中で「どうしても負けたくない」という気持ちは、すごく強かった。

この名言いいね! 0
バトミントンに限らないところで「苦しくなったからって諦めなくたっていい、頑張れば何かが起こるかもしれない」ということが、伝わったのであれば、人として本当にうれしいなと思っているところはあります。アスリートの世界だけの話じゃなくて、どんな人のどんな場面にも言えることだと思う。

この名言いいね! 0
私は、変な自信というか、競っていて緊張感のあるときとか、負けそうになっているときに、逆に燃えてくるんです。「ここから逆転したら本当にすごい。絶対に勝ってやろう。どうすれば、勝てるかな」という気持ちになります。

この名言いいね! 0
日の丸が一番高いところに上がるのを見たいです。

この名言いいね! 0
個人の能力をしっかり上げることを目標にしています。自分の得意としているところではなく、足りないことを改善していこうと取り組んでいます。

この名言いいね! 0
私たちが勝っても負けても何か言われるのは分かっていた。でもロンドンでもそういうこと(無気力試合)が起こってしまっていたし、またバドミントンが無気力だと思われるのは嫌だった。相手にも失礼

この名言いいね! 0
バドミントンの最高峰はやっぱり五輪だと思います。なので、いつでも『挑戦してきていいよ』くらいの気持ちでいた方がいいということに気づきました。

この名言いいね! 0
思ったことは、すぐ行動に移すタイプなんです

この名言いいね! 0
ふだんからあまり緊張しないほうなので、社会人デビューという特別な意識はありませんでした

この名言いいね! 0
試合直前に、トイレの個室で「自分は強い、私ならできる」と心の中で言い聞かせています。

この名言いいね! 0
(平山優さんについて)すごく尊敬しています。ふだんでも、周りのことをよく見ているし、どうすればチームのためになるかをいつも考えていますから

この名言いいね! 0
平山先輩に話を聞き、練習に参加しても雰囲気のよさを感じました。短時間に集中するスタイルも合っているのでユニシスに決めました

この名言いいね! 0
自分たちがうまくなって、いつも1番でいたいという気持ちだけです。それが、バトミントンが広まるきっかけになってくれればいいな、と思います。

この名言いいね! 0
本当に2人で1つのペアだなと思っています。

この名言いいね! 0
団体の優勝はうれしかったんですが、自分が出られなかった悔しさもありました。チームに迷惑をかけていると思う半面、3年間苦労してきたのに、なぜ自分はベンチで試合を見ているのか、複雑な気持ちでした

この名言いいね! 0
もともとがシングルス・プレーヤーで、ダブルスが楽しくなったのは、松友と組んでからですね。速い展開だったり、相手の決め球をレシーブしたり、スマッシュで崩して松友が前で決めてくれたり

この名言いいね! 0
純粋に楽しいなと思ってプレイしています。

この名言いいね! 0
厳しい戦いが何回も続いた

この名言いいね! 0
オリンピック……意識するようになったのは、つい最近です。スエマエ(末綱聡子/前田美順)さんたちの試合をテレビで見て、鳥肌が立ちました

この名言いいね! 0
同期が一人といっても、全然気になりません。栗原(文音)さんとか、みんな仲よくしてくれますから

この名言いいね! 0
2回戦のアカマツさんたちは、やはりレシーブ力がすごいので、どこに打っても捕られる感じで。ただ、ガマンしているうちに相手がミスしてくれました。勝てて勢いがついたのか、準々決勝もよかったですね。同じ仙台のチームですから、何度か練習試合をしていて、やりにくい相手だったんです。ホントに勢いで勝ちとったった感じで、高校3年間をいいかたちで締めくくれました

この名言いいね! 0