柱谷哲二の名言格言集

柱谷哲二(はしらたに てつじ)

職業:元サッカー選手、 誕生:1964年7月15日 出身:

Jリーグ選手協会初代会長。現役時代のポジションはディフェンダー、守備的ミッドフィールダー。ヴェルディ川崎、日本代表等でセンターバック、守備的MFを務め長年活躍した。出場時の多くはキャプテンとしての出場であり、チームを激しく鼓舞するその姿から「闘将」と呼ばれ、V川崎の黄金期を支えた。

Sponsored Link

柱谷哲二の名言格言

日本サッカーは80年という歴史がある。しかし、それは文化としての歴史ではない

この名言いいね! 0
私はジャンケンで負けるのも嫌いです。当然、優勝。それが目標です。

この名言いいね! 0
日本が東アジアで一番弱かった。香港といい勝負で、韓国、中国、北朝鮮はワンランク上に感じました。「ワールドカップに行く」と公言することが失礼でしたから

この名言いいね! 0
何をやっても勝てなければ駄目な世界。パスサッカーとか攻撃サッカーという枠ではなく、勝つことでしか認められない。ヴェルディの伝統とはそういう意味と俺は思う

この名言いいね! 0
どれだけ試合をしても、勝たなければ本当にいい経験にならない

この名言いいね! 0
今、日本サッカーがやっていることが、次の20年につながる。改革を恐れていてはいけないと思います。

この名言いいね! 0
ドーハではギリギリのところで負けてしまったけど、そのおかげで協会も目の色が変わった

この名言いいね! 0
代表に行くのがイヤだった。勝てないし、苦しい練習が待っている。ボールにいっぱい触れて、勝った負けただったらいいんだけどね。常に相手がボールを持ってて追っかけなきゃいけないんだから。サッカーってこんなに楽しくないんだとすら思いましたもん

この名言いいね! 0