道元の名言格言80選

道元(どうげん)

鎌倉時代初期の禅僧。日本における曹洞宗の開祖。晩年には、希玄という異称も用いた。宗門では高祖承陽大師と尊称される。道元禅師とも呼ばれる。徒(いたずら)に見性を追い求めず、坐禅している姿そのものが仏であり、修行の中に悟りがあるという修証一等、只管打坐の禅を伝えた。『正法眼蔵』は、和辻哲郎など西洋哲学の研究家からも注目を集めた。

道元の名言格言

眼横鼻直なることを認得して人に瞞せられず

この名言いいね! 0
女人なにのとがかある 男子なにの徳かある 悪人は男子も悪人なるあり 善人は女人も善人なるあり

この名言いいね! 0
地を掘り天を覓(もと)む、日面月面(にちめんがちめん)

この名言いいね! 0
人と諍談するは 自他ともに無益なり

この名言いいね! 0
貧なるべし。なまじ財多くなれば、必ずその志(こころざし)失う

この名言いいね! 0
若し仏法に志しあらば、山川江海を渡りても学すべし。その志ざし無らん人に往き向ふて勧むるとも、聞き入れんこと不定なり

この名言いいね! 0
華は愛憎に散り 草は棄嫌に生うるのみなり

この名言いいね! 0
君(きみ)見ずや高高(こうこう)たる山上の雲、自ら巻き自らのぶ

この名言いいね! 0
薪灰となりぬるのち さらに薪とならざるがごとく 人の死ぬるのちさらに生とならず

この名言いいね! 0
ただ一事に付いて、用心故実(ようじんこじつ)をも習ひ、先達(せんだつ)の行履(あんり)をも尋ねて、一行を専(もっぱ)らはげみて、人師(にんし)先達の気色(けしき)すまじきなり

この名言いいね! 0
他は是れ吾にあらず 更にいずれの時をか待たん

この名言いいね! 0
仏性は、夜が明けてくると山鳥が夜明けを知らせて鳴き、春になれば早咲きの梅が春を知らせて芳(かんば)しくにおう、そのうちにある

この名言いいね! 0
放てば手にみてり

この名言いいね! 0
万法に証せられるとは、自己の心身をも他己の心身をも脱ぎ捨てることである

この名言いいね! 0
誤りを悔い 実得をかくして 外相をかざらず 好事をば 他人にゆずり 悪事をば 己にむかうる志気あるべきなり

この名言いいね! 0
他はこれ我にあらず

この名言いいね! 0
自己に閉じ込められ、自己にこだわっている間は、世界を真に見ることができない。自己が自由に自在に動くとき、世界もいきいきと生動する

この名言いいね! 0
天然の妙智は自(おのずか)ら真如、何(なん)ぞ儒書および仏書を仮らん、縄床に独坐して口壁に掛く、等閑(なおざり)の一実(いちじつ)千虚(せんきょ)に勝れり

この名言いいね! 0
成功する人は努力する。成功しない人は努力しない。その差だ

この名言いいね! 0
主人公【しゅじんこう】禅でいう主人公とは、本来の自己のこと。周囲の目を気にしてヘンにカッコつけたり、人を欺いたりせず、あるがままの自分でいる

この名言いいね! 0
仏道修行の功を以て代りに善果を得んと思ふことなかれ

この名言いいね! 0
人人(にんにん)尽(ことごと)く衝天(しょうてん)の志あり、如来の行処(ぎょうしょ)に向かって行くことなかれ

この名言いいね! 0
徳あるは讃むべし、徳なきは憐むべし。怨敵を降伏し、君子を和睦ならしむること愛語を根本とするなり。知るべし、愛語は愛心より起こり、愛心は慈心を種子とせり。愛語よく廻天の力あることを学すべきなり。ただ能を賞するのみにあらず

この名言いいね! 0
坐禅(座禅)は則ち 大安楽の法門なり

この名言いいね! 0
衆生の日用は雲水(うんすい)のごとし。雲水は自由なれども人は爾(しか)らず。もし爾(しか)ることを得ば、三界の輪廻、何(いずれ)の処よりか起らん

この名言いいね! 0
但(た)だ雪の消え去ることを得て、自然(じねん)に春到来す

この名言いいね! 0
永平(えいへい)称(なんじ)が脚底(きゃくてい)にあらん

この名言いいね! 0
其の知には及ぶ可くも、其の愚には及ぶ可からず

この名言いいね! 0
自己をならうとは、自己を忘れることである

この名言いいね! 0
朝(明日)に生じて夕に死し、昨日見し人今日無(亡)きこと、眼に遮り耳に近し。是()れは他の上にて見聞きする事なり、我が身にひきあてて道理を思ふ事を

この名言いいね! 0
冷暖自知【れいだんじち】水が冷たいか暖かいかは、自分でさわってみればすぐわかる

この名言いいね! 0
花開けば必ず真実を結ぶ 青葉秋に逢うて即ち紅なり

この名言いいね! 0
示に曰く、広学博覧はかなふべからざることなり。一向に思ひ切りて留るべし

この名言いいね! 0
古人いわく「霧の中を行けば覚えざるに衣しめる」 よき人に近けば覚えざるによき人となるなり

この名言いいね! 0
日々是好日【にちにちこれこうにち】どんな一日も、大切に過ごせばかけがえのない日になる

この名言いいね! 0
諸仏如来、ともに妙法を単伝して、阿耨菩提を証するに、最上無為の妙術あり。これただほとけ仏にさづけてよこしまなることなきは、すなわち自受用三昧、その標準なり。この三昧に遊化するに、端坐参禅を正門とせり。この法は、人人の分上にゆたかにそなわれりといへども、いまだ修せざるにはあらわれず、証せざるにはうることなし。はなてばてにみてり、一多のきわならんや、かたればくちにみつ、縦横きわまりなし

この名言いいね! 0
志の浅からぬをさきとすれば かたえにこゆる 志気あらわれけり

この名言いいね! 0
たとい7歳の女流なりとも すなわち四衆の導師なり 衆生の慈父なり

この名言いいね! 0
得道のことは心をもって得るか 身をもって得るか

この名言いいね! 0
行雲流水【こううんりゅうすい】行く雲のように、流れる水のように自由に場所を変え、とらわれることなく生きてゆきましょう

この名言いいね! 0
文字を学ぶ者は、文字の故を知らんとなす

この名言いいね! 0
生を明らめ死をあき明らむるは仏家一大事の因縁なり

この名言いいね! 0
かならず従来の幣衣を脱落して 仏祖正伝の袈裟を受持するなり

この名言いいね! 0
只管打坐(しかんたざ)

この名言いいね! 0
春は花夏ほととぎす秋は月 冬雪さえて冷しかりけり

この名言いいね! 0
夫(そ)れ出家人は、但(た)だ時及節(ときとせつ)に随わば便(すなわ)ち得(よろ)し。寒(かん)なれば即(すなわ)ち寒く、熱(ねつ)なれば即ち熱し。仏性の義を知らんと欲(おも)わば、当(まさ)に時節因縁を観ずべし。但だ分を守り時に随うべし

この名言いいね! 0
生死事大、無常迅速、光陰惜しむべし、時人を待たず

この名言いいね! 0
学人第一の用心は 先ず我見を離るべし

この名言いいね! 0
泥(どろ)多くして仏(ほとけ)大なり

この名言いいね! 0
愛語は愛心よりおこる 愛心は慈(悲)心を種子とせり 愛語はよく廻天のちからあることを学すべきなり

この名言いいね! 0